魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

フーテンの寅さんの宿;湯平温泉  2)

2016-06-30 00:57:36 | Weblog
(観光案内所)に 立ち寄ったら、覚えててくれて~~
    
    しばらく〚東京都知事の話〛などで 盛りあがって~~




(うれしの食堂)で、エノハの塩焼き注文して、
   
   20分位 焼き時間が係る間、川下まで散策しながら~~~



(特産みやげ金子商店)で、


   
  桑の木の変わった形の箸 買ったりして 戻り、

 
夕食も楽しみだけど、
   
 この店のご主人の腕 ❢ え~ちゃんと確認済みだからネ ❢
   注文したのは <エノハ=やまめ>だったけど、
    <ヤマメ>は時期の物では無く、冷凍で来てるから――って、
       今が 旬 ❢ の<鮎>に切り替えてくれたみたい・・・

     有難う ❣

  焼き具合、  姿、  塩加減、  イイねぇ~~❢
    
    もう こうなると 飲まずには居られない・・・
        日本酒 冷で 1合だけ―――



常連さん家族も~~



鯉丸ごと唐揚げして 餡かけで~~
  『美味しいから 食べて見なさい。』 と私にすすめて下さって~~

  遠慮なく 一口 頂きました。

ほろ酔い歩きで・・・





  (共同浴場;橋本温泉)に入って~~~  
       熱い ❢     15時40分



再び 石段の町を上りながら~~~




 きっと・・・車止めが有った跡だろう~~


昔は、BARだったような~~







大きな宿ー 今は  廃虚に~~~



左上が 今夜の宿。
 

やっと宿に戻って~~~








宿の前から振り返ると、今上がって来た温泉街が~~



  




急階段だけど、光ってて 綺麗。
  此処を上がって 右手が



 私の 部屋。

(大洞窟風呂)に入って~~~ 蒸し風呂・・・サウナのよう・・・





夕食会場――
   
  会場・・なんて言葉は似合わない・・・
  
 暖炉があって


 ロマンチックな BGMが流れて・・・
    ひとつ 1つ 手作りの料理が運ばれてくる―――



 
     
 今日は ビール飲まず、 日本酒で。

少し一段高い席に、 常連さんらしき男性 ひとり―――

  酔いに任せて・・・・
   『ご一緒に同席させて頂いても~~~』

温泉街の提灯に灯りが点り、
  
  川の水音に誘われて、
      
    土曜日にだけ開く 地元のBARへ繰り出す。

ウーン 残念 ! !
  
  今日はお客様が少なくて お休みだとか~~~
     
     2人連れ沿って・・ほろ酔い気分で・・・・

彼のお部屋 私の前だったのだ。
  
   『私の部屋に 来ません ❓ ❣ 』

     ・・・・そのまま・・朝まで・・・一緒に・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フーテンの寅さんの宿;湯平温泉  1)

2016-06-29 01:15:48 | Weblog
  2016年6月18日 (土)
     今日から「川崎」に帰ります。
   ________________

 「川崎」へ 今年初の 帰省となりました。
   
8月初めまで 滞在しようかと 計画してますが・・・
     
 どうなるでしょうか ?

その前に、
 先日 えーちゃんと日帰り入浴して来た(湯平温泉)で 一泊しようと考えて、
am9時02分の🚌で「大分駅」へ 出る予定でしたが、
   娘;順ちゃんが、
 お客様の所に営業に行くので、送ってあげる―――と 言ってくれたので、
     娘の出発に合わせて am9時40分に 家を出た。

ワンコ5匹―――
  門の所で 見送ってくれる。
   
・・・・ご免ね・・・1か月位居ないから・・・後の事 頼むね・・・・

「大分駅」到着しても充分な時間が有ったので、
   つまみ & ビール & お弁当も 仕入れて~~~




「湯平」温泉も 「駅」にも、何にもナイからね。


  
 チケットも 明日の分も合わせて 往復@2900円だったかな?
       
