魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

南米;ボリビア、ウルグアイ、パラグアイの旅  (4)

2017-02-28 01:25:25 | Weblog
対岸が【アルゼンチンの国】なのに、

 国境は飛行機で ラプラタ河を渡り、入国します。


此処でも、トランクの重量制限が五月蠅く、

   ギリギリの 19,8kgでした。









今迄なら 気付かなかっただろうに、

 「別府;ソニー太陽商事(株)」に行かせて頂いて所為だろう、

 可愛らしい女の子の耳に 掛けられてるヘッドマイク。

    嬉しくなって・・・


  『JAPAN ❣  ソニー ❣ 』


    持参してた日本のお土産 ソッと 手渡しして・・・


 〔首都;ブエノスアイレス〕 人口;1400万人

何回来たのだろう~~~

   懐かしい~~~


     市内観光・・・ 面白くナイね。  き・ら・い

















此の矢印  ‹―――›

  聞きそびれてしまったんだけど・・・

片側だけで、8車線も有る公道で、どの様に通行するのだろう~~?






毎週 日曜のみの市が~~~





ヨレヨレの赤いポスト。
 


今、健康ブームで、 国が挙げて国民の健康増進の為、

  公園には、スポーツジムにあるような マシーン。

    自転車も、無料で貸し出し、

      彼方こちらで、 ジョギングする人の姿が~~~


ね ❢ 私が嫌いだって言う意味 判るでしょ ❢


〔ボカ地区〕

  
  たったの30分、トイレ休憩の為に立ち寄っただけで・・・

 
 カミニートの土産物店で


    見付けた! 

         派手な皮の柄の ブーツ。


  買おうと交渉して @30000円。  OK❣

    ところが・・・どうしたのだろう・・・・


   カードが 作用せず・・・


そう~~ 今度の旅、 現金は@20000円分の弗のみ。

  使わない ! って 決めてたから。

    必要なものは 全て カード支払いに。


 仕方が ナイ !!    諦めた。




 レストランのオーナーが、店の前でアルゼンチンタンゴ踊ってた。



午後は、飛行機で 〔ポサダス〕に行くので、 お弁当。

  嬉しかったねぇ~~~

     幕の内弁当だった。


空港で,1本 @1000円もするビール買って、ランチ。


 機内では 寝る―――  それが専さん。


    もう~~市内観光なら どうでもイイ !!






今夜の宿到着後、

  皆で スーパーマーケットに繰り出して、

    私は、皮のベルト 1本
  
       ストッキング 2足

        ビール 4本   合計約 @1100円


お部屋でのんびりしたかったけど、

  行かないと~~~ と、夕食 顔出したら、


 ソーメン 茹でて下さってて・・・ 嬉しかったぁ~~~






 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南米;ボリビア、ウルグアイ、パラグアイの旅  (3)

2017-02-27 01:58:52 | Weblog
  2017年2月10日 (金)

モンテビデオの気温 ;26℃


雨が降りだしそうな曇り空。

 けど、専さんが来てるのに 傘はイ・ラ・ナ・イ のだ。


ポルトガル、 スペイン植民地時代の面影を残す

  <コロニア・デル・サクラメント》


専用バスで巡る。





 【ウルグアイ】


世界で最も貧しい 大統領――― として 知れ渡った、ムヒカ大統領。

   

