デボーションノート
聖書日課に従って、日々聖書を読んで思わされたことを書き留めています。




マタイ 12:43 「汚れた霊は、人から出て行くと、砂漠をうろつき、休む場所を探すが、見つからない。
12:44 それで、『出て来たわが家に戻ろう』と言う。戻ってみると、空き家になっており、掃除をして、整えられていた。
12:45 そこで、出かけて行き、自分よりも悪いほかの七つの霊を一緒に連れて来て、中に入り込んで、住み着く。そうなると、その人の後の状態は前よりも悪くなる。この悪い時代の者たちもそのようになろう。」

悪霊の性質について少し触れている希少な箇所であろう。
悪霊は、人から出ていくと、休む場所を探すが、見つからず、元のところに戻ろうとする。
その際「出てきた我が家に戻ろう」と考えている。
「我が家」とは、自分の住む場所であり、自分の所有する建物でもあろう。
そして、一旦出ていった悪霊は、自分より悪いほかの七つの霊を連れて帰ってきて、そこに住み着くようになるという。
なんとも恐ろしい話である。
悪霊を追い出したと言って、一時的に喜んでいても、それが誰の力によってなされたものか、完全なる勝利者によるものでなければ、さらにひどくなる恐れがあるということであろう。
完全なる勝利者とは、イエス様のことである。

ヘブル 9:1 さて、最初の契約にも、礼拝の規定と地上の聖所とがありました。
9:2 すなわち、第一の幕屋が設けられ、その中には燭台、机、そして供え物のパンが置かれていました。この幕屋が聖所と呼ばれるものです。
9:3 また、第二の垂れ幕の後ろには、至聖所と呼ばれる幕屋がありました。
9:4 そこには金の香壇と、すっかり金で覆われた契約の箱とがあって、この中には、マンナの入っている金の壺、芽を出したアロンの杖、契約の石板があり、
9:5 また、箱の上では、栄光の姿のケルビムが償いの座を覆っていました。こういうことについては、今はいちいち語ることはできません。
9:6 以上のものがこのように設けられると、祭司たちは礼拝を行うために、いつも第一の幕屋に入ります。
9:7 しかし、第二の幕屋には年に一度、大祭司だけが入りますが、自分自身のためと民の過失のために献げる血を、必ず携えて行きます。
9:8 このことによって聖霊は、第一の幕屋がなお存続しているかぎり、聖所への道はまだ開かれていないことを示しておられます。
9:9 この幕屋とは、今という時の比喩です。すなわち、供え物といけにえが献げられても、礼拝をする者の良心を完全にすることができないのです。
9:10 これらは、ただ食べ物や飲み物や種々の洗い清めに関するもので、改革の時まで課せられている肉の規定にすぎません。
9:11 けれども、キリストは、既に実現している恵みの大祭司としておいでになったのですから、人間の手で造られたのではない、すなわち、この世のものではない、更に大きく、更に完全な幕屋を通り、
9:12 雄山羊と若い雄牛の血によらないで、御自身の血によって、ただ一度聖所に入って永遠の贖いを成し遂げられたのです。
9:13 なぜなら、もし、雄山羊と雄牛の血、また雌牛の灰が、汚れた者たちに振りかけられて、彼らを聖なる者とし、その身を清めるならば、
9:14 まして、永遠の"霊"によって、御自身をきずのないものとして神に献げられたキリストの血は、わたしたちの良心を死んだ業から清めて、生ける神を礼拝するようにさせないでしょうか。
9:15 こういうわけで、キリストは新しい契約の仲介者なのです。それは、最初の契約の下で犯された罪の贖いとして、キリストが死んでくださったので、召された者たちが、既に約束されている永遠の財産を受け継ぐためにほかなりません。

人間の業によるとりなしや捧げものといった行為では、完全な贖いとはならないため、何度も行わなければならないし、何度も行わなければならないことで、その行為の不完全さを物語ってしまう。
しかし、キリストによる贖いは、完全であり、永遠である。
だからこそ得ることのできる完全であり、永遠である平安と喜びを得ることができるのである。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« マタイ12章38... マタイ12章46... »