魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

九州ローカル線の旅 14

2015-05-31 02:08:46 | Weblog
「立野」
 
  ≪豊肥本線≫ pm2時34分発で「肥後大津」へ。 @250円

   

 まだまだ早いので、 古い歴史ある町並みを歩く。

   進行方向、

     一般道路と並行して


  立派な木造の屋根のついた門が~~~




 
 
 江戸期、
   
   熊本から 阿蘇・大分鶴崎に向かう豊後街道の経由地で、
     
     参勤交代第一日目の 宿泊場所だった。

   
   〔九曜の紋〕が、屋根瓦に 並んでる。
     
           細川藩の施設である面影を残すものだ~~と。



(上井手用水 うわいでようすい)



   元和4年=1618年、加藤忠広が着手し、
   
   寛永14年=1637年、細川忠利が、19年の歳月をかけて、
               
             開削した堀。
          

           現在も 農業用水として活用されてる。






    
    此の堀に架かる  2つの 石積の橋。


細川忠利氏が 此の用水の周りに作った、町並み=塘町筋 とうまちすじ








    残念ながら、小さな堀に 水が流れず、汚れてる。



 
            

駅の隣の踏切、通過しようとしたら
     
   チンチンチンチン・・・と 鳴りだして、

      
     何十年振りに・・・ 鳴って・・・
        
         遮断機の下りた踏切を 渡ったョ。



  今日も一日 よく歩いたぁ~~~

    明日からは、初めの予定表に戻って 進行する。

 
「阿蘇下田城ふれあい温泉」で、
   
   宿泊場所;垂玉温泉・山口旅館までの
       
        のりあいタクシーが出てる事を聞いたので、
           
             予約入れておく。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 13

2015-05-30 00:59:11 | Weblog
100日間の旅を終え、8日間が忙しく過ぎて、
  やっと平常な生活ペースに戻った午後、

 陽射しの高い中、風呂沸かしてのんびり浸かりながら・・・
    フッと感じたのは、

  「家」と「旅先」の相違―――

    ❝ 我が家は いいなあ ❞

◍ 三面鏡があるので、髪の手入れ
    ○ バックラインに黄色の毛染め
    ○ カット
◍ 明日、此処を引き払わなくってイイ
◍ お金払わなくってイイ
◍ 荷物纏めなくってイイ
◍ 洗濯=コインランドリーまで 持ち越さなくて、毎日洗える
◍ 明日の事考えずに ビール冷やしておけるし、好きなだけ飲める
   旅先では、持ち歩くのに重いし、温まってくるけど、
      飲みたい時に欲しいし・・・
◍ 数ある洋服を、好きにコーディネートして楽しめるし
◍ 好物のみ 作って、好きな時食べれるし
◍ 雀が窓辺に遊びに来るし
◍ ベランダで 裸で過ごせるし
◍ 時刻を気にする事もないし
◍ ・・・・・・・・

 まだまだあるんでしょうけど、
   
   思い浮かんだことを ピックアップしたら・・・
       
     こんな、何気ない・・平凡な事ばかり・・・だった。

何処に居ても、私は私・自分自身―――
   
  6月4日から18日まで、又・・・
    今度は≪山陰地方ローカル線;第二弾≫


   ∻    ∻    ∻    ∻    ∻





「白川水源」

   私と 同じ世代の女性2人、
     
     電車が入ってきて、発車のベルが・・・・・



  
  其処へ 慌てて駆けつけてきた 2人の20代の女達。
    
      ドアが閉まる寸前だったので、声掛けた――

    『早く乗りなさい~~~ !』

 
  ドアが閉まり発車。

    『「高森」行ですね?』
    
    『エ ッ ? 反対だよ !』
    
    『 ?  ? 』
  
  その内 ボソボソ つぶやき出した。

   
    『早く乗りなさい~~!って言ったから~~』 だって ❢

    『ローカル線乗るのに、時間も調べずに 乗ろうってのが、
         
           可笑しいんだよ ❢
       
         人の所為に するんじゃナイよ ❢ (怒り)』 


  次の駅で下車すれば~~❢
     
      一駅なら 歩いたって、どうって事ナイさ ❢  


    ~~~にも拘わらず
      
        1人の女の子、 下車しようとせず、座ってる。

    『下りないのかョォ~~ (怒り)』

 

 グズグズ人の所為にしやがって、 ふざけんナ ❢  

   
 ―――こんな事が あったのサ―――

        2人の同世代の女性達、頷いてた。





    
      駅舎が~~




 「阿蘇下田城ふれあい温泉」 下車、  私1人。



    目的は、温泉入浴。
   
        泉温;40℃位、  女性客;3人、

      浴槽も、 脱衣場も 狭く、
  
  
  2時間予定してたけど、長湯できるような所ではないので、
      
        pm2時01分発に 乗車。

 然し、此の駅で 
  
   明日宿泊する宿までの 交通便の情報を 得られたのは、幸いだった。





韓国からの観光客用に、
   
   通常の1車両の後ろに、トロッコを連結して、
      
        4車両になった電車が入って来た。






  「立野」から ≪豊肥本線≫が、スイッチバックする 
       
       その線路が 見えてる。




終点「立野」下車。
  
   折り返しの電車にも、外国のお客様が 列を 作って待ってる。


 立野ダムの建設が 行われてるけど、
   
    内閣が変わるたび
        
        『決行する ❢』 『決行しない ❢』と、
             
               目まぐるしく 変わるそうだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 12

2015-05-29 02:49:01 | Weblog




(白川水源)





   地底から、ボコボコ湧いてる水源は、
   
     緑が生い茂る森の中・白川吉見神社境内に あります。




      ‷  水清くして 魚棲まず ‴

        ・・・・って、言うけど、魚生息してる。

  
    毎分;60トン、  水温;平均14度、 
     
           飲んでみたけど・・・ 普通の水・・・


此処で体験しようって思ってたのが、
    
    湧き水使った 和紙の手漉き――  @800円 葉書2枚分。




  
       乾燥させるまで  約15分で完成。





 物産館に立ち寄って、
   
  名水饅頭=福岡県秋月の葛の皮に こしあん包んで 凍らせてある。

     森林の中は 少し 寒く感じる位。





 
南阿蘇村を1車両の鉄道が・・・・
      
     まるで、 鉄道模型を見てるみたい。






 「白川水源」12時58分発で




   
    「阿蘇下田城ふれあい温泉」まで  @290円




(ホタルの里)に 水車が~~~








  
 「白川水源駅」内にCAFE、  ジャズが流れる・倶利伽羅。
   



    ハンバーグ注文したが、時間的に❔
         
       ペペロンチーノに変更。  @780円

   
     残念。 麺茹で過ぎ。
       

        塩味がナク、 決め手のナイ、 のっぺらぼうな味。

 
   食べ終えて・・・・三分の⒉残した・・・
     
       評価の言葉 出したよ。

        
         『茹で時間2分 多い事、
          
             塩が 効いてナイ――』 とね。



風も強く、白い雲が山にかかり始めた。  下り坂だね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 11

2015-05-28 02:22:57 | Weblog
       4月9日 (木)
      _________

am5時半まで ぐっすり。
 
 何もやってないので、紀行文整理して、これから支度にかかる。

   
    窓から陽が差してる。  今日も快晴。


「肥後大津」
    ホテルから 2~3分。


   
     開通100周年の垂れ幕が~~


am9時23分発





  
   ≪豊肥本線≫「立野」 @250円
     
       沿線は,茶畑や 芽が出始めた菜が~~~






「立野」下車。



   
  小さな駅舎≪南阿蘇鉄道≫まで、10歩。



am9時44分発。
   
    小さな1車両に、イッパイの中国人ツアー客。




  白川渓谷トンネル 2つ
    
     其処を抜けたら、60m下が 白川渓谷。






中国人ガイドと、 運転手さんも中国語でガイド。

   ウルサイ ❣   賑やか ❣  


    出ますよ~~出ますよ~~ォ、発車しますよ~~ォ ❢
       
         がなる 運転手さんの声―――

    

       聞こえるのか ❓  知っててなのか ❓

         騒がしい声に 掻き消される。  


「阿蘇下田ふれあい温泉」 駅に温泉  がある。



   
     夜峰山が~~

日本一長い名前の駅

 「南阿蘇水の生まれる里白水高原」 標高;424.6m

     沿線に咲く菜の花が 鮮やか! !