   何処まで行っても 牧草地帯が 永遠と続く。


国土の90㌫以上が牧場で、

  それ以上の 外貨を稼ぐための工作はしてない・・・らしい。

     だから、借金も無く 保障制度も安定してる。





街中を走る線路―――――

  今は 廃虚になってる 駅舎も~~~





一応 料金所があって、

   〔コロニア州〕に入る。


世界遺産に登録されてる

  〔コロニア・デル・サクラメント〕

 
 スペイン人が 見向きもしなかった土地に、 

    ポルトガル人が 1680年に街を作ったので
  
         慌てて 要塞を造ったスペイン人。





古き良きものを 大切にする人間性は、

  人の作った車さえ 年代物が あちらこちらに置かれてる。




ポルトガル紋章の残る 城門を潜り、 城壁内へ。

  三方を河に囲まれた、半島のような地形を利用してる。




鎖で吊り上げる橋の上に、気持ちよさそうに寝てる ワンコ達。






乱雑な 組み方の 石畳。





中央に 水が流れるように 設計されてる。  ≪ため息通り≫

 当時は、
    デイトスポット ?  だったそうで~~~


   ン ?  何の溜息・・・

    好きなら、溜息なんか出る訳ナイのに ・・・・・









瓦は、奴隷の太ももを型として作った物。





  石組の壁に、カラフルな色は ポルトガル時代の物。


    平らな屋根レンガ積みは、スペイン時代。




  BARも こんな狭い入口を入る。



1857年からの灯台。












 1693年~~ サンフランシスコ修道院跡



マヨ―ル広場、ランチタイムなので 木陰で憩う人達。







私達も ランチ。

 牛肉ステーキ&マッシュルームソース  

   私は、 海魚;コルビナのムニエル。



 どれも とても美味しかった!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結婚の契

2017-02-26 03:59:00 | Weblog
===結婚===

 誰しもが憧れ 夢みて 結ばれて、一緒に人生を歩んで往く。

その過程で、
  
 抱いていた夢とは 掛け離れた事を感じると、
     
 いつしか心も離れて・・・
        
 別々の道を歩みだす・・・



【聖書=真理】

≪創世記2章18節~~24節≫
   
2人 一体となって・・・



≪箴言5章15節~~19節≫
  
 若い日の妻 愛しき女鹿の如く 美しき鹿の如し
    
其の乳房をもて 常に足れりとし
     
 その愛をもて 常に喜べ

    
おのれの水溜より 水を飲み
      
おのれの泉より流るる水を飲め
      
 汝の河の水を 街に流れしむべけんや



  その他にも 沢山記されていますが、


結婚の契が切れるのは、

===死===

先日 魚河岸に買い物に行った時、

   懐かしいお客様に 出逢いました。

 長男;丈二の前の嫁さん;裕子さんが、
 
『専務う~~ ○○さん 今 ルンルンなのョ』

長い間一緒に 寿司屋を開業してきた 奥様を失くし、
  
 独りぼっちだった處に,⦅愛する人⦆の存在が・・・

  『そうだったんですかぁ~~~イイじゃアないですか !
   
 私も 今・・・』

  『生きてる人が大事だから~~~』


そうです!!
 
 死んだ人に操を立ててたら、
   
 何の為に これから生きて往くのか ❢


【死】に依って、終わった【結婚】の契約。
  
 残された人生――――
      
生きてる人の為に 使うべき。

と言っても、
 
 誰しもが そんな明るく、楽しく、幸せな人生を 歩けるとは限らない。
    

何も起こらず・・・
     
 たった独りの人生を 歩んで往くのかも知れない・・・


出逢いの多い方が その機会も多い。
 
  家の中に燻っていたのでは、その機会も無いだろう~~

    やはり・・・
       
独りより ふたりの方が楽しい♡





今日から やっさんと〔伊豆〕へ。
 
 仕事で上京してきたので、ついでに 未だ行ってナイ場所に~~と。

 車が無いので レンタカーで。
  
 〔伊豆〕は 私のお膝下。  案内任せておいて !!!

28日に「博多」に帰りますから、それ迄 巡ってきます。

   ❝ 老いらくの恋 ❞
       
・・・・かなぁ・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南米;ボリビア、ウルグアイ、パラグアイの旅  (2)

2017-02-25 00:59:52 | Weblog
ランチ終えた 午後、 旧市街散策。

 憲法広場

  マトリス大聖堂

    歩行者天国のサンデー通り

      城門跡






  







  ニューヨークの街みたい~~ 


     

