じぃじの骨頭壊死

年金生活のじぃじが一念発起!!
平成元年に発症した右大腿骨骨頭壊死症で手術せず頑張っているブログです。

骨頭壊死定期健診日

2014年07月09日 19時46分30秒 | 大腿骨骨頭壊死症
平成26年7月4日(金) 説明会の後、診察を受ける。 5,586歩
説明会が終わって即整形外科受付!診察室前で待つ。
予約時間は14:30  診察が始まったのが 14:25
待つ事30分 15時に名前を呼ばれる。

レントゲンは今迄と変化がなく、主治医とは手術について話をする。
今迄も述べて来た通り、「股関節は痛くない」「多少の不自由はあっても困ってはいない」
手術をしようという気持ちは「50%」で、この病院で長く主治医だった先生が移った市民病院になると思うことを話す。
主治医は「強くは勧めないが市民病院に決めたら、一報下さい。あちらの先生から引き継いで、よく知っているので気分を害することはありません。」
次回予約は 9月5日(金)

平成26年7月9日(水) 市民病院予約 6,790歩
予約の30分前に到着。
レントゲン撮影後整形外科受付、診察室前で待つ。
3人目で呼ばれた。


手術する側から見ると、通常の方法、正面(前)からの手術には隙間がないので困難。
後ろから切開になる。手術時間はその分長くなる。多少難しいが困難ではない。

股関節はこの形で固まって役割を果たしている。
痛くて生活に支障をきたしたり、やりたい事が出来ず、ストレスが溜まって・・とかの理由があれば手術も選択肢の一つではあるが、医師としては「強く勧めるものではない。」

こんな話で、手術は一旦保留する事にして、半年後の健診を予約をする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 骨頭壊死定期健診日:手術決... | トップ | コメント御礼 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
旅爺様の良いようにしたら (たご)
2014-07-13 21:41:29
わたしも手術のこと、しょっちゅう考えるタイミングがあります。

今のとこ、歩けてるので手術する予定はありません。

でも、そうした方が良いと判断する時が来たら、他の人のことは考えないで手術に踏み切ると思います。
自分の身体ですからね。
手術を選択するのに、誰にもはばかる必要は無いですよ。

旅爺様も、誰にも遠慮すること無く、ご自身のことを考えてくださいませ。

人工にしたら、禁止動作とかあるとは思いますが、一方で登山やサッカーしたり、マラソンに挑戦したり、スポーツでなくても活動的な生活してる人はたくさんいます。
病院での説明は、不特定多数が対象なので、病院が負うリスクを小さくするために、どこでもそのように説明してるんだと思います。

人工にすることのメリット
わたしも、自分の場合はあんまり無いと感じています。
30代40代ならお仕事もあるので、経済的に職場復帰を考えなければならないと思います。
わたしの仕事では、人工にしたらそれが無理だったのでしなかったですが。

メリットねぇ
経済的なこと、気持ち的なこと、スタスタ歩けるようになったらしたいことがあるとか、
目標があると考え易いです。

どんな選択をしようと自分の身体です。
他人にとやかく言われることでは無いと思います。
Unknown (トニー)
2014-07-13 22:20:51
あとは毎日の痛みの程度もありまよね

正直、医者も手術の選択が難しいので曖昧な回答
があるのかもしません。

回転骨切りは、無理にしても人工骨頭や人工関節
なら、良い方向に向かうように思います。

できれば痛みのない生活を過ごせれば最高ですね

コメントを投稿

大腿骨骨頭壊死症」カテゴリの最新記事