(吉田城御献上汲み場  )此処の水で入れた茶 GOOD❢




(明神池名水公園)  此処の水飲むと、子が出来る~~と。
         
        中心に河童の像が~~~





「南阿蘇白川水源」下車。   @450円
    
     あ~~~ うるさかったぁ。 

    レンタサイクルあるけど、鍵かかってるし~~
     
         何処で手続きすればイイのかなぁ~~

 
   歩くしかない。
    
     10分も歩けば到着。   協力金@100円だって。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 10

2015-05-27 01:06:14 | Weblog
菊池渓谷と沿うように、九州自然遊歩道が続いてるが、
    
   其処へ出たら、歩いてる人達に出遭う。

 
 1時間コース歩いてたら、
    
    こんなにゆっくり見ながら 歩けなかっただろう~~



 入口で、岩魚の塩焼き と、地鶏焼き売ってたので、1本頂く。
   
     油が乗ってて・・・
  
    魚のしっぽの方は、
      
       秋刀魚もそうだけど、味が薄いので 残す。


12時
   女性ドライバーがお迎えに来て下さる。
     
      出発点の物産館前で下車。  @900円
  
   
    下見してあった 柚子胡椒と 
      
       昼飯用の 巻鮨買って、宿へ戻り、
         
          『お部屋どうぞ 使って下さい。』


   お言葉に甘えて、ビール3本飲んで・・・イイ気分。
      
       乗り遅れないようにしないとネ。


pm2時29分、
   「菊池温泉」から「肥後大津」へ。

 ・・・・と 言いながら、
   
   案の上、深く眠ってしまってて、アラームの音に気付かず・・・
        
 
        乗り遅れて・・・・ト・ホホホホ・・・


pm4時29分まで無いから、又 近くを歩く。






 
(正観寺) 興国5年=1344年
    
    十五代菊池武光が 開いた堂で、
     
      室町末期の〔木造地蔵菩薩坐像〕が、安置されてる。



  
     堂の周囲に在る 20個の礎石群から考えると、
      
       非常に大きな建物だったと考えられる。











     朝の寒さが嘘のような 春日和の空の下、
      
       菊池公園を のんびり散策。














(菊池温泉発祥の地)も、見つけたし、



   さっき乗せてくれた女性ドライバーとも 再会し、
      
       2時間 何とか潰せたョ。



🚌はキッチリ 定刻通りに到着。  @610円



   今夜の宿;肥後大津駅前にある、 ルートイン熊本大津
        096-292-0611

  昨日、宿泊の予約入れておいたので、覚えててくれて~~~

   明日も泊まれば カート置いて歩けるので、連泊。


     大浴場にラドン温泉が 湧いてたぁ~~

   近くにイオンスーパーが在ったので、ミル貝の刺身買って、部屋で。
      
     何も 片付けせず、明日の準備もせぬまま・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 9

2015-05-26 02:10:52 | Weblog
(物産館前)から出る あいのりタクシー
   
   am10時20分に到着したお蔭で、 余裕が出来る。
        
       片道 @900円


ドライバーさん、一身上の事 話し始めて・・・
    
    3人のお嬢さんの事・・・
    
    交通事故で亡くされた奥様の事・・・  
    
    元・警察官だった事・・・
     
    下のお嬢さん、交通事故で瀕死のお腹から誕生した事・・・
   
      もう、結婚しないつもりだったけど、再婚してるって事・・・


聞いてる内に(菊池渓谷)到着。



     清掃料金@100円
  

 雨が降った後なので、滑るのと、 水量が多くなってる為、
   
    30分コースしか入れない。
       
        それから奥は、通行不可。



赤い橋を渡り、



(掛幕の滝)
   
  20m絶壁の落差を 流れ落ちる水爆は、
     
     台に張られた銀幕のように見えるところから、名付けられた。


【屋久島・屋久杉ランド】に生えてる 苔のよう―――










   細工した道ではなく、自然をそのまま生かしてあるので、
       
       ハイキング気分になれる。







 
  右手に渓流、
   
    左側には、せせらぎが・・・
     
        落下したツバキの花・・・



        真っ白いツツジは、まだ蕾。


【真理】

 創世記1章1節~~はじめに神 天と地を創造された
            
            夜と昼の光を分けられた      ≪第一日目≫

    1章6節~~海と大空の水を分けられた       ≪第ニ日目≫

    1章12節~~青草と種類にしたがって種を持つ草や木を創造された
                           
                             ≪第三日目≫

   
    1章17節~~太陽と月の創造が 光と闇を分けられた≪第四日目≫



 
 〖サイクル循環の事が、書かれてました〗

 

