魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

金鳥 ✖ 100均  の、  続き

2016-08-31 01:12:50 | Weblog
『専さぁ~ん~~

  順ちゃんに 賭けで、負けてしまったョォ~~! 』


釣船の仕事終えて 戻って来たえ~ちゃん。


 潮風に洗われた 真っ黒い肌を、

   家に着くなり  冷たい水で洗い流す。


風呂場前;洗面所に置かれた ⦅ごきぶりホイホイ⦆見たらしい~~


 金鳥 ✖ 100均  の、続き。


え~ちゃんは、

   結婚して子供達も成人し 就職してる今でも、

 嫁さんである 私の娘;順ちゃんを、 ≪ のぶちゃん ≫

  付き合ってた頃と 同じように 読んでるのだ!! 


なら、呼ばれてる娘;順ちゃんは❔   ・・・と言えば、


   【 親父 】  


夫婦―――― そんな感じ 全く無い ❣

   第一、 一緒に寝てないのだ ❣

 添い寝してるのは・・・ 真っ黒い ワンコ達――――   

  
  最近・・ではナイ。 「トカラ列島;中之島」の頃も~~~


ベタベタした夫婦ではなく、

  ダイビングで知り合った頃――――そのまま

    《 趣味仲間 》のような、爽やかな関係―――――


『専さん~~! 

  やっぱり  〖金鳥〗 には、入ってたョォ~~! 』


全くぅ~~

   どうだっていいだろうがぁ~~~!!! 


 ゴキブリ の 姿 想像するだけで、気持ち悪くなる !!!


そんな私の気持ちなんか 屁の河童 ❣ の  え~ちゃん。

  またまた、 夕食の話題が これから始まるのだ―――――


 ねッ   変な家でしょッ 


             


今日は、え~ちゃんが釣って来た  (イサキ)

  40cm近い 大きなもので、 2匹刺身、1匹焼物用に裁く。

『釣りした事の無い連中ばかりで、下手ックソで、

  俺が変わって釣ったら、10匹も上がって~~~

     その内の 3匹 頂いてきた。

 
   のぶちゃんの誕生日祝いに、喰わせようと思って~~~』


全部 私が裁く。

 5枚下ろしにし、 キッチンぺーパーに包んで、ラップし、

   その一部を、  薄造りにし、


 ポン酢で~~~

    或いは、 ハーブオイルで~~~


海上で、神経と 血 抜きしてきてるので、綺麗な身――――


    さすが ❣ ❣   え~ちゃん ❣ ❣


そんな 活きのイイ (イサキ) n刺身食べながら、

  ⦅ごきぶりホイホイ⦆の話題―――――


     話題変えろ って ❢  





 こうして「大分;臼杵」の 夜は、 更けてゆく・・・のだ
  

  




 







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対決= 金鳥 ✖ 100均   :  解決編

2016-08-30 01:06:45 | Weblog
 皆さんの軍配は どちらにあげますか ・❓

結果は、孫娘;みな海が 判定―――――

 100均  == ゼロ

 金鳥    == さすが ❣ 高いだけあって、収穫あり ❣


   数 ? 嫌でしょ !? 聞きたくないでしょ !?


そう~~ 昔からの諺に  あります。

 
  ❝ 安物買いの 銭失い ❞  


 もしも~~私がぁ~~家を建てたならぁ~~

    大きなぁ~~家を~~建てたでしょう~~~ 

夫は言ってましたね。

 『人は その器の大きさで 家を建てる――――

   小さな家に住んで 物事観てるのでは、大きな事は出来ない―――』と。


そうよねぇ~~

 生まれながらに 器の大きな人なら、それも出来るでしょうが、

   万人 総てが そうである訳では ナイ !


イイじゃあないですかぁ~~

 ヤド狩り & 熊 & 燕 & ・・・

   自然界の生物全て、自分の殻にあった家で住む――――


今の私なら・・・・

 🎶 歌の文句に あるじゃないかい・・・

    え~~ 聞くだけ野暮よォ~~~ 🎶


 残る短い人生――――

   
  持ち金と、年金で 生活して往けて、

    悔いが残らなければ・・・ それで 充分 


別に ブランド志向もないし~~~

  100均一 だって  イイじゃン 


なんか・・・ 庭が綺麗になったら、自分の気持ちもスッキリ ‼

 雨が降ってくれたので、 緑も甦って、

   風も 涼しく、 赤とんぼが 飛び交い、

      鈴虫も 鳴きはじめ


 秋が もうすぐ 其処にやって来てる感が する。










  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死体にキス 

2016-08-29 01:35:12 | Weblog
ダイビングのインストラクターだから、

 過去にも何度も レスキューで、人工呼吸した経験を持つえ~ちゃん。


娘とも ダイビングが結ぶ縁で、結婚したのだから――――

 前日の ゴキブリホイホイの後、

 『親父 死体に キスしたんだから ~~❣ 』


 『しょうがねえだろうがぁ~~ 

   溺死者でも、死後 直ぐやらなければならないから、

     死んでたって、一応 やる義務があんだよ~~



 『俺だって、死体なんかとキスなんか したくねえよォ~~~


娘;順ちゃんは、経緯知ってるから 突っ込む―――――

  一生懸命 反論する  え~ちゃん との会話。


会話は、ドンドン エキサイトし、

 シュナウザー5匹買ってる中で、

   胡瓜・  トマト 喰わない奴――――― ビッキー !


 孫娘;みな海が、

    親父犬 ; ビッキー  と、名付けたりして~~~


孫娘;みな海の 一番遅い帰りを待って、

   全員集まっての夕食――――


 今日のメニューは、黄金カレーの野菜餡かけ。


  『うめぇ~~~! 店で こんなうめえの 出さないだよナ !』


   美味しい ❣ って 言って、食べてくれるから、作り甲斐がある。


 
え~ちゃんは、人を楽しませるのが 上手。

   帰ってきてくれて ヨカッタ よ ❢❢❢❢

  






 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対決= 金鳥 ✖ 100均

2016-08-28 01:01:14 | Weblog
横浜の友からの 返信に、

『私なんか 此の数年、お腹抱えて笑ったなんて 記憶がナイ』 と。


「川崎」に居る時は、私だって お腹抱えて笑うなんて・・・

    そんな 話題提供してくれるような人―――居ないョ。


ところが・・・

    此処「大分;臼杵」の家には それがあるんだなぁ~~


チョッと たがの外れた え~ちゃん、

 其処に 孫息子;海史が加わると、

   倍化 イイや ❣ 数倍化するから、お腹の皮もよじれる。


その息子も、 夏休み終えて「名古屋」に 帰ってしまったけど、

 え~ちゃん、

  今は、 「由布院」での仲居を辞めて、

    遊漁船に変わったので、家から 深夜、

そう~~

 たった今、出勤してったのだ。


やっぱり、

  【🐡】 & 【海】 & 【船】でしか、生きられない男――――

そんな 【男っぽい 男】なのに、

  家では、ゴキブリ親父って 言われてるのだ !!!


此のところ ゴキブリの出現が多く、

 『親父が 帰って来たから、ゴキブリが着いてきたんだぁ~~』

 『親父ィ! 親父摂るのに、⦅ごきぶりホイホイ⦆買って来て~~』

 『ヨッシャあ~~!!』

  

  ⦅ごきぶりホイホイ  ===  金鳥  対 100均⦆



え~ちゃんが 買ってきたのは、100円均一

 『親父の奴 ! こんなの買って来て~~ぇ∼~』

 『100均だって かわりゃあせんワイ !』

     そう言いながら、組み立て初めて~~~


1日経過したものの・・・全く入って無かったのだ――――――

 『全くう~~❣ だからゴキブリ親父って言われるんだぁ~~』


孫娘;みな海にからかわれながら、

 『待ってろ!! 今家を建てるからナ !!』


 ♬ もしも~~私がぁ~~家を建てたなら~~~🎶

        私が歌いだす・・・


   すかさず え~ちゃんが


 ♬ 窓を開ければぁ~~ ジャジャジャジャ―ン 🎶

     餌 ぁがぁ  見えるぅ~~~ジャジャジャジャ―ン


全てが 万事――― この調子――――


  こうして書いてると 普通の事なんだけど、

 これが え~ちゃんになると 全く 違うんだよね。


それから作ってる間 ズーッと唄って、語って~~~


  見てるだけで、可笑しくってお腹がよじれちゃう~~~❢❢❢


これが 日常茶判事にやるんだから ❣

 イッパイ有り過ぎて・・書き切れない・・覚えきれない・・・


そしたら「博多の人」が、

 『ボイスレコーダー使ってないから、専さんにあげるョ』


   と、言う事になって、今度逢ったら 頂ける。


吉本なんて 笑いじゃない―――――

  タケシ的 笑い だね。


たまにはイイでしょ ❣ 堅っ苦しい話題でなくっても。


 これじゃあ 何時になったら、肋骨の骨折治るのか ❓

 















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族 ❓  家賊 ❓

2016-08-27 01:35:37 | Weblog
最近、

  涙の込み上げてくる回数が 増えて来たように感じる。

 悲しいから・・・と、 其処で 込み上げてくる涙ではナイ。
 

ン―――― どうゆう時だろう~~?

 例えば、NHK;TVの 

  (とと姉ちゃん)観てても、良く湧き上がってくる感情。


20代に結婚し、【家族】を形成してきて、

 今 フッと振り返る時――――

  【家族】とは ❓

古代から 【家族】には、 【族長】である【父親=男性】が 治めてた。

 然し、

  もう 私のように【父親=夫】の 存在しないところには、

     【家族】は  ナ イ ノ ダ。


 そうと解ってて、総ての物を 捨ててきた訳では ないのだが、

  少しずつ、<捨て> <忘れる>事で【家族】では 無くなってきた。


私の場合は、意識して【家族】では なくなってきたのだが、

 今の 世代の【家族】は、 【家賊】 になってる・・・と。

   (私の兄が、 そんな話 したのを記録してた)


【族長=父親】の元、

   ピラミット型で 統一されて来た 【家族】で あるはずが、

 【家】を中心に 繋がってるのは、

   家族愛 とかではなく、

    財産であったり、地位であったり~~~

 
統一されてない【家族】であるなら、

  子供があっても 幸せ であるとは、云えないのではないだろうか?


【家族の絆】

  絆とは、 戸籍上の 親子❔  或いは・・・情 ❔


【絆=きずな】

  何年か前から流行して来た 日本語だけど、
 
   「東京;スカイツリー」にも、ネオンで 描かれてたり、


然し、よく確認してみたら、

  そう~~~ === 半分 ===


 赤い糸の・・・

   たったの 【半分】 ❣ ❣


 つまり・・・ 言葉だけだろう・・・・ と。



現代社会にまだ 生命を残し、  醒めて往く自分に 気付く時、

 昔なら あった・・あの温かい【家族】の情愛を観、

   自分に置き換えて観る時―――――

何とも言えない・・・

 言葉で言い表せない・・・

  熱いものが 目頭に 集まって来るのだ。



もう 二度と再び【家族】を味わう事はナイ―――――私。


【家族】を 築いてる最中の 若い世代の方々 ❣


  子供の居る幸せを 噛みしめながら、

     二度と戻ら無い日々を、

         大切に 生きてって欲しい・・・


 御免なさい・・・・

  涙が・・・語らせたと 思って・・・下さい・



 




  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生の夕映え  

2016-08-26 02:09:12 | Weblog
6月30日掲載

 === フーテンの寅さんの宿;湯平温泉  2) ===

本当は まだ、続きが有ったんです・・・チョッと言いにくくって・・・


 もう 今更・・時効ですから 聞き流してくださいね。


 『私の部屋に来ません ? 』 の後に・・・

   何故か・・・今も思いだすと・・体中の血が 顔に集まる・・・


 『一緒に 寝ましょう~!』 


さっき会っただけの人に、どうしてそう言ってしまったのか・・・?

  今考えても 思い当たる節など 無いのに・・・・


(博多の人)は、こう言う。

 === 『一緒に寝ましょう』と言われても、

    別に何の抵抗も無くと言うか いやらしい気もなく

    (ちょっと恥ずかしかったか?) 傍にいけました。


   もっとも 堂々と言われたのが一番大きな要因かも・・と ===


全く・・・

   私としたことが・・・・


 絶対 ❣  絶対 ❢ 絶対 ❢ 言わない 私なのに・・・・


【女】 と言う字―――― とっくに捨てて 生きてきたから、

  【女】としての気持ちとかではなく、

     人間として 口から出てしまったのだろうか ❔

 いずれにしても 言った事は言ったのだ―――――


それが・・・今も・・・続いてる・・・・

  気が合う―――

   回路が70㌫ 類似してる――――― らしい・・・

 手紙のやり取り・ 電話・ メール・・ それは頻繁に・・・・


今更・・・・

  皆 笑うでしょうね~~~!?

   『 エツ ❣  専さんがぁ~~❢ 』 と。


まあ~~ どんな風になってゆくのでしょう~~~?


(博多の人)も、ブログ見てますから、いい加減な事は書けない。

   ∻       ∻       ∻

 久し振りに 机の前に座って、打ち込んでる。

  庭作業も一段落して、気が落ち着いてきたからだろう。





玄関前の庭



和庭園



雑草 1つもナイ位に、摘んで 除きましたからね。






こんな 青空の下で~~~





夕やけです。


  いずれは西の空に沈んで往く 陽―――――



     私の人生終わりを ❝ 夕映えにするか ❞

  
   

 【ひとり上手】の私でも

   残された日々を、気の合う人と過ごせたなら・・・


    そんな独り言を 載せさせてもらいました。

 










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白水の滝 (後

2016-08-25 01:51:03 | Weblog


24日(水)今日も孫娘のだけ。

 娘・順ちゃんは、明日国家試験が有るので、猛勉強中。

   ※  生野菜  & 自家製愛子トマト
   ※  ミニコロッケ
   ※  真麻婆春雨
   ※  鰤の子;若子の塩焼き
   ※  ウインナー
   ※  ゆで卵
   ※  蒲鉾
   ※  チャーシュウ 娘の手作り

      ご飯には 胡麻味かけて~~~


今日 25日 (木)は、2つ作ります。


     ∻      ∻      ∻









円形分水の切り口のように、岩盤の中心から勢いよく流れてる。





此のカメラでは これが限界―――

  是非 ❢ 行ってみてください ❢

 涼しくって・・・クーラーなんか要らないから ❢









流しそうめんも~~









滝周辺は涼しかったけど、やはり・・・下界は・・・

  天高く 碧く広がる空――――

    真っ白い 雲――――

       夏 ❢ 真っ盛り ――――




見て ❢  見て ❢

 (海ちゃん)暑くってぐったり・・・

   悪戯;海史が サングラス掛けても、気付かず眠ってる。




そう言う私も・・・海史君も・・・熟睡・・・ zzzz・・・




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村祭り

2016-08-24 01:49:46 | Weblog


 昨日 23日

    夕食済ませて、 いつもの 可笑しな会話が飛び交い、

  お腹が よじれる位笑って・・・

 それもそうなんだけど、

  肋骨傍の 軟骨が折れてるらしくって、

    (其の原因は、 26日のブログに掲載と思ったら、

        それには 触れてなかったのだ・・・また、後日)

     其処に響いて痛いのに・・・

 え~ちゃんのズレた会話に、受け答えする私に、

 
  『もう~~ォ、専さんと親父とは 話に入れたくない ❣ 』

     孫娘:みな海が 真剣に イライラしてる。


それぞれの部屋に戻り始めたら、  ン ? 太鼓と唄が~~~

 『専さん ~~川の向う岸で お祭りやってるみたいよ。』


賑やかな事の好きな 私、 懐中電灯持参で、川渡る。








まだ 沈んだばかりの夕陽に、碧空がうつくしい!!






 『こんばんわぁ~~』

 『毎年同じ時期に 行われるんですか ?』

 『縁日は出ないんですか ? 』


質問投げかける 私に、

 今年亡くなった方、 また 

   それ以前に亡くなった方を 送る行事みたいなもので、

  出席する人も 年々少なくなり、縁日するほど人も出ないので、

    身近な者同志の 集まりみたいなもんです。 



 『縁日やりましょうよ ❣ お手伝いしますよ ❣

   人も集まるようすれば、賑やかになるし~~~』







 年配のお父さんがマイクで唄い

   軽トラックに積まれた 太鼓に合わせて、

     踊る輪が~~~歯が抜けたようで・・・寂しい・・・

でも、

 だから・・叙情があって・・もの悲しさが増すのかも・・・


 『一緒に踊りません ❓ 』 1人の女性が 声掛けてくれた。




帰り道 国道10号線に外灯が 灯る。
 



橋の向うの小高い山上に、まだ 澄んだ 青空が残り、

  白い雲が、今日一日を名残惜しむかのように・・・


懐かしいなぁ~~~

 こんな風景を 再び見る日が来ようとは~~~


  ❝ 母さぁ~~ン ❣  


 大声で 叫びたくなって、涙が 込み上げてきた・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白水の滝 (前

2016-08-23 01:27:24 | Weblog


21日(月)のお弁当

 今日は娘は午前中なので ✖ 孫娘だけなので <サンドイッチ>

 風は無いけど、涼しい朝です。


     ∻       ∻       ∻




一枚岩;岩盤は、小さな川にまで続いてる。







水飛沫が架かるのだろう~~

 日照の続く「大分」でもあるのに、夏にキノコが生えてる・・・







家族連れで 川遊びを楽しんでる。



飲用可の水源みたい。





太鼓橋 渡って~~


一枚岩の上を、滑ってゆくように~~~



 孫息子;海史君。

ワンコの「陸」一緒に連れて登って来たんだけど、 実は・・私・・・

  胸の肋骨の近くの軟骨が 骨折してるようで・・・

 〚 マルゲーニ 〛とか ? 言うそうで・・・

今も、フとした時 痛く、鼻噛んだり、くしゃみすると響くので、

 ワンコの リードも引っ張れず、海史君に委ねて。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵手紙

2016-08-22 00:40:08 | Weblog
【真理】

    ( 箴言25章25節 )


      遠き国より来る好き消息は

   渇きたる人における 冷ややかなる 水の如し



「川崎」に住む友からの 絵手紙――――

   彼女 もう 幾つになるのだろう~~~~?

川崎の魚河岸の店に来られて、

  『社長さんは~~? 』 夫=社長のフアンでした。

 男性が 女性に優しいのは、世界中どこに行っても同じ。

    

  私には見せない笑顔を、彼女が来ると解れて・・・・


いつの間にか 私とも仲良くなって、絵手紙を下さるようになった。

 絵心の無い私にも

   『大丈夫 ! 書けますわよ ! 』

  道具一式揃えて下さって、家に来て 教えて下さった。

・・・けど、

  私 その後 一度も出したことも無く、眠ってる・・・・


 一年に2回―――  正月と盆。

頂いたものが 綺麗で、2枚と同じものは無く、捨てれず、

 「川崎」の家の トイレの壁が、画廊になってる。


今は「大分・臼杵」の家での生活なので、画廊らしき場所が無く、

 いつの日にか・・・自分の住いが確定したら・・・

    また 眺められる場所を 作るだろう。


現代は、

 メール & フエイスブック で 繋がってるので、

   手紙出す人が  少なくなってる。

その理由もあるけど、 原因は、⦅郵便局⦆にもあると思う。

  開業時間が am9時~~
  開業日   土 ・ 日 休日

    ポストも 少なくって~~

わざわざその時間に、

  手紙出しに 行かなければならないほどの事でもないし、


此処数年―――

 宅急便の会社が ≪メール便≫やってくれてから、
  
  ちょっとした買い物のついでに 寄って、投函できてたのに、

    無くなったのを、「川崎」に戻った時知った。


<博多の人>に依ると、

  『博多には、早朝から営業してる郵便局があるんだよ。

    朝の散歩途中に 投函してくるんだ。』 


そうよねぇ~~

 全員が 土・日休まなくっても、又

  朝早起きが 得意な人も居るかも知れないから、

 希望を募って見て、再開してみるのもイイんじゃあナイのかなぁ~~


郵便の分野に進出した企業に、ストップ掛けるなら、

  その位の努力しても 当たり前だろうに ❢


小泉純一郎氏が、民営化させた時の 

  初めの意気込みは、何処に行ってしまったんだろう~~~?


想いを込めて 書きだす手紙・・・

 受け取る その時の 込み上げてくる 歓び・・・・


  私は これからも切手買って、

   唇で舐めて・・・ 封筒に貼って 投函する事だろう・・







コメント
この記事をはてなブックマークに追加