 無人駅だから―――




「湯平駅」到着したのは 12時10分。

 今夜の宿は ‟ フーテンの寅さん " 達が、1か月滞在してた宿。
     志美津  0977-86-2111

電話での応対も 宿での接客でも、
  物越しの柔らかい 人の善さそうな方々で、運営されてる・・・

  
そんな宿のご主人が、駅までお迎えに来て下さった。

【想い出の寅さんの 待合室】


  
 そう~~ 陸橋を渡らないと ならないのに、
  わざわざ私の為に上がって来られて、カートを受け取り、
          一緒に歩いて下さる~~~
   
 そんな 心 配りまでして下さって・・・・

お宿での受け入れって 凡そ 3時なのに、
  
『お部屋のお掃除終えてますので、どうぞごゆっくりなさって下さい』 と。

先回見せて頂いた <田中裕子さん>の 泊まった2階の部屋だった。




  眼下に
   <山田洋二監督>の泊まったお部屋――和庭園続き――が、見えてる。



今日は、此の温泉街の 周辺を、歩いてみようと計画してたので、
   pm 1時~~歩き始める。
     〔共同浴場〕も五つあるので、タオル持参し 入浴券も頂いて~~~



温泉街は,花合野川 かごのかわ沿いに在るので、上流から下流へと 歩く。



ペンション:花合野川の 前に架かってる 可愛らしい橋を渡り、左へ。


湧水が~~~




 少し急な 細い道を進むと、広い道路に出た。


      ==九州横断道路== らしい~~

そうかぁ~~
 
 昨年五月 pm 6時頃――
   
 「湯平駅」から見た 車の渋滞の ライトの流れは、
       
 此処を通る 車だったんだぁ~~~!?

あの日 雨が降り、霧が発生してた為
 
 ≪由布院ライン≫は通行止めとなったので、
    
 此のラインしか 抜け道が無かったって 訳かぁ~~~

  名前が凄いので、
   車の量も多いように聞こえるけど、数台 通過して往く位~~~


左折した先に(ゆのひら焼;一休窯)立ち寄ったんだけど・・・






此処までで 温泉街は終わり――



戻るようにして、(谷川神社)



 宿のご主人が、
  
『300段の階段があるので~~~』と 言ってたから、
        数えながら 上がって行ったら 187段だった。


    
 往復=300段? って 事だったのかナ?



そのまま進むと(薬師堂)




 
 元和4年、賢厳禅師が 共3人と養生に来てて、
   湯の効き目 新であったので報恩の為 小堂を建立し―――
        と、 古文に残ってる。

  明治13年の事―――
   (金の湯)全く 冷水となり、
     後 17日間大般若経を600巻転読し 奉修したならば 
         本日 復して 今日に至る。

 ・・・と言う訳で、今日は(金の湯)で 入浴券 使わせていただく。

=== 湯平温泉の源泉 ===
   
泉度 ; 80℃
   花合野川の水を加えて 70℃に配合してる。

     療養温泉の西の横綱とうたわれた名湯で、
       仏蘭西のVichy鉱泉と並ぶ――と、称されてきた。

   泉質 : 弱食塩泉
   効能 : 銀杏病泉

山道を進んだものの、
  
道の脇の草刈りの人達に出遭ったくらいで、先には何も無いので 戻り、 
    (薬師堂入口)から 温泉街へと 進む。





? ? ? 細い路地 ?



・・・・どうも 
    (山荘;松屋)さんか (宿潦ばん屋)さんの、
         お庭を 通り抜けてきたみたい・・・  エへへへ・・・




出た辺りから下り――

(金の湯)



 2つの浴槽―――



    
1つは、 とっても熱くって・・さすがの私も 入れなかった。
               
(13時45分~~14時05分)

此処から【石畳】が始まる―――

  享保年間=約300年前
    病魔退散を祈伏し、由布市の駆動三助が修復したのが 現在の石畳。



ン~~~~
 これは足の悪い人には 歩き難いね。
    坂道だし、  凸 凹だし、
        雨の後だと 滑るだろうから~~~~

石段の町の途中には、こんな古い・・骨とう品みたいな店も・・・・








  え~ちゃんと2人 歩いたねぇ~~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大分・臼杵」の家 ご紹介します  後)

2016-06-28 01:41:45 | Weblog
さて (和庭園)側に移りましょう。





ワンコが 走り抜けるので~~~




 春は、しだれ桜が~~~







(和庭園)の裏側に畑、  果樹園が~~~



 トマト;アイコ2本、  胡瓜3本、 しし唐2本、 茄子2本、











此処からは 果樹園です。。
 
  カボスが 沢山 実を 付けてます





 キーウイ―ですが、
   昨年 沢山切ったから 果たして~~~?


 あんずの木 2本。


 葡萄 2本。


 枇杷 【祝島】の橋部さんが 送ってくれた物を、植えて見ました。
   
   何本か育ってるので~~~或いは・・・・


 茗荷 ?では無く、 生姜だと思うけど~~~
   
  茗荷の苗―――「川崎」から持って行こうと思ってます。

3人ですから、
  こんだけあれば~~毎日食べきれません。
     こんな私でも 〚糠味噌〛漬けてるんですから❢

そんな訳で 昼間の時間は忙しくって、
   
  電話も取れないし~~~ パソコン打つ間もナイし~~~
 
 {大正琴}始めようと手に入れたのですが・・全く開ける間が作れません。

真っ黒に日焼けして、
  爪の中も 土がこびり付いて、シャンプーする事で 洗い落としてます。




これは 出発の18日深夜、
 
  庭に洗濯物干しに出たら~~~月が綺麗だったので~~~


 こんな「大分:臼杵」での生活してます。
  
   それでも 移住は、 もう少し先に決めようと考えてます。

 そう ホタルの写真撮れなかった・・・のは、残念です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大分・臼杵」の家 ご紹介します  前)

2016-06-27 01:59:18 | Weblog
今日は 「山梨」へ 桃刈りに行ってきます。


     ∻        ∻



「大分・臼杵」での生活様式をご紹介しましょう。

門垣は、マキの木がお迎えします。




送って下さった手紙は、いつも此処で受け取ります。

 (最近は誰もが メールになって・・・淋しいですね)

 門扉がキチンとしてからは、ワンコの逃走劇も無くなりました。



玄関まで踏み石が 20――
  今の時期は 紫陽花が~~~


  
  松の木も有るんですが、庭師に 手入れをお願いしてきました。
    
   私には どうやって切るのか? 判らないので~~



  自然文化財の<金名孟宗竹>が植わってます。
   


   これは 此の春に成長した竹です。


  
ワンコが出入りしてたので、全部 擦り減ってしまってんですが、
  
  苔が生えはじめて、やっと しっとりした感じが出始めてます。



百日紅の木ですが、 全部で3本植わってます。


 庭の最奥に 私の車、止めてあります。

  右手が (和庭園)
     次に紹介しますね。






 南側の垣根。 黑い枠の中で 野菜を栽培してます。


オクラ ・ 大きなトマト


 サラダレタスが終わり、 右手にルッコラ、 新聞の下が三つ葉。


 ハーブ、  ニラ、  大葉。


 メダカ。
  
  娘が 面倒見てるので、卵から孵化させて~~
     ボウフラも湧くけど、大きなメダカの餌になってるみたい~~~
 
 蛙が殖えましたよ。



 春は花壇でしたが、今は 赤紫蘇が~~~
    
    塩漬けにして おムスビとかに使ってます。


  ウドの苗木 植えました。
    来春から タラの芽の収穫が出来そうです。


 
 家の全景  ==私が 一番いい部屋を 使わせてもらってます。


 
燕の巣があって、
 
   何年も空き家になってて~~~

 やっと 我が古巣にもどってきたのでしょうネ、
   
  壊れた巣を リフオームして棲み始め 3羽 産まれたようですが、
  
   アンマリ泣かないので 初めの頃は死産? かと思ってた位 
      
       お腹が満足してるんでしょうね。

  ミミズが 沢山いるから―――


けどね、
 
 親が2は羽では無く、3羽で行ったり来たりしてる・・・・
   
   芸能界流の 【三角関係】 だろうか~~?なんて言ってます。

 燕の糞が 車庫や 洗濯物に付くので、
  
   娘が、風で吹き飛ばされて壊れた傘を 逆さまにして吊ってます。

 素晴らしい アイデア―――
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

≪JR九州ウオーク≫参加し 【耶馬渓】へ  (完)

2016-06-26 02:40:17 | Weblog
けど・・・・不思議なんだよね。
  

 前日 午後、 「ここを歩こう~❢」と 心に決めた時、

   【靴】  左側が なんとなく 緩くって、
   
       ゴムか ガムテープで 止めて歩こう~~と、
        
           思いの中で 決めた時―――

その時 ―――❢

 私の目線に 【輪ゴム】
    
    茶色の 丸い しっかりした物が~~~ ❢ 

  拾って~~
    
      それを 今❢ 靴に 嵌めている。




30代 宗教組織に居た時の事―――
 
 若い人達が 派遣されて往く地域には、何もなくって~~
   『演壇上に 譜面台が欲しい~~』 と望んだので、
        私は 直ぐ OKした。

 然し その頃は 今のように裕福では無く、
   子供達にさえ 押さえた生活させてた時期だった。
 
     それでも 何とかしてあげたい・・・そんな気持ちが高く、

彼らが出立する日が近くなっても、未だ準備が出来ず・・・・
  
   今更 『お金がナイ 』 なんて 言えナイ。
     
       心が 痛んで・・・


フッと 目を向けた所に、 必要とする物が 有ったのだ ❢ ❢ 
  
  そう~~ 今日の~~ 今と同じように―――❢ ❢

  
    ❝ 求めよさらば 与えられん
        尋ねよさらば 見出さん ❞     【真理】

  邪悪・ 野心ある心には 与えられない―――
  
     完く 【素】である時―――
     
         究極で与えられる―――

それは 何時 ❔    どんな時 ❔
 
  【極】の到来まで判らない―――
    
      それが 信頼なのだろう――― 信仰なのだろう―――


 イエス・キリストが 杭上で、最後の瞬間―――
  
     この瞬間 ❢ ❢
  
        それが神への信頼・  信仰の証―――



私は未だ 【究極】を知らない―――
  

  そこまでは 【体験】・・・かも・・と、 考えてる。

     けど・・・ホンとに・・・チョッとした事が・・・・

40分間、
 
 誰も居ない―― 気配も感じない―― 
    

    たった一人だけの刻を、そんな事考えながら下山して、
  

汗 だくだくに~~

     一昨日歩いた (青の洞門)の重要さが、
      
       自分の中に 充満してくる。

神・創造主を知らなくても、
  
 人の為に 命を燃やした、禅海和尚―――
    
    ○ 創造主を知ってたのだろうか~~?
    
    ○ 私の属してた組織の 見解なら「復活」は 無いのだが?
 

   そうした 見解が ?
         私には 理解不可なのだが・・・?

そう~~
  今なら もっと素直に、
    神・創造主の前で、物言える気持ちになってる 私―――



  心も・ 思いも・ 身体も 何かスッキリした気分で
  
212号線をまた 走り出すと、






(耶馬渓橋;オランダ橋)が直ぐ。



 
   日本唯一の8連アーチの石橋
     長さ; 116m

車で渡れるので、


 
   橋の上から 向こう側の車道を~~

     ゆっくり 進むと、行った先に自家製パン所が。


まだ 昼前なので、212号線を進み (八面山)へ。



今夜の宿;金色山荘 かねいろさんそうに 泊まろうか~?
    
 と 考えて、料金聞いて  ビックリ❢
  
    ひとりだから・・ @18000円   イヤダぁ~~~

だったら昼食だけ頂いて 他へ。
 
  { 古袱紗弁当 こふくさべんとう }注文 @1550円




  
    見た目だけで 何の特徴も無いし、美味しくない、
        
        宿泊も止めよう~~


(八面山) 標高;659m
 
   山頂まで 16の急カーブ連続。
     
      その上 霧が濃く、 山頂は 雲の中に隠れてて見えない。







山頂には 車が2台停まってたから、登って来た人が居るんだね。



木々の間から ホンの少しだけ,街並みが~~~


濃い霧の中、
 
     連続の 急16カーブ、ノーブレーキで下山。

下りきったT字路を右折し、坂道を登る途中にある、
  
   (神護寺涅槃像)を ついでに見て来よう~~














大きな石に刻み込まれた 釈迦入滅の姿 
    全長 ; 7,88m
    高さ ; 1,4m
  西日本有数の大樹さを誇る、 1972年に完成。



日本庭園の中に 沢山の仏像が設置されてて、美しい寺でした。



素直に道なりに走ってたら (国道の駅・中津)に出てしまった。
  

まだ早いし~~
 
   今夜は(山国や)さんに泊まろう~~~ 安いから。
    
      そう考えて走ってる間に、

  ―――何も 戻る事ナイヨ―――  一日早く帰ればイイ事だし。

レンタカー会社に連絡したら、 『イイですよ。』
  
  そうだよね。
    私の希望だから 返金する必要も無いわけだから。

15分も走っただろうか~?
   ガソリン満タン 12.7ℓしか 入らなかった。

「中津駅」まで送ってもらい、
   
     「大分駅」迄 ≪特急ソニック≫で 約1時間。

pm4時到着し、
pm4時48分の🚌で 家の傍まで。
pm6時 ピッタリ !! 到着。
   

  娘・ 孫娘、出掛けてて留守でしたから、
  
 橋の上から ワンコ5匹の名前呼んだら・・・
    
      門の所で 並んで 出迎えてくれた。

1日早い帰りに『何か有ったの ?』 と 心配そうに聞く2人。
  
  『専さんが帰って来てくれたので、助かったァ~~』 って
    

      まあ~喜んでもらえるだけで、

ヨカッタぁ ❣ 行って来れて~~ ❣
   
   費用 = 62070円
       
       宿泊費が高いと かかるね。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

≪JR九州ウオーク≫参加し 【耶馬渓】へ  (7)

2016-06-25 02:24:12 | Weblog
昨日は、「秦野市」の銀八鮨を訪れて、楽しい時間を過ごしました。

今日は、夕方から「横浜線:成瀬」の大貴に、ジョーと2人で飲みます。

 長男の丈二 では無く、

   電話の仕事してる❔ 間もなく30年位になるのかなぁ~~?

 社会に出て、初めての仕事を受け持ったのが 私の会社―――だったそうな・・・

  現役―― それも 一番 脂の乗ってた頃だったから―――
  
    イッパイ叱られて・・・それが今 ❢

  こんな付き合いする様になるなんて・・・思っても見なかったねぇ~~


        ∻      ∻      ∻


212号線に戻り、左へ行くべきなのに 右折してしまい・・・
  
アレ ?
    途中から見た事の有る景色に 気ずき、
       
Uターンして (青の洞門)に向かう。


 雨は スッカリ上がってるのに、陽が差す気配がナイ。


 
 

5日(日)は 観光バスが来てて 賑やかだったのに、
    
 今日は 車も 人も 指折り数える位~~~



(競秀峰)とは、福沢諭吉が名付けた。
  
此の景観を残したいと 自分の私財をなげうって,守ってきた そうです。

改めて見上げながら・・・・




 最近の事、鎖場から男性2人落下し、
   
一人はリュックが木に架かり 助かったそうですが、
      
そんな出来事が有ったので、
        今は、此の道 通行止めになってます。

歩く―――
  

そう決めて 徹してたから 身軽に 。

 約70分と 掲示されてたので、
  (長岩城)の所から持ち返った竹のストックを頼りに 歩き出す。

標高;117mの台地。

薄暗い石段から始まり、
  
 直ぐ急傾斜の 登りとなり、
 
禅海和尚達の時代の 「鎖場」と 言われてた自然石の階段、
    ]
山道の連続。

左手には 最近通行止めとなった「鎖場」への道が見えてます。
    
 それを横目で見乍ら・・・
   
緑の苔が生え、その上 朝まで降ってた雨は、地を湿らせ
     
落ち葉が ヌル味を加えてて、滑り易い。

 それが 分岐点まで続きます。
    傾斜も 60℃位あるだろうか ~~?