 1928年サラエボ宮殿

    現在は、1500人が住むマンションに~~


海外の旅で、 一番ツマラナイ 観光――――

  早くホテルに帰って、お風呂に入りたい・・・・



夕食後、(カーニバルパレード)へ。





2日間、パレード数;36チームが優勝目指して参戦。

  【リオのカーニバル 小型版】


大きな旗手 と 踊り子




























シニアの踊子と、アフリカがルーツの、ドラム音楽隊で 構成され、

  張りぼての動物 & 人形も 山車に乗って登場。







やはり・・・スケールは・・・

 カーニバルは、 【 リオ 】


 いつまでも観て居たい~~って 気持ちが湧いてこない。


踊子は 何て言ったって ❢  真っ黒な肌の子が・・・ 最高 ❣ ❣


  艶々と 黒光りし、

     ふくよかな胸、

          括れた腰

       押したら跳ね返りそうな お尻 


 イイナぁ~~~


   私だって あんな身体になって みたかったヨォ~~~ 



     グシュン・・・ 





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南米;ボリビア、ウルグアイ、パラグアイの旅  (1)

2017-02-24 02:23:06 | Weblog
 2017年2月8日(水)
  
 念願の{南米;ボリビア、ウルグアイ、パラグアイの旅}
   
     5年ぶりに実現する。

けど、それほど 胸の鼓動が 高鳴っていないのは 何故 ?
 
  坦々とした気分で 「成田空港」へと向かう。

{ニューカレドニア}に行く時も来たのに、
   
    なんでか 久し振りに来た って、感じがする。

 
「成田空港」の中、お店も随分変わった。
   
  回転ずしのお店も出来てたし、
      
    今回は お弁当作って来たから、入店しなかった。


「成田空港」
  アメリカン航空;ダラス行―――
  
 若い2世代―――
    
   大学生 、 OB,  小・中学生の綺麗な女の子達が、
      
      皆 お揃いのファッションで 搭乗。
     
     『ダンサーでしょ ❢❓』
     
     『ハイ。』
   
    チアリーディング大会出場の、
        可愛くって💖 素敵な女の子達、

   スタイルも、

     衣装も、

       きっと、ダンスも 自信があるのでしょう~~


    イイ 笑顔でした。


 メモした物が紛失したので、正確な事が書けず、
   
   時差も2回修正したりして、
      
   トドの詰まりは、日本時間と同じだったんだけど・・・










「ダラス」




    乗り継ぎ、滑り込みセーフで、


「マイアミ」に。


   
  更に深夜の「マイアミ」から、「ウルグアイ;モンテビデオ」に。











出発前日の事、
 
 ≪豊後水道の波の上で出遭った 浮いた中の紳士≫から、
  
  『ウルグアイに行って、モンテビデオに行ったなら、
    
     夜 是非! BARに行って、音楽聴いて来なさいね !』

 勿論! 行きたかったけど・・・
  
   「ウルグアイ」と言ったって、たったの一日、
   
   そう~~
      ツアーって そんなもんよ。

 「日本」へ観光に来たって、

 巡るのは、
  
    東京;皇居、 京都、 上手くして 北海道;札幌 itc・・・
      
        それと同様サ。















【モンテビデオ】
  
   気温;26℃  カラッとした空気の夏。



   
    広さ;日本の半分。
   
      人口;340万人   其の約半数;140万人が此の街に住む。



 小型の🚌に乗り換え車窓から









  
   高級住宅地区を抜け、
     
      62㌫が 中級、    10㌫が 貧困層。


世界中 何処だって、
   
     富裕層と 貧困層の格差は 無くならないね。

 
  政治家が どんなに努力したって、出来ないものは出来ないのだ❢ 



走る左手には (ラプラタ河)が流れてる。


 
 源流は アマゾンの イグアスの滝を流れ、
      
     河口手前の400kmが、 (ラプラタ河)

  川幅は 上流の45km~~240km。
   
     深さは 12m~~15m程度。



「アマルダ広場」で






    
  真っ黒く大きなワンちゃん。

    私とかくれんぼ。 追いかけると逃げて、隠れると探しに来る。


 イイねぇ~~!! 

   ワンコの世界は、何処に行ったって 変わらない。

     嫌いなものは 嫌い!! 好きなものは好き !!


