萩さんの話ネタ2

特に何の特徴もない思い付きの話を徒然と・・・
暇な時にでも寄ってやってください。

「ヤマボウシ」の実

2016-09-18 16:57:14 | 日記
「ヤマボウシ」。9月に甘い実をつけるとか。
知られざる秋のフルーツ「ヤマボウシ」について、その味や食べ方に関する記事をご紹介します。
 
記事(2016年9月18日 tenki.jp)によると
 
『「ヤマボウシ」について、もう少し詳しくお伝えしましょう。日本原産、ミズキ科ミズキ属の植物で、春~夏にかけてハナミズキのような手裏剣状の白い花を咲かせます。花びらが頭巾(ずきん)を被った法師のようだということで「ヤマボウシ」という名がついたそうですが、正確にはこれは花びらではなく、総苞(そうほう)と呼ばれる部分。本当の花びらは中心にある緑色の部分なんです。
 
 9月になると、その緑色の部分が黄味がかった赤色となり、3㎝程度まで膨らみます。外皮は硬く、特徴的なイボイボがついており、完熟すると地面に落下します。糖度15を超えるものもあるヤマボウシの実は、甘いものに目がない熊の大好物。
 
 ◆「ヤマボウシ」の食べ方
 完熟後に地面に落下した実は、その衝撃で外皮が剝(む)け、黄色いトロリとした可食部が出てしまうこともあります。落ちた実を拾う際は、外皮が剝けていないものを選びましょう。ヤマボウシの実を生食する場合は、よく洗って外皮を剥き、やわらかい中身をスプーンですくって食べます。中には種が1~4個入っており、口に入れるとジャリジャリするので、種は食べないようにしましょう。また、洗った実を冷凍し、シャーベット状になった実を食べるのもおすすめです!
 
 気になるお味ですが、マンゴーやバナナといった南国系フルーツに似た強い甘味があります。香りもよく酸味はあまりありませんので、小さいお子さんでも美味しく食べられます。
 
 ◆「ヤマボウシジャム」の作り方
 乾燥させてドライフルーツする食べ方をはじめ、潰したものを炭酸水に入れて、少量のレモンを絞り入れる「ヤマボウシスカッシュ」といったアレンジ方法もありますが、いちばんのおススメは「ジャム」です。ヤマボウシの難点である種をキレイに取り除けば、保存がきくうえ簡単に作れるので、気になる人はぜひトライしてみてください! 作りおきしておくと、パンにつけたり、ヨーグルトと混ぜたり、パンケーキのトッピングにしたりと、さまさざまな用途を楽しめますよ。
 
 【用意するもの】
 ●ヤマボウシの実……600g  ●グラニュー糖……200g  ●レモン汁……大さじ1
 ①ヤマボウシの実を水で丁寧に洗いながら、皮のイボイボの部分を取り除く
 ②鍋に洗ったヤマボウシの実と砂糖を入れ、混ぜながら軽く実を潰したら、熱する前にそのまま1時間ほど置く
 ③鍋を弱~中火にかけ、木ベラで実を潰しながらゆっくりかき混ぜる
 ④沸騰後2~3分したら火を止めて、ザルでこす
 ⑤皮と種を取り除いた状態のものを再び鍋に移し、中火にかけ、焦げつかないよう木ベラでゆっくりかき混ぜる
 ⑥とろみがついたらレモン汁を加え、ひと煮立ちさせたら火から下ろす
 ⑦あらかじめ煮沸消毒し、乾かしておいた瓶に⑥を注ぎ、蓋をして冷蔵庫へ
 
 ヤマボウシの実には、アントシアニンやビタミン、カロチンなどが含まれているため、目の疲れの緩和、滋養強壮、疲労回復、整腸作用などの、効能があると言われています。実を乾燥させたドライフルーツにすると、成分が凝縮されてさらに効果が高まるそうです。』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜日・・・雑記 | トップ | 月曜日・・・雑記 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kirakira...☆)
2016-09-18 17:26:11
こんにちは(^^♪

ヤマボウシ?
見たことがないので食べたこともありませんが
ジャムとか美味しそうですね(*^-^*)
スーパーとかで普通に売ってたらいいのにね♪

今日も台風の影響で雨の1日です。
のんびり(;^ω^)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。