誰が置いたのでしょう・・・





分岐点ですが 
   此処から 左に進みます。







給水場も在りました。





ブルーのラインの入った 地質の 洞窟崩れのような場所も~~
  
そして・・・
     道幅; 30cm位。 
         
左側は 崖。   そんな危険な場所も~~


 
一歩一歩 足を踏み慣らすように進め、
     
少し 行き過ぎた所―――道を誤って―――
         
 其処は 【鎖場】だった  ❢



展望台になってるんだろう~~ けど、







柵も 標示してるものも無く、





90℃視線下には足元には (青の洞門)の入り口が~~~
  

足がすくんで・・・・
     
 ブルったよ ❢

山歩き用の靴ではないから 特に 気を付けて~~~


其処を過ぎると 後は急な下りの連続。
   
私の靴底に 竹藪の笹は、まるで滑り台のよう~~~







何事も無く歩いて来れて・・・・


下山して さっき通って来た あの展望台を仰ぎ見て・・・






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

≪JR九州ウオーク≫参加し 【耶馬渓】へ  (6)

2016-06-24 01:20:20 | Weblog
      6月7日 (火)
     _________

よく眠れた。

  温泉に浸かり、(耶馬渓;一目八景)  眺めながら~~~

今日は 曇りだね。
  
   宿泊場所決めてないので 何処にするか? 



am8時半出発。
 
 山を越える間、霧雨が大粒に当たり ワイパー付けっぱなし~~
 
もしかすると・・
   
   今日歩こうと思ってる所――難しいかも。


212号線から左折し、2号線に入って(長岩城址)
  
  まあ~~(城址)だから 
     
    大した所じゃあナイだろう~~と思っていたのが・・・


田圃の向うに 幟が立ってるのが、山上に向かって数十本も 揚がってる。



 その上 立札には、
     
   # 一日がかりで登山の準備して~~
          

 そう 記されてる。
   
    そんな意気込みで来た訳ではないので・・・
       
       どうしようかぁ~~~? 

車で移動中 
  
  あんなに降ってた雨が スッカリ止んで、陽が差し始めてる。
 
 天気は回復してるけど・・・
   
    1日がかりでまでして 上る気は・・・ないし・・・




幸い、
  農作業してた女性が 教えてくれた。

 『「本丸」へ行く途中、石垣と 川が在るから、其処まで行ったら~?』

  『ひとり~~イ ❓』
   
        1人で入山する人は 居ないらしい~~~。

 『鹿とかも 出るし~~  気を付けて~~』 と。










(長岩城)
 
 地方豪族の 中世山城としては 大規模であり、
   
   石塁や砲座などの 石積の構造物が、数多く残ってます。

  特に、銃眼の有ったとされる石積櫓は、
     
   石造りの櫓としても、覗き穴の設置としても、
    
      我が国最古のもので、全国に類例を見ない貴重な遺構です。   資料から







(三日月塹壕)



(二之城戸) 今でも 堅固な石垣が続き、
  
   流れてるのは 川では無く、渓流だった。





橋は無く 石伝いに渡るのだが、
  
  雨後で巣量が多いのだろう~~
      
     岩は隠れてるし~~ 苔で滑る。

 ウ――ン・・・ どうしよう・・・?

  
【屋久島;尾之間蛇の口】での体験が、今も記憶に生きてるからネ ❢
    
       止める ❢

鹿除けの柵が 張り巡らされてるので、
   
   出入りの度 鍵の取り外ししたり~~も   面倒。

それでも 雨は上がって、一瞬 陽が差し始めた。

 竹のストック 用意されてたの 使って、返す? 
  
   借りたままで 次の為に1本 車に載せて 出発。



九州には500以上の【石橋】が存在する―――
  
   その中の1つかも・・・・

また来た道を、212号線まで戻り、左折し、
  
  昨日も見た(馬渓橋)を ゆっくり渡り(平田城址)へ。


(馬渓橋)



  車が通過できるほど まだ堅固ですが、
    
   左側の欄干が~~
     
     ところどころ落下してて、ロープで補助してありました。



(平田城=白米城 まつたけじょう)とも 言われてる。
  

   



 建久年間 1190~1197年、 長岩城主;野仲重房が築城。

  天正年間には、平田掃部介 かもんのすけが 城番として居城してたが、

天正15年 1587年
  
  黒田官兵衛が入国すると、野仲鎮兼 しげかねが 籠城して対抗したが、
   
 攻め落とされて、
    
    戦功のあった 栗山備後守=善助に、
      
       野中氏の旧領60万石を そのまま与えた。

其の後、
  彼が城主となり、

   その時代の石垣の一部も 残ってる。
   
      長い石垣は、草が繁ってて 判断しにくかったので。
  




  ❝ 中津で 天下の夢を見た ❞

車でも入って往けるよう 道を歩行者用と分岐してたが、
  私は判らなくて 歩いて登ってて、帰途、車道から下山して来た。


城址の対面に岩山が聳えてる===立留りの景



250年前の夜半、大音響と共に岩山が崩れ、此の景が出来た―――
 

 此の山と 「山国川」との間の地に育つ {竹林}は、
    
   【尺八竹】と言われ、 虎模様が入ってる。


【尺八竹≫になる条件は―――
   3ツの寺 == 平田の西浄寺
           戸原の円徳寺
           岩屋の久福寺
   
   馬のひずめ == 日田中津街道を走る 馬のひずめ

 ☆彡 江戸城刃傷事件を起こした 浅野内匠頭を、
  
  背中から羽交い絞めにして 浅野家から恨まれた 梶川興惣兵衛が、
    
    浪人になって、此の地で 【尺八】を造ってた・・・と。

    
       # 兵どもの 夢のあと #

   
         訪れる人も居ない―――



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

≪JR九州ウオーク≫参加し 【耶馬渓】へ  (5)

2016-06-23 01:48:51 | Weblog
少し 間が空いたので、前のブログを開きながら、継続して読んで下さい。


     ∻        ∻  ∻



再び 212号線に出て 左折。
 
「日田」方向に走ると 〈道の駅;やまくに〉
 
レストランでは、 地物野菜のバイキング;ランチ @650円
   
    野菜だけのおかずに @650円は・・・ねぇ~~~

だったら お弁当の方がイイ!!
   
ビール1本買って、休憩所で 一休み。
      
 とってもイイ味付け & メニューでした。
  
      残したのは、⦅🐓の唐揚げ⦆だけ―――


喉に染み渡るビールの 心地良さ ❣
  
30分程 休憩し、 (奥耶馬渓)に向かう。

(魔林峡) 



(猿飛千壷峡)





   これは(黒部渓谷)の方が 雄大でしたが、
      一応見たので 戻りながら、

途中に在った (ぬるぬるの湯;なかま湯)へ 立寄る。 @300円




  PH; 8,97
  泉度; 38度
    温めだけど、ネットリした湯は、出てからも汗が引かない。 
   
    

 20分も 滞在してなかっただろう。

212号線を戻り、
 
 目的地の手前 (旬菜館)有ったので、寄ってみたけど、
    大した事無いので、直行する。

(耶馬渓ダム)挟んで 2つの道がある。



 今朝、 間違って入って行った道とは 違う道を選択。



道幅も狭く、
  
 向こう側の道より、ズ―ッと高い場所を走ってる事が、
     
    目で観ても 判断できる。

(耶馬渓アクアパーク)
  
  ダムの一部に作られた リクリエーション施設。
     
      兎に角 綺麗です !!



細いけど、慣れてしまった走りなので、
 
   眼下に向こう側の車の走りが見えるのも・・・ 快感 ❣



こんな場面も~~

 けど…それも・・

途中から NO。
   
〚中津日田道路〛の工事中なので、橋を渡り、28号線を進み、
      (深耶馬渓)に入ります。

   今夜の宿 ;鹿鳴館 0979-55-2025

地元としては著名な宿なのだろう・・・が、今は 寂れてて・・・

 レストランは営業してるけど、
   宿の方は 鍵が掛かってるので、その間 散策道を~~~














お部屋に案内されたら~~~





  (深耶馬渓;一目八景) そのまま ❣ ❣ ❣

なあんだぁ~~!

 こんな近くで見えるのなら、何も 散策道入って往かなくっても~~









夫婦岩・ そう見えるわね。



岩山の 緑の木々の間に 赤いもみじが~~
 
『紅葉に花が咲くんです ❢ 珍しいので TVでも取り上げられたら、
   
   人の手の届く所の木は、もう 誰かが~~~ 
     
       で、届かない高い所にだけ、何とか~~~』
  
 わざわざ ご主人が、説明して下さって。
   
    紅葉に花が咲くとは―――初耳です。 


静かで 渓谷の水音が うるさい位~~~
  
 ウトウトしてたけど、
   
  片付けして 温泉に入って、飲んで 食べて~~夕食に~~


此の宿―――
 
 まだ 有名にならない若き頃の 松本清張が訪れ、

   此の宿で起きた事を題材に 執筆してた~~~と、
      
      新聞の切り抜きを 額に入れて~~~



どうりで 床の間なんかも立派よ。



  『肉も 海の物も、有りません。 食事は山菜だけです。』

 ご主人が そう話した通り
   
    少し 控えめに言ったのではないかと 思ってたのが・・・




   ◎ 自然薯=3種   イイえ 追加されて 4種に。
     
      ✮ そのまま 山葵で  ※これが一番美味い と感じた。
      ✮ 一般的なだし汁でのばして
      ✮ 地元の食べ方= ポン酢で
      ✮ 油で揚げて だし汁かけて

 自然薯だけ?

   さすがに・・チョッと・・・

   ◎ キノコ・ 竹の子・ 蒟蒻・煮物
   ◎ 柚子味噌
   ◎ ぜんまい・ 胡瓜の酢の物
     
      ※ ぜんまいには、 酢の物 合わないね。

日本酒 2合 熱燗で。 
  
  最後に、冷たい蕎麦―――
     

     熱い方が ヨカッタ。  
        温まる食べ物が 何一つないから。

話好きのご主人の会話が続き、
  
   人の希望 聞いてないみたい・・・

静かに刻は流れ・・・
 
  宿泊客 私 ひとりで、
      
       此の大きな館・ 温泉も 独り占め。

入ってくるのは・・・
  
     虫・ と 蚊 ―――

  いつの間にか・・・zzzz
    
     TV付けっぱなしだったョ~~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと・・今日から

2016-06-22 18:36:22 | Weblog
お待たせしました。

 19日 (日)予定通り「川崎」の家に 着きました。


半年以上 留守にしてたので、どんなに綺麗にしてても、それは・・・・

 3時間かけて終え、夕食は大好きな(大桜))の、ラーメン食べて、


 20日 (月)予定通り「役所」関係を巡って、一通りの手続は終えました。


さて、今日=22日 (水)

 昭JIJIが訪れてくれる日―――――

パソコン 教えてもらって、

  ※ 昭JIJIって 凄い ❢  ❢ 
  
  兎に角 私には何を言ってるのか?  判らない事ばかり・・・・・

 でも
   
  こんな私にも 嫌がらずに教えてくれて・・・  有難う。



たった今、帰ったけど・・・・・

  チャンと 家に到着するだろうか・・・?

    気になってる  私・・・・・


 そう~~~飲んだから・・んね。


だって、会話が弾んで 途切れることがナイ  んだよ。


    けど・・大丈夫だろうか・・・?


   お待たせしました。



 昭JIJIのお蔭で、明日から 開ける ブログ――――


  























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しばらくの間・・・・

2016-06-16 00:56:59 | Weblog
そろそろ・・・川崎に帰る日が 近くなりました。

 トランクにパソコン詰めて 送るので、ブログも今日まで。

19日 夕方には家に戻りますので、 20日から再開します。

 半年 帰って無いので、先ずは 大掃除終えて~~~


20日朝 9時には、川崎市の🚌チケット購入に~~

21日は、横浜の女友達と「野川寿司」へ。

22日は、昭JIJIが パソコン教えに来てくれるので、

   終えたら・・・と言うか・・・早く終わらせて、飲みたい  ❣

24日は、「秦野の銀八鮨」へ。

25日 ジョーと 夕方から「横浜線;成瀬駅」待ち合わせて
    
      大好きなお店= 大貴へ~~

27日、山梨へ 桃狩りに~~

29日、東京大田区蒲田小学校の時の 優等生=蒔田さんと再会。

7月1日は、川崎市の健康診断=小林外科に~~




 此の一週間   其の次の一週間も、予定が入ってる。


7月の 第2週に入ったら
  
     少し 遊びながら 出掛けたい って、思ってる。


      ∻        ∻


 いつも私の 他愛無いブログ読んで下さって 有難うございます。

  結構やることがあって 忙しいけど、

    ブログも 自分の思う事を言えるので、楽しみの一つです。

 【耶馬渓の旅】 続きますので 待ってて下さい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加