         ハッキリしてるもんね。






 河沿いの「テンブラス通り」120kmに、10の砂浜が有り、
   
    泳ぐ地元の人で イッパイ。



  ン❓ 
   
    きっと、此の水の色見たら・・・日本人は・・・




「ビーチ;MONTEVIDEO」の立体看板









「センテナリオ・スタジアム」 








   
   1930年 第1回サッカーワールドカップが開催され,
        
      【ウルグアイ】が優勝。


「牧畜国;ウルグアイ」の伝統==ガウチョ(牧童)と牛舎の像。


「国会議事堂」


   
   1925年完成==地元の花崗岩と大理石の建物。 
     
     上院31名、 下院99名、 任期5年。






「河港沿いの市場」
   
  🐡は捕れるが、食べないらしく、
  
    ワインや キャラメルクリームを売る 土産物屋と、
   
   名物の 
    
      炭焼きバーベキューのレストラン(パリ―ジャ)が
          
         ひしめく焼肉スポット。

ランチは此処で―――




 見つけたぁ~~❣ ❣ ❣  
      
      イベリコ🐷 ❢ ❢ ❢  





 
名物;チョリソーと 焼きチーズ。 






 それに
     
   皆さんは、 ドでかい牛肉のステーキ。




  私は 🐡にしたけど、


    
   18ドル払ってでも イベリコ🐷食べたかったから注文。
 
 

 南米到着後 初のビール ❢  


    
    イベリコ🐷つまみに 2本 ❢ 

アルコール飲まない輩も 居たけど、
  
  飲めば 口も 心も軽くなって、
     

    会話が弾み、 テーブルも賑やかになってきた。


また 此処での会話が、

   今後の課題として 語り合う事に成るほど 盛りあがって ―――――

  
     


  


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南米の旅  余録 2

2017-02-23 00:38:39 | Weblog


「ウユニ塩湖」では、日産 & トヨタの四駆。
  
    ドライバーの他 3人乗り。

7名に 添乗員、 現地ガイド。
   
    丁度9名、 依って 3台。

添乗員の指示に従って  1・2・3・号車に 分乗。




 私の乗った車のドライバー。 格好イイでしょ ❣




砂埃が酷いので 懐から毛糸のマフラー & 帽子で
  
   《 イスラム教国=イスラム過激派 》
 
  こんな ゼスチャーで 笑わす。   

走り出したら間もなく、
 
 後ろの車から 男性が下車し、1号車に走って行った¿ ¿ ¿

   何があったのかは ? ?


有ったんですって ❕ ❕
 


 四駆は助手席が 特等席・・・らしい。

     私は3日間、ズッと 助手席でしたけどネ。


エッツ ?
  
  どうしてかって ?


初め

 後ろ席に座ろうと 乗ったら、
   
  『大貫さんは 助手席にどうぞ !』 って勧められたから。
   
  『皆さん 写真撮られるでしょうから・・・』と言ったんですが、
   
  『大丈夫ですから。』

 と、私たちの車では 問題起きませんでしたが、
    
    他の車内では 起こったようです。

∻   ∻   ∻
 
男性3人乗る時、
 
 一番先に走って来て、助手席に坐したのが、弁護士先生。
       
     ・・・・ だった・・そうな。

 
 後ろの座席に坐した男性=会社社長達。

  『法に携わる方だから、席の交代 ご存知でしょう~~』
 
  『どういう意味ですか ?』
 
  『添乗員が始めに言ってたように、交代するって事ですよ。』

と・・・
 

 四駆走り始めてるのに、
   

   突然 ドア開けて、前の車に走って行った・・・と言う訳。

周囲の人達には 気付かれ無かったけど、
 
  その後、この二人の間には・・・
       
     悶々とした空気が漂ってた・・・そうな・・・

   
 気付かないのは、私だけだった・・みたい。


  《男》の世界にも 
   
    《女》のような 了見の狭い人が居るんだね。

まあ~~
  
  私は、 どっちともイイとは 思わないけどね。

なまじ
  
  現役の世界で築いてきた【地位】【プライド】が有るから、
    
    抑えられるのは 腹が立つのだろう~~~



私はいつも、 何処でも 同じ―――
  
  誰に出遭っても 必ず挨拶交わすし、
   

   自分から喧嘩、 気分損なうことは 決してしない―――


その代り、

  その代りだヨ ! 
  
     遣られたなら、必ず❢  絶対❢  
       
          コテンパンに遣っ付ける ❢ 


  
  === 宮本武蔵の流儀と同じ ===
  
      決して ❢ 負けない ❢


 然し、云うだけ言ったなら、
 
    スッキリして、

       必ず ❢ 握手して別れる。

 
    と、言っても・・・・その人に依るけどね。


と、まあ、 こんな事が有った事聞いたので、載せました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南米の旅   余録

2017-02-22 01:26:48 | Weblog
今回の「南米;ボリビア、 ウルグアイ、パラグアイの旅」
  
   参加者;男性6名,女性私1人。

      ビジネスでの参加者が 3名。
   
 私は聞いてないけど、
  
  弁護士だとか、此の世での 格式の有る方々だったようです。

〔紀行文〕の前に こんな話題が出た事を。

 ◎ 幼稚園誘致・建設
   
     子供たちの声が五月蠅いから~~と、反対する。

 ◎ 除夜の鐘が五月蠅いから~~

 ◎ 盆踊りの音楽が五月蠅いから~~とヘッドホンで聴きながら踊る。
   
     見てる方も・・なんか・・・変な感じ

 ◎ マンションの住民であり乍ら~~
   
     優しく声掛ける人とは、交流しないように。
    
 ◎ 通勤電車の中 隣の席空いてるが、
   
    座してる女の鞄が 仕切りになってて座れないから、
     
       退かすように言ったら、
   
  『身体触れられるのがイヤだから、仕切りなんです。』 だって! 

 ◎ 住宅街の中に 3階建てのアパート建設反対。
   
     どんな人達が住むようになるか 判らないから。

 ◎ 庭の草 ボウぼう
   
   『奥様は ? 』 
   
  『一人暮らしです。』 
   
   『エッツ ❢❓』
 
     娘と二人暮らししながら、庭の手入れもせず過ごす女。

      
これら みんな、参加者の男性から出た話題です。

 笑っちゃうでしょ ❢ 

  いつから こんな風になってしまったのだろうか~~❔ と。
 

黙って聴いてた私===
 
   早速 あの ❝ べらんめえ口調 ❞ で、
 
 『ザけんじゃあ ナイヨ ! 
   
    手前らだって 餓鬼の時代があっただろうがぁ~~! 』

 
 『除夜の鐘? お前が産まれる前から 日本の風習で鳴ってるんだよ。

    毎日 鳴らしてる訳でも無し~~~

 『毎日連日でやってる訳でも無し~~~

 『・・・・・・

 『・・・・

 『・・

   段々腹が立つより、呆れ返って 言葉も見つからない・・・


そう言えば、
  
 ワンコ;風ちゃん飼ってる時、公園散歩に行った時の事、
   
  『ワンコ怖~~イ ❕ 』 何もしてないのに
   
  『あら!? どうしたの !?』 ネコナデ声の若いママ

 言ってやったよ ❢
   
  『なんも してねえヨ !
    
     人間に 一番近い動物を怖がるんじゃぁ~
       
         <動物園>になんか 行けねえゼ ❢ 』


混雑してる田園都市線=半蔵門線の中、
   
 その男性(会社社長) その女性に
  
  『鞄退かすように 言って、
        
     だったら「貴女が立ちなさい!」』言ったそうだ。


高級住宅街には、販売した時の規約があるのだが、
 
   住民が他に転売してゆくことで、段々 規約も薄れてゆく・・・


雑草繁らせておけば 益々種が落ちて、増えてゆく。
  
 短い内に抜く事で その後もいつも綺麗に保たれるのに・・
  
    『昼間 何にもしてないのに~~~』

 これは 本当だョ !
  
   それが嫌なら、雑草の生えない マンションとかに住めばイイ !



イヤダよねぇ~~~
 

 そんな時代になってしまったのかぁ~~~


そうだぁ~~ 30代の頃、こんな出来事があったっけ―――

 魚河岸だから朝早く、3時にはもう 家の中での 作動始める。
    
  裏のマンション ( N/H/K )だった頃、
   

 『お宅は朝早くから 掃除機の音や、声が聞こえて来るんですが、
     
    主人が帰って来たばかりで これから寝ますので、
        
       静かにしてもらえませんか !?』


夏の夕食時、まだ陽も高く明るい時間だった。
 
    電話で 女が言って来たのだ。

 『ン !? 何だって !? 待ってろ ❢ 今行くから ❢ 』

子供達も聴いてて、
   
 『専務が出てったら、大変な事になるゾ! 面白い !』


鉢巻絞めて、草履つっかけて~~~
  
 マンションに到着したら、
   

 『御免なさい・・・ごめんなさい・・・』

 『ふざけんじゃぁ無いゼよ ❢ 
    
   お前に米粒一つ貰ってもないし、人の家の事言われる筋 ナイ❢
    

  だったら、
     
    お前が 私の家買えばイイ ❣
       
       6億円だけど 買えるんだナ ❢
             ( ※ 当時それだけしてました。)

   お前は此処 借りてんだろうが ❢ 
      
      買えないんだったら、
          
        お前が 出て往けば イイ ❣ 』

 それだけ ❝ べらんめえ口調 ❞ で言って 帰って来た。

   此奴 ! (N/H/K)のマンションでも 
     
    隣のピアノの音が五月蠅いとか~~
     
       子供の声がしてて、主人が眠れない~~とか、
    
  近所の 【鼻つまみ】だったらしく、

 私が帰ろうとしたら、マンションの人達が出て来て、
    
     『よく 言ってくれました。』

  それから・・・間もなく引っ越して 行きましたネ。


けど、
   そんな奴は、
     
      また 引っ越し先でも 同じ事やってると思うヨ。

 
 人は そう 簡単には変わらナイ――
         
      変えられないのだ―――

  人の事は 言わない――
     
       人には人の 生き方が有るのだから――

然し、
 
  言われたなら、必ず❢ 絶対❢ コテンパンにやっつける ❢

    そう~~ それが私の生き方。


だから ストレスがナイのかもね。

 ≪紀行文≫前に こんな出来事が有りました。

   いやいや・・実は、まだまだ あるんですよネぇ~~


 男性も集まると、女の井戸端会議みたいになるんだね。
      
   男のような【宝塚】の私から見ると・・・アハハハ・・ダネ。


       
       
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時差ぼけ

2017-02-21 07:32:13 | Weblog
朝6時、魚河岸に行って 🐡準備して戻り、

 その後、
    垢すり終えて

 肉体 スッキリしてきて、遣りイカ刺身作って飲んでから・・・


もう~~~ だるさが増して来て、目が開けてられない・・

  そうよね、

 18日朝「ダラス」~「成田」迄 確かに眠っては居たけど、

 身体を投げ出してたのではなく、

   意識だけ 眠って居た訳だから

     熟睡しては居ないのだろう~~~


ズルズル・・と 眠り、

  孫娘;利沙ちゃんが

   『専さん! 風が強く 怖い!』と 来てたけど、


   『ウーン・・・ 専さん・・・眠い・・・・zzz・・・』


      相手せず、 眠りの世界に・・・・


夜、やっさんからの電話で1時間半話し、

  又 また そのまま 眠りの世界に・・・・



何にもせず 過ごしてしまった 一日でした。


 今 やっと やっさんのメールで目が覚めた次第です。


   今日の予定は、10時半 (エクステ)予約してるので、

     これからお風呂入ってから 支度にかかります。


ご免なさい・・・


  〔紀行文〕 全く手を付けてません・・・


~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~


「大分・臼杵」の娘;順ちゃんが 

今日朝 9時55分 大分TV(おはようナイスキャッチ)に出演。

  
  料理学校の講師として 

   === 甘酒使った料理 ===


もっとベテランの講師も 沢山居るでしょうに、

 入社してまだ浅い 娘に、 白羽の矢が立つとは ❢

  『自分でなくっても いいのでは ❓』と云ったらしいけど、


  『若い世代に~~』 と。


あの娘の事だから、坦々と こなして往くだろう~~

 何がキッカケになるのか?

    人生は、過ぎ去ってみないと 結論は出ない。


 凡て  ❝ 出逢い ❞


  「川崎」の地では TV見る事出来ないから。


 貴女らしく、


   いつものように こなしてね。


   









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南米の旅から~~~

2017-02-20 02:45:19 | Weblog
帰ってきました。

昨日午後6時――― 

 久し振りの 海外の旅でしたが、全く 疲れ 有りません。

いつもの如く、

 トランク整理し、洗濯し、片付けて、

  留守中届いてた手紙への 返信も書いて、

明日の予定を組んで、


  ホッとして 布団に入ったのは, もう今朝の1時でした。


今日からまた 通常の生活に戻りますが、結構予定が入ってて、

  ジッとしてられるのも、此処 2・3日・・・・


≪旅行記≫ 早く記載したいと思ってますが・・・・

  実は・・・

    細かくしたためてる≪旅行日誌≫ 

    「ウユニ塩湖」のホテルで 紛失してしまい、


 まあ~~ どうせそんなの持って行ったって、

  私にしか 解読出来っこないからって ! たか喰ってたのが・・・


なんと ! とうとう 出てこなかったのである。

  ボールペン 1本付いてたから、もしや・・とは 思ってたけど。


そんな訳で、

 添乗員さんからの ≪旅行日誌≫に 基付きながら、

   記憶と 写真記載しながら、載せて往きましょう。


今日の予定は、 旅の垢 擦って来ようと健康ランドに行きます。


 午後 買い物もあるけど、

   少しの時間は ≪紀行文≫の時間を 作れると思います。


海外呆け ?

 いいや 私には そんなもの全く 有りませんね。


     何処に居ても ❝専さん❞ 

 そう~~


     ❝ 専ちゃん ❞で 過ごして来た日々です。

 
楽しかった日々――――

  少しですが 御すそ分け出来れば・・・と。

   


 






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレスのナイ世界

2017-02-17 03:45:11 | Weblog
     此処まで 出発の朝 書き終えて、予約しておく。

       あと 2日すれば 日本に帰ってくる。


人は どこででも生きられる――――

  【旅】に出ると いつもそう思う私。


 自分の足で立ってる場所が 凡てではない事 知ってながら、

   そう~~ 

      知ってるんだけど、

          忘れてしまってるのだ。


それは、人間関係にも 言える。


  自分が中心――――

     それはそれで 構わないのだけど、


   他を排他的に 考え、批判的になったりする時、


 争い、 仲たがい起こし、 嫌悪感抱き、 心が離れて往く・・・


寂しいですよね~~~

  生きてる間 どれ位の人と 触れ合うことが可能なのか ?

   
 物事を 狭い領域でしか 見れなくなってしまったなら、

   自分の周囲に 垣根を作って、

     入ってくるものも 拒んでしまってる・・・



いつ頃からだろう~~~

   人に対して 批判的になったり しなくなったのは。


 そう~~

   だから 何処ででも生活し、 誰とでも生きて往ける――――


     それでて、< ストレス >なんて 全くナイんです。


 
  こんな気持ち・ 心・に、 もっと 早くなっていられたんなら、

  
     宗教組織にも 止まる事が、出来たのだろう・・・


今は、

 陽が昇って、

  
    大空に 一点の曇りのナイ、紺碧の空が 広がる――――


       そんな 清々しい 日々です。


 
          【 命 】 頂けて 感謝 ❢ ❢


             有難うございます。

 










コメント
この記事をはてなブックマークに追加