  地球誕生の頃、二酸化炭素で覆われてて、生物は住めなかった。
   
    長い年月の後、
      
      二酸化炭素を吸収し、酸素を作りだす植物が現れた。

  
        木は、大気中から吸収した 二酸化炭素と、  
       
           根から吸収した水分と、
          
          太陽の光によって【光合成】 成長し、
               
             酸素を放出してます。
     

  【光合成】とは、
     CO2(二酸化炭素)・ 光・ 水・ ブドウ糖・ 酸素


     
    ===自然界の営みを見、 肌で感じるとき、
          
          神・創造主の存在を、身近に想い抱ける===










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 8

2015-05-25 01:01:10 | Weblog
     4月8日 (水)
    __________

  am10時半、予約した乗合タクシ―迄、時間があるので、
   
    まだ巡ってなかったところを、歩いて巡る。




   御所通りを進むと、

(旧松倉家住宅主屋)


  
    個人の家では ありましたが、この街に重要な方が来られた時、
     
     此処の家で 接待した~~と云う記録が残ってます。



   
      高校の造りも、城下町をイメージして。


(菊池松囃子能場)



    元文3年=1736年まで 舞台だったが、焼失した為、
     
     寛政8年=1796年 再建した物。
   
      だが、当時の藩政節約の方針に従い、縮小されたものになってる。

(将軍木)





    樹齢600年の椋木=むくのき
      
      幹回り;8m、 根張り;東西に24m、 高さ;16m、
   
     北側は 大空洞となってるので、
     
        2個の鉄環を巻き、鉄の支柱で補強してあります。

  
  南北朝時代、
    
    征西将軍が 当時勢力のあった 菊池氏を頼り、
        
       北の地に、征西府を置かれた時の・・・
          
          それにちなんで(将軍木)と、名付けられた。

(高木医院)



    高木公久氏を 施主として、昭和6年施工された建物。


    
     玄関脇 2本の柱の 左に 蛙。
               
               右に 猿。の 石像が立ってる。
     
       病が 去る。
        
           早く治って 帰る。 ・・・の意味・・・



  まだ時間が余っているので、少し先まで20分歩いただろうか~~?





(迫間滝 と 迫間橋=めがね橋)



    文政12年=1829年4月竣工。
     
     隈府市街 と 西迫間、市野瀬を結ぶ迫間川に架けられた、
       
        長さ;36,4m、 幅;4m、 輪石数;64枚



 
    輪石数;64枚とは、 橋桁の内側の広い石の事。




      渓流 と 田畑 と 桜並木とが、懐かしい・・・
       
       子供の 頃  遊んだ風景が、今も 残ってる。



東京渋谷に雪❓

   今、この地は少し寒いけど、18度位だと言え、快晴。
       
       歩いてるのに 丁度イイ陽気。




    こんなベンチに坐して・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 7

2015-05-24 02:29:03 | Weblog
(菊池神社)は、守山城跡が在った所の隣。




  
  眺望は、菊池地区が一望。







     色とりどりの落ち葉を踏み〆ながら、
       
       人の通った気配のない 細い道を歩く先に、
           
            徳富蘆花の文学碑。

続いて(金毘羅神社)




    
  道の分岐があって・・・どっちに行こうかぁ?





       

   迷いながら・・・(東福寺)階段が続き、





  
   入口の門
    
     石段と石垣、  正徳2年=1712年の建造。



  
    下りきった所に流れのある堀 (築地井手)
       
      加藤清正が造ったと 言われてる。






  地図案内と反対方向へ進んだ先に(築地横穴墳)十数基。
   
   6世紀~7世紀のもので、装飾の施されたもの。



  この辺りから、一般住宅が在るようになってきた。





  
    井手を、 今も 生活用水として、活用している。



   
       麦畑が・・・


(築地井手)に沿って行ったところに
  
    (菊池能運公墓所)



・・・・ そして・・・運河。





  菊池温泉旅館のわき道を抜け、
   
    地蔵堂を通過したら、閉まってるスナック街に~~




  その奥 見覚えのある場所~~~
       
      今朝 歩いた道だった。





丁度pm1時。

  宿に戻っても 仕方がないので、明日の🚌の時間確認して、
       
    ランチできる店探すが・・・
    
   商店街はあり、店・  食堂・ 寿司屋もあるものの・・・
  
        食べようと思えないほど 不潔。  

 
 寿司屋なんか、
   
  カウンターの所で夫婦が作業してて、客なんか全く居ない。

      入ったものの・・・・
        
         直ぐ『イイ!』と 言って 出てきたよ。


 コンビニで ビール買って、
  
   イカ入り竹輪1本買って、宿へ。


  夕食早くして~~と お願いしたら、
    
    pm4時頃 提供してくれたので、充分。

   
       温泉 かけ流し~~~


     然し、これ以上ここに居ても仕方が無いので、
  
        
       明日予定してた(菊池渓谷)へ行って、
      
        「南阿蘇」へ出ることにする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 6

2015-05-23 03:30:53 | Weblog
      4月7日 (火)
     _________
 
今迄のローカル線の旅で、
  
 こんなにのんびりしたのは、初めて~~と 言えば聞き耳いいけど、

  
    要は、何もナイ――
       
      深みがナイ――
      
         だから、動いても 仕方がナイ―― だけ。

   宿は 私1人。
       
      全く束縛されず、気楽に 温泉三昧。
           
          イイ宿に泊まったと思う。


予定通り「菊池温泉」行 am10時20分発の🚌に乗車。

  山鹿町中を抜け、菊池スカイラインに~~~
     上内田川を渡り、443号線を🚌は進む。



         乗客2名。

  「山鹿バスセンター」から 走り出して「菊池温泉🚏」 @540円



此の運転手、 何もしゃべらん。
   
   ・・・・・で あるのに、
     
      ・・・途中から、左手 ハンドルから外し、
           
             何か・・・・取りだしてた・・・よ。

 
  飴?  ガム? 
   
      それが 何だか判らないけど、口に入れて モグモグしてたサ。


 乗った時、「菊池温泉」と 言ってあったから
     
    両替も済ませ、準備は 勿論OK。

 
   とっぷりと浸かってるよね~~
    

      一言も語らず、ハンドル握ってれば お給料になる。
        
        ~~~それが、
        
          怠惰に繋がってるのが 本人には、解ってナイ。


「菊池温泉」下車し
    今夜の宿;森山荘   0968-25-2705

      此処も たいして変わってなかったよ。


3泊の予定だったから、
   
   観光案内所に行き、
      
      今日と明日の行動を決めよう~~~



  (菊池渓谷)へは、 月・ 水・ 金、コミュニティー🚌がある。
     
     それは 明日にして、
         
       今日は歩いて行ける 所に。



  
    案内所の軒下に、ツバメが~~~

  此の地は、 《菊池一族の始まりだったのだ》



12時、音楽が流れる中 歩き出す。
   

    《菊池一族》という名さえ知らず・・・
      
       楠正成と一緒に戦った武将――― と聞いて、
           
           あ・そう~~と 思うだけ。


   観光案内所前から歩き出し、

(菊池武光公騎馬像)


   
    写真撮るのに、顔が何処にあるのか?
     
      探してしまった・・・・それにしても 高いから、
        
         見ずらい像だ~~~


見て~ぇ❣ ❣
   
   桜の参道・・・


      もう葉桜だけど、
         

         満開時、きっと美しかっただろう~~




  幅広の石段が 屈折しながら 200段以上続いて、
    
        辿り着いた所が(菊池神社)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州ローカル線の旅 5

2015-05-22 05:16:34 | Weblog
100日間の旅を追え、20日に 川崎の家に戻りました。

 パソコンが繋がらなかったのを、

    昨日 愛称;jyo が訪れて 繋いでくれたので、やっと再開です。


今日は、埼玉;越谷の友人=野口さんご夫妻のところで、昼食会。


 色々な出会いが 又 あって・・・

   楽しい旅でした。

❝               ❝
 女性;ふーてんの寅さん ❞     放浪の画家;山下清 ❞


  細かく文章に描くのは、何か勿体無い位・・・

毎日が充実してて、

  今日から打ち込み始めますので、コメント下さい。


      ~~~~    ~~~~


      4月7日 (火)
     _________
 
今迄のローカル線の旅で、
  
 こんなにのんびりしたのは、初めて~~と 言えば聞き耳いいけど、

  
    要は、何もナイ――
       
      深みがナイ――
      
         だから、動いても 仕方がナイ―― だけ。

   宿は 私1人。
       
      全く束縛されず、気楽に 温泉三昧。
           
          イイ宿に泊まったと思う。


予定通り「菊池温泉」行 am10時20分発の🚌に乗車。

  山鹿町中を抜け、菊池スカイラインに~~~
