田布施座

演劇でつながる、役者で伝える。

次回作品準備

2017-03-06 16:21:41 | 日記
そろそろ本気で取り組まないと!

光陰矢よりも速しなんだけれど!

探す時間がなかなかとれません。

1年に2作品は無理でも1回はやらなければと考えています。

また一人出演になります。

朗読になるのかな~・・難しいんですよね。

2回工夫してやってみました、それなりに結果は出ましたが、

いまひとつなんですね・・・。

リーディングで聴く人の魂を揺さぶるには、

噺し手になにが求められるのか・・・わかっているような分からないような。

声は良いと言われることがあります(^_^;)

この声に適応する作品に出会うこと、なんとなく分かります。

なんかの記事で読みました。だれだっけな!80くらいのおばあちゃん。

なんか乾いた発声でこころにスウーッと入ってくる、だったかな?

落語を2回老人サロンでやったことがあります。

朗読スタイルで、ダメでした。読むのに気を取られて。

ああ落語って客席との会話なんだろうなって思いました。

だから覚えておかないと落語はできない。

今更ながら朗読って手強いし、

市原悦子さんや常田富士夫さんはいいなって思いますし。

県内の瀬川嘉さんも上手いなって。

「基本の滑舌は重要で、一語一語がハッキリ聞き取れなくてはならないし、

ナレーション部分で作品世界を一貫して表現し、

登場人物の台詞部分はその人物を正しく表現する。」

頑張って早く皆さんの前で発表できるようにします。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 周南市民劇場 | トップ | 推理小説朗読でやります »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL