魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

有限の・・・・

2016-10-31 01:25:50 | Weblog


10月も今日一日で 終わり、弁当は 2つ。

   〇  ささ身カツ
   〇  コロッケ
   〇  スパゲテイケチャップ炒め
   〇  シューマイ
   〇  金目鯛塩焼き
   〇  p-マン炒め
   〇  生野菜  &  トマト
   〇  生ハム

      御飯 ==  高菜炒め


少し快復してきたようで、早速 昨夕から 庭の手入れ始めました。


  今日も みな海の病院で、点滴射ってきます。

4日から また 【旅】が始まるので、元気にならなきゃ ❢


      ≒        ≒        ≒


「大分;臼杵」の家の水道メーターが、庭の片隅にあり、
  
毎月の検針の際 ワンコが吠え、其の度に出てって、
   
 私がメーター見て報告――― そんな形式をとって来てたので、
  
さすがに その女性も困ったようで、
    
    メーターの設置場所を 外部に持ってゆくことになった。


数十年経過し、住み人も変わり、
  
 何処をどのように水道メーターが通ってるのかが 不明のようで、
     
    二回も掘り直して やっと設置に こぎつけた。

当時の水道管は、村の一部を通って 
   
  最後に此処の家に 配水される仕組みだったそうで、
 
 折角やるなら~~~と言う事で、
   
    親切に
       貯水池から 直に 配水されるよう繋いでくれたそうな。


~~~~
  
    ところが それが大変な騒ぎになって~~~~


今迄の蛇口から出る 水の量が 数倍も強く、
  
 先ず (太陽熱)の仕組みが 破壊し、
     
     凄い勢いで 水が溢れ、樋を破って落下。

    原因はその時判らず、
   
    取り合えず 元栓絞めて新しいものに交換しよう~~~と話してた。

 
 次に起こったのが、
     
    細くひねると ブオ―ンと家中・土台まで響く音が~~~~

 
 その後、
   
    洗濯機の水が 出なくなって~~~~


 次には、
    
    トイレの水が便器ではなく、手洗い側に出っ放しに~~~


私達が望んで 治してもらった訳でないのに、
 
 これでは元の方が良かった訳で
   
    直ぐ、水道局に話し確認し 修理して貰うこととなった。


1ッ週間不便したけど、やっと終えたらしい~~~
   
  らしい~~~と 言うのは,
       

    使って見なければ わからないのだから。

     
===水道の栓ひねれば 水が出る===

   凄く ! 倖せな事だと思う。 



【西表島の無人島;離れ小島】に 28年住む、
   
  ターザン=サミーの所で 一緒に 1週間過ごした経験から、
 
 澄んだ綺麗な水が 必要な時! 必要なだけ!出るなんて・・
    
    それはそれは・・・夢のような事だと知りました。


水筒に詰めた氷水 と、 2㍑の水1本で過ごした、1ッ週間―――
  
  都会に住んでると 何もかもが 当然 ❕
    
   当たり前になって、感謝の気持ちは だんだん薄れて往く。

けど、
 
  蛇口ひねる度、 私はその経験が甦って来る。

 
勢いよく水出せば メーターも回り、当然 料金だって跳ね上がる。
   
   
  この世の中にあって、
     
     【無限】は、ナイのだ ❢

   凡て 【有限】であるのなら、
     
      持てる間、有効に使って往けば、
       
          【有限】の 時を 延ばすことが出来る。



人との繋がりも・・・
   
   太く 勢いよく 付き合って往くと、
  

  勢いが強すぎて どこかで破裂し、
      
          収拾がつかなくなる・・・かも。

  

  『元気印の専さんが 1ケ月も体調が悪いなんて~~~』

友が 心配してくれてるけど、
 
  【健全な身体に 健全な精神宿る】


 確かに 今の私は、いつもの専さんではナイ。


   まあ~~こんな時には あんまり深く考えないで、
  
    🎶 
      
     時の過ぎゆくままに・・この身をまかせ・・・


  ・・・と 言える専さんなら イイんだけど・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【小豆島】から四国縦断の旅 (終)

2016-10-30 01:54:14 | Weblog
本来持つ 私の【健全な身体】であったなら、

   今日は≪JR九州ウオーク≫

 開業100年 浅海井から始まる幸運浦路ウオークに
 
     参加していたんだけど・・・

昨日 点滴射って来て、少し快復してるので

    歩きたい気持ちは山ほどあるんだけど、

 明日も また 点滴射って来ようと思ってるから、

   少し・・残念な気持ちだけど、諦める。




      ∻       ∻        ∻|




         9月27日(火)
       __________



 今朝は霧が濃く、周りの景色が全く見えない。


朝食も、日本食の真髄と言っても 憚らない。
 
   久し振り・・・ですねぇ・・・

(伊豆;河津の皇室の別荘だった=石田屋旅館以来・・かなぁ~)


昨夜 夕食後、

 2人で温泉街をそぞろ歩きしたところを、
  
     今朝は、帰る前に 立ち寄ってみる。









(地獄釜)で茹で上げた 卵、プレゼントに頂き、
   
  此の釜で蒸し上げた プリン―――孫娘;みな海への

霧が出ると ≪大分自動車道路≫は、 
  
   由布院‹―›別府 間、必ず通行止めになる。


立て看板あったけど、
  
   少し ためらいがちな やっさんに

 方向が違うから
   
  『大丈夫よ! やっさん ! 駄目なら引き返せばイイ !』
 
係員が、 旗を振って停めて 行き先を確認し、 通行可。
 

 別府を離れたら 霧が晴れて来て、快晴の青空が~~~

「臼杵IC」で下り、
    
    国道10号線ではなく、
  
  いつも 私が通行してる裏道は、

 黄色く色ずいた稲田の中を、細いけど しっかりした道が続き、
    
   畔には 真っ赤な曼珠沙華が、秋の盛りを 謳歌してる。


楽しかった 日々―――
  
  毎日が 女王様みたいな生活―――

     イイ 想い出作りに なりました。

家に着いて、車交換し、
  
   ホンの少しだけ 休憩し、

 やっさん 「博多」に 戻って往きました。

  
    また 逢う日の予定を書き残して・・・・


          


長きに渡る 私の遊びの【旅日記】に、

   お付き合いして下さり、どうも有難う。


夫が此の世から去り、

 久方ぶりの 心ときめく 淡い思いの【旅】でしたね。


イイもんですね・・・

  ❝ 恋 ❞ と言う 言葉使える程、キザ じゃあナイ―――

 
 生きるも独り、

    
    死ぬのも独り、


  只、琴線に たまたま 触れて

  
        感電してしまった だけ。
 

人を好きになるって 事は――――

   胸がトキメキ、何かすることが 楽しくなる。


けど・・・

  さあ・・・

     それが・・・

 
   いつまで 続くのでしょう・・・


『専さん ! どうせ飽きちゃうよぅ~~ ! 』

 
  え~ちゃんは 直ぐ そう言い返してきたサ


   飽きる前に 飽きられちゃうかもね・・・

    まあ~~そんなこともあった と。

 
  そん時は 又、次の電車を 待つ――――


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友からの便り NO2

2016-10-29 01:20:43 | Weblog


孫娘;みな海  と え~ちゃんのおムスビだけ。

   〇 手作り=牛丼の残りで作った、チーズ入りコロッケ
   〇 チキンカツ
   〇 ウルメ丸干し
   〇 金目鯛甘辛煮
   〇 スパゲテイ―ケチャップ炒め
   〇 肉野菜炒め
   〇 胡瓜の漬物
   〇 生野菜 &  トマト

     御飯 = 鰹のふりかけ


「大分;臼杵」の地方は、昨夜から 北風が 強く吹いてます。

  このまま 冬に入ってゆくのでしょうね。


      ※      ※      ※
  




  
  ==専さん 有難う
      
       嬉しい便りに 笑みが溢れます。
         
 
          転送で 10月16日に つきました。

  
💛  起こったのですネ。・・・・・
        
       お二人にとって 神様からの
           
           プレゼントですネ。 

     成熟した大人の恋を 大事に
        
        育んで下さい。

     長さはでは無く、 密度の濃い時を、 共有し合って、
         
        生を 楽しんで下さい。

     
          本当に キラキラの 青春ですネ。


【屋久島】で繋がった友===清子さん。
   
    霊的な事を 探し 追い求めて 生きてる・・・・・

 

  純粋過ぎるが故、騙されたり・・・
    
そんな時、
  
  【真理】知った私との出会いから、何かが・・・二人の💛に・・・

  
・・・・・手紙は 彼女の現況をつずって ゆきます・・・・

   
   彼女は、 「京都」で 出会ったご夫婦から 何かが開け、
     
     【屋久島】を出て、 「鹿児島」に移り住んでる・・のだと。


そう・・・
  
  人は、其の出会いによって 変化して往く。

     佳き出会いであれば・・・ 佳き方へ。
     
     悪しき出会いであれば・・・ 悪しき方へ。

   
   
   【真理】   { 箴言13章20節 }

      知恵ある者とともにあゆむものは 知恵をえ
      
        愚かなる者の友となる者は あしくなる


 
手紙は 続きます。
 

  === 専さんの 幸せを祈ってます。
     
      専さん、「瞬間から 瞬間へ」 気付きをもって  
        
           人生を楽しんで下さいネ。

     
       出逢いに 感謝します。 
        

         パワフルっな  超パワフルな 専さん、愛してます。
           
             有難う ❣

     💛  生の流れに 祝福を ❣    💛


    
   【真理】  { 箴言15章30節 }
     
         目の光は 心を よろこばせ
             
               好音信は 骨を うるおす


82円の切手1枚―――
  
   それだけなのに・・・

    
       どんな高価なプレゼントよりも 嬉しく、宝物 ❣ 。

 清子さん――――
    
      再会を 楽しみに~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【小豆島】から四国縦断の旅 (10)

2016-10-28 01:12:47 | Weblog
昨日昼間、薬の所為なのか~~眠って~~~

 汗のかき方が ひどく、2回取り換えた。

けど・・・

 まだ 芯の熱がとれてナイ・・頭痛が・・残ってる。


早く スッキリしたい・・・・


 ❝ 健康な身体に 健康な精神が宿る ”


    肉体が弱って初めて、 精神の必要性が 解るとは―――――


まさか・・・このまま・・老化の道を辿ってゆくのだろうか・・・・


  人は必ず 死ぬ ❣

  けど・・・ ・辿ってゆく 憐れな姿・・・見せたくない ❢



       ≒        ≒



「別府港」から 今夜の宿;明礬温泉・岡本屋旅館
  
 此処は、やっさんが予約してくれたところ。


 サンフラワーが 入港してた。



  軍艦も。




 南の国 って、感じがするね。


 
 湯の街=別府
      
   湯煙が  彼方此方から 上がってる。



「明礬橋」
   
 「別府温泉」には、ポルトガルに行った時の 知人が居て、
      
 3泊した時、
  
  此の橋の下に在る 真っ白く濁った温泉宿、気に入って
      
    他をキャンセルして 泊まったっけ。



宿泊の宿は、直ぐだった。



老舗旅館の 御持て成し。
  
  駐車場まで迎えに来られ、荷物も全て持って下さって、


女将さんかと思うような 物越しの仲居さん。

 とっても可愛らしい👀 でした。
    

夕食; 素晴らしかった ❢



ホストクラブの ホストのような男性が、
  
  一品一品 丁寧な、物越しで 接待して往く。

 へつらうのでは無く、

   ソフトな笑顔 無言で。







まだまだ イッパイ
   次から次へ、👀も 舌も 楽しませてくれた。



日本酒の注文にも ~~ 
   
  並々と注がれた底にも 酒が~~~


また・・・きっと・・・此処に来て 泊まろう。


日本料理に堪能し、
  
  部屋に戻ったら・・・・
  
 
 まるで 絵画のような・・別府の街が・・・



一週間の 夢のような日々は、今日で終わり。
  
   明日は、「大分;臼杵」の家に戻ります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院に~~

2016-10-27 01:10:10 | Weblog


今朝は  娘;順ちゃんと 孫娘;みな海のお弁当

   〇  串カツ
   〇  カニクリームコロッケ
   〇  シューマイ
   〇  ウインナー
   〇  ホッケ干物
   〇  卵焼き
   〇  蒲鉾
   〇  生野菜

    御飯 = 大根葉の一夜漬け


昨夜 薬の影響なのか・・・眠く 夕方6時には布団に。

そんな訳で、
     前日準備する弁当の支度、やってなかったので、

 今朝 慌てて 見繕いました。

   まあ~~何とか 8点 積めることが出来ました。


    ※       ※       ※



一昨日 孫娘の勤務する病院で、診察して来ました。

『風邪を こじらせたのだろう~~』との 軽い診断でした。

薬飲まない―――と 言ってあるので、
   
 『どうしますか ?』 迷ったけど・・・
  
    もう 1か月になるし・・・
          
         仕方なく 薬 飲み始めました。

ついでに 〔血液検査〕 〔骨密度検査}も~~~

  〔血液検査〕 マッタク異常なし。
  
  〔骨密度検査〕 院長 『骨が多いですね~~ぇ』


「川崎」の病院でも言われたけど、
     
    此の年齢の密度の 159㌫に 相当する・・・のだと。
    
    若年成人の密度の 107㌫に 相当します。
 
   ※ これからも バランスの良い食事や適度な運動を心掛けましょう。


診察室に 孫娘も来てて、 笑ってる・・・・

  【肉】【牛乳】【ヨーグルト】嫌いでも、何も影響ナイ !
   
     食べるのは、主に【🐡 それも 刺身で】
            
             【貝 生でも 煮ても 焼いても】
            
             【野菜 生野菜は好きではナイ】
            
              
  飲み物は、【ビール】 最近は 【日本酒;剣菱】
         
      それ以外は、
          
          珈琲さえ 好きではナイ。

こうして考えてくると、
  
   【骨】って、 産まれ持ったものだと言える。

 【牛乳】飲むと 【骨】が丈夫になる・・・とか 言ってるけど、
   
   飲んでる人が 必ずしも 丈夫か❢ って言えば、そうではナイ。


小学校頃までは 身体堅かった のを、記憶してる。
 

  ―――マット上での でんぐり返しは、 
           首の骨が折れるから やらない―――

  ―――跳び箱 飛ばない
           足が 箱にヒっかりそうで―――

       ゴム段は、一番高い所まで飛べるのに~~~~

  ―――ドッチボール 球は決して捕らない。
        受けた時の胸の衝撃、 指の衝撃が 痛苦しいから―――

 義務教育であっても、私は
     
     自分の出来ない事は、出来ない❢って 言って やらなかった。
   
   
  仲間が 欲しい~~って、思った事もナイ。
    
    たった一人だけ・・・
     
      学年萬年1位の 蒔田良子さんだけには、憧れを抱いてたけど。
  
 子供であっても
    
   【意思】の堅さを持ってる事、先生は見抜いてたのだろうか?
  
     強制されることも無く 小学校時代を過ごした。



月日は・・・もう 65年近く経過して・・・・思うには、

  その時 その場で 出来なかったからって、
     
       何も 恐れる事なんか ナイ ❢ ❢

出来た人が 必ずしも、
    
   人生で イイ生活するか?
    
      優位に立って居るのか?
    

  そんな事 絶対 ❢ 絶対 ❣ 絶対 ❣  ないのだから ❣ 


今 幼くって 全てが 読めないのは、 誰だって通って来た道―――

  今が 凡て ❣  そう~~ 今が凡て ❣ で あるけど、

    終わりの日まで、どうなるのか・・・判らない・・・

 
 だから、今 出来ないからって 凡てではナイ。
    
     自分の【意思】だけは、曲げない―――
      
        強い 【信念】だけは、持ってて ❣



専さんらしからぬ、此の身体―――
   
  肉体が 健康でないと、何かをする気が起こらない。

     【薬】で動いてる間は、 専さんではナイ。


〔アガステイアの葉〕の 預言通りに進行してるのは、悔しいけど本当―――

   預言を変える事は 難しい事なのだろうか~~~?

  
    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【小豆島】から四国縦断の旅 (9)

2016-10-26 02:07:26 | Weblog


今朝 5時、

 久し振りに澄んだ空、見上げると・・・上弦の月が・・・

  ☆彡の数も多く、 オリオン座も 輝いてました。




今日は 孫娘;みな海だけなので、パンにしました。

   〇 生野菜
   〇 焼きそば
   〇 ホットドッグ用 ウインナー
   〇 愛子 トマト


     ∻        ∻



      9月26日 (月)
     ________

またまた 快晴。


 やっさんが眠ってる間に、フエリー乗り場に出掛け、
   
    乗船名簿記入したりして 部屋に戻る。

朝食無しだから 早めに出よう~~。







  高い場所に行くと、霧が覆ってて視界が悪い。

何処へ行くのか? って、 「佐田岬」
  
【島旅】で 来た時、此処まで行きたくって、🚌で向かったんだけど、
 
   雨風が強く 乗客、私 1人。
    
     ドライバーさんと話しながら 
   
 『岬の幅が 一番狭い場所・・・ 此処なんだよ ! 』
     
       今でも 覚えてる。

その頃「伊方原発」が 在ったのか?
   
  私は 関心が無いから 覚えてない。

 結局、🚌の折り返し、次が来るまで待てないのと、
   
  雨風が 治まらず、「佐田岬;灯台」には、行けなかった。

 だから・・・それだけに 思い入れがある。





 ジャンボ風車が~~~





こんなに沢山あっても、全部が作動してる訳ではナイ。
  
 風の向きで 動き始めるのだろう~~



 八幡浜から 上り、 岬の先端に向かって 下って往く。
  

道幅が狭くなりだした頃、
  
    アレぇ~~? 通行止め ?

 そう言えば、立て看板あったけど、
   
   
  『やっさん !
      
    構わないから行けるだけ行って、ダメなら戻ればイイ!』

   
 私が GO ! GO ! ケツ叩いたのだ。



 そりゃあ~~そうでしょ❢ 
  

  長年の夢がやっと適うのに、
      
   たった1枚の 立て看板で諦めるなんて、
     
 冗談じゃあ 無いよォ~~~

   やはり・・・・
      
     『専さん! 戻るしかないかもォ~~』
           
       やっさん 弱気になってる。

 
  法律破らない――― 堅物――― 今時・・〔 化石 〕みたいな人。


他には バイクが1台停まってる。
   
 『10分位 かかりますが~~』 親切に声掛けてくれる係員。
 
 持ってたパンと、
   お水 500ml 

    『どうぞ~~』 と 差し上げて、
      
       間もなく 通行 可―――

狭い 山肌に面した道、
 
   灯台に向かっての 下り坂、

 
  到着したところが「灯台」かと 思ったら、





眼下に「灯台」が~~~





灯台を背景に~~と、シャッター押したけど・・入ってなぁい。





   『歩く ?』 
       『勿論 ! 』

オバアチャン2人。  

 イッパイ海藻抱えて 売りに来てる。
   
 高いのは 承知の上で 『帰りに貰うから』って言って、
      
    やっさんと 灯台目指す。

  
 『奥さん ❢ 恰好イイですねぇ~~』
      
   2人のオバアチャン、買ってもらえるって思ったのか、
         
    お世辞が 背中の方から聞こえて来た。


      奧さんじゃあ ねぇヨ ❣


総て 下り―――40分と書いてあった。





快晴で 

 汗も掻いて、これから さっきの駐車場まで上り。
  
   手を繋ぎながら・・ 帰りは 20分で。

灯台への分岐のところ、

   何の工事しているのだろうか~~?
   
 「青森・竜飛岬」の先端みたい。


  
約束したので、オバアチャンの品、
   
  塩ウニ瓶詰め、 ひじき、 アラメ 買ってあげた。


「三崎港」に周ってゆくと、  民宿;大岩 が~~
   
   『朝ご飯と 昼ごはんの兼用で、頂こう~』



 団体の予約が入ってるらしく、
   
  それでも OKしてくれて
   

   『出来たら お風呂入らせていただけないでしょうか ?』

   『まだ 温いですけど~~』
   『構わないです。』 と言う事で、OKに !



 宇和海が 一望。

      
     魚料理 ビール頂きながら・・・満足。

「八幡浜港」 12時発  「別府港」15時50分。
  
   同じ道戻りながら、
      時間は ピッタリ ❢

       乗船後は、眠って往けばイイ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【小豆島】から四国縦断の旅 (8)

2016-10-25 01:10:24 | Weblog
昨日は197号線を北に進路をとって 進んだけど、
  今日は 
    320号線を「宇和島」に向かって 進む。



「広見川」に 沿いながら、成川渓谷







濃く 青い空は、真っ白い雲を 引き立たせてる。
  
  見てるだけで、気分がイイ ❣ 


「宇和島」何度 1人で 訪れた事だろう~~~
    

   でも 今日は 2人。
 
 今夜の宿決めてないし、 時間もイッパイ有るからって、
    
  一般道を通らず、378号線 = 宇和海に沿って走る。


 
 潮の臭いが 素敵だねぇ~~
    






  
🎶 ミカンの花が 咲いている~~
   
     段々畑は 蜜柑畑。  

        高級ブランド蜜柑;宇和島蜜柑。





途中から少し 『私が運転代わってあげようかぁ~~?』

 
 【島旅】で慣らした腕前サ ❢  
   
   フフフフ・・・ 途中から やっさん寝てられなくなって・・・
 
横目で見たら・・・
    
   アハハハ・・
        
      👀が 点に ! なってるのだ ❢  

  
 ブレーキ踏むの嫌いな 専さん ❣
   
    50kmのところは ン―― 60km、

  『専さん ! こんな細く見通しの悪い海岸沿いの道は、
    
     制限速度から 落として走って欲しい~~!』

  『大丈夫よォ~~❢ 
      
    【島旅】で こんな所 どの位走って来たか 知れない。
        
          昭JIJIに 聞いたら 判るよ。』

いくら言ったって 聞く耳持たないのが、専さん―――

  流石に 怖くなってきたのだろう~~
   
      『運転 代わる。』

今迄だって、事故起こしたことのナイ 専さん―――
   
   信じられないのは、 付き合いが短いって事 だね。









  遠くに見えるのは、九州・・国東半島?

距離計算キチンとしてるので、

   予定通り「八幡浜」に~~~


 まあ~~走りながら いろいろと、面白かったねぇ~~



明日 「八幡浜」から「別府」に向かう フエりーに乗るので、
  
  今日の内に 場所の確認と、宿探し―――



「八幡浜港」前に ビジネスホテル。
  
 昨日まで 贅沢した【旅】だから、今日は質素で イイよね?

直ぐ近くに (塩の湯)があったので、行こう~~と言ってたけど、

    止めて、
   
  スーパーで買い物してきて、 部屋で頂く。

 真夜中発の便に 乗ってゆくのだろう~~
   
    大型トラックを停めて、中で休んでる。

     
      明日は 九州;別府に1泊。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穏やかな人生を送る為に

2016-10-24 01:14:02 | Weblog
  昨日≪JR九州ウオーク≫終え、温泉に入って 帰って来ました。

やはり風邪が 完全快復してなくって・・・何となく 自分ではナイ。

今朝も3人分のお弁当



   〇 生野菜
   〇 鯖文化干し
   〇 チキンカツ & コーンコロッケ & ミニハンバーグ
       (一つずつ 半端で残ってたので 1人1個)

   〇 スパゲテイーサラダ
   〇 蒲鉾
   〇 チンジャオロース (これも 残り物)
   〇 肉団子
   〇 葡萄

     御飯 = 四方筍の 五目御飯

【アガステイアの葉】で、

   75歳~~76歳、 呼吸障害 ・ 血液の病気に注意

  そう書かれてた事 想いだし、

    病院で検査して来ようと 思ってる。


    ∻       ∻       ∻


  ―――お穏やかな人生を 送る為に―――


人として この世に生を受けて,【死】によって終わる 人の一生。
  
  
  どんなに高い地位に 坐して居ても、
   
   
    沢山の財を築き、蓄えて来られても、

    
       最愛の家族・ 恋人に 囲まれて生きて 居ても、

     
          勲章に値する名誉でさえ、何時か・・忘れられ、

 
 総ては 【死】に依って終わり、 この世に置いて去る。
   
 
 努力して築いてきたもの総て、此の世に遺る者が 引き継ぐ。


こんな事知ってる―――
 
  誰もが知ってる―――
    
     そう言いながら・・・

 自分には巡って来ない――― と 思って生きてる。
  
    或いは・・・そう思ってないと  生きられない場合もあるかも。



だから、【死】の宣言された時、 
    
    【死】に対する恐れ、
      
   持ち物 全てを失う 恐れに 怯える。


また、
  周りの人達からの 種々の感情

  社会からの空気❔に依り、自分で身動きを とれなくしてる

≪呪縛≫と言った方が・・・適切かナ ??

  === そんな恐怖から抜け出て、
        
        ストレスの無い 生き方をするには ===

 息を吐き出せば、 自然に空気が入ってくるのと 同様、
    
    吐き出す事で 身を軽くして往く。

〚欲望〛と言う束が 【心】に住み続けると、
  
    執着となり、
      
  束縛となって、
     
       自分を 金縛りにして往く事と なる。


 【過去】を 手放せば、 悲しみの種が無くなる。

   

   何かを得ようとするなら、その前に 
        
        大事なものを捨てないと 得られない。  

 
得てから捨てる ❓   

  

【真理】    レビ記 24章20節
   
  == 眼には 眼を   歯には歯を持て 償うべし ==

心を其処に 傾けたなら・・・・

  ❢ 得る為なら ❢ 
   
    其れに匹敵する物で 値を払わなければ、成就しないのだ。


  

【真理】    伝道の書 5章;13節~~17節
    
    富を守り 増やす事に心配したり   悩んだり・・・
       結果
         憂い多く 病身に 憤怒あり・・・・

こうして考えてくると、
 
  穏やかな人生を送れる人は、
      
      一体 世界中の人の中で何人 ?
 
   
   恐らく・・・  1%も居ないのかも・・・・


私は、其の1%に属してる と 思ってる。
  

 そう~~
 
   ストレスも無く、自分の思うように生きて往けて、

    【死】への恐怖も無く、

   【生】への 充実感を抱きながら、

          一日の為に 生きていける―――

これも・・・
  
  きっと・・・
    
      【真理】を 知ったからだろう・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【小豆島】から四国縦断の旅 (7)

2016-10-23 01:32:40 | Weblog
     9月25日(日)
    _________

昨夜TVで
   
(柞原雲の上のホテル)のあった近くで、
 
 〈食の祭典〉が開催されてると放映されてたので、行ってみよう~~と。

197号線、昨日来た道を 少し戻るようにして、「舟戸川」に沿いながら


(坂本龍馬;脱藩の道)
   
   見イ~~つけた ぁ~!!! 
 
 やっとひとりが歩ける幅の、傾斜;30℃以上ある山道。
  
   草鞋履いて、背に 風呂敷包み 斜めに結び、
     
 【夢】抱きながらも、
       
    どんな思いで 一歩一歩足を 進めたのだろう・・・
 




振り返ると、村落が・・・











 やっさんが好き だと言う、野の花。



(羅漢穴)があるから、其処も行ってみよう~~





  標識あれど・・姿が見えぬ。 ホンにお前は 屁のようだ !
   

 どうも、大分下に 下りてゆかなければならず、
   
   車も 一台がやっと通れる 枯草、石ころの道―――
      
     『止めよう~~』
      
        『 ウン 』 決定は早い。



(四国カルスト)  天狗高原
     
 時々 小雨が~~
       
    霧が濃く成ったり~~~




 

 作り物の犬かと 思いきや!
    
  本物――
     
   迷い犬だとか、大人しくって それに引かれて休憩。








  
 やっさんの注文;チーズケーキ、 生牛乳、 ホイップクリーム、


 
 私の注文;コーヒーゼリー

濃い牛乳で作られた 生クリームの味の濃い事 ❣ 美味しいィ~~❣





  ドン付きが 197号線。  左折。



会場は、役所;公民館前広場で開催されてて、
 
 駐車場は、少し遠いけど、必ず置けるというのが イイよね。 
     
     歩けば いいのだから。



(ゆすはら座)
  日常は、イベント会場となってるようだけど、
    
   今日は、一般に公開されてて 休憩室となってる。













やっさんの お目当ては、(雉の焼き鳥)
  
  コスチュームも 雉に成りきって・・・

    臭い !? かと 思ってたら、淡泊で食べ易かった。


    
私だけビール 車から持参して。
 

 発泡スチロールの箱に、やっさん、

毎日、アイスノン凍らせててくれたのが 入ってるんで、
                        
 いつでも ! 何処でも ! 冷えたビールが呑める !

  ン ?  そう~~ 私だけ。
         
      エッヘン !!!

    (細かい所まで 気が付く人)


   
 鯛出しラーメンも 美味しかった。
     
  鍋焼きラーメンも食べたかったけど、売り切れに。




高原では降ってた小雨も 上がって、青空が。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【小豆島】から四国縦断の旅 (6)

2016-10-22 01:23:59 | Weblog
今夜から≪JR九州≫で

「博多」灯の道ナイトウオーキングが、開催され、

  街一帯が 灯明の優しい灯に包まれる、秋の夜のイベント―――

まだ見たことがナイので、 行って来ます。


 
 翌日23日 (日)

≪日豊本線≫「津久見」でも ≪JR九州≫ウオークが~~

 開業100周年を迎える「津久見駅」


 「大分;臼杵」の家から「臼杵駅」迄 車で行き、

    駅駐車場に 2日間駐車して 行って来ます。



幸い 昨夜から娘;順ちゃん、飲み会で「大分」泊、

      えーちゃんも 仕事休み、

  孫娘;みな海だけなので、弁当ナシで イイって~~~!


外 今、 雨が降ってます。

 昨夜 やっさんが 聞いてきた

  『 明日の天気 どうじゃろうかぁ~~?』
   
  『明日は明日の風が吹く・・・明日にならねば 分からん !

     【男心】と 秋の空 変わり易いのは・・? 』


そう答えた 私。


   まあ~~  傘は 要らんじゃろう~~



     ∻       ∻       ∻


439号線沿線の 「仁定村」「東津野村」に、
    
  清流;四万十川の源流点が在る。

(柞原 ゆずはら;雲の上のホテル)

  山間の 健康ランドのようなホテルには、大勢の方が~~



 休憩しながら 立ち寄る。



 茅葺の家と、水車が回ってる。

  トンネルの数も多く、「高研山トンネル」から 「愛媛県」に。

(鹿野川ダム)





197号線進行方向左手に・・・有るはずなのに・・・
 
 (小藪温泉)の表示が 出てなくって・・・
            
     行き過ぎて、電話したら、
   
  『赤い鳥居を潜って∼~途中工事中なので、迂回路で~~』

 ン ❔  神社の鳥居を車で 通過する ❔





(小藪温泉) って言うか、田舎に来たって感じで、
    
   どれが 宿なのか? 全く見当がつかず、
 
 再び、電話して 確認したら、 少し先に行ったところに在りました。

    
 ===肱川支流の渓谷沿いに在る 一軒宿で、
       
      大正2年(1913年)木造3階建てで、
         
        国の登録有形文化財に 指定されてる、===











私は、囲炉裏の間での食事 予約しておいたので、
  
 今日は 若い女性達3人も、ご一緒に席に着きました。




料理の一つひとつに、しっかり出汁がとられてて、
 
 盛り付けも 綺麗だし、
    
   鮮度もイイので、こういう料理だと 日本酒ね、

  『 修行されてこられたんでしょうね。』
     
 日本料理の板前に成り手が少ない この時代に、
    
  こんな ひなびた宿で、素晴らしい料理が 頂けけるとは ❢

     何よりも 嬉しかったぁ~~❣ ❣



囲炉裏で じっくり焼き上がった岩魚を、
 
 箸の袋に 串 差し込んで、手が汚れないようにとの、
      
      女将さんの演出です。

昔から 湯治場だった宿―――
  
 岩風呂と 桧風呂は、大きな窓ガラス越しに、渓谷を楽しめる。

 
 まったりして、身体を舐めるような柔らかい 湯。

   『湯質;PH9,2 ですか?』
   
   『 9,4あります。』

  凄い !!  

石鹸なんか使いたくない。
   
  只、浸かってるだけで、蕩けてしまいそう~~ 

    

    山間の出湯の夜は、静かに更けて往く・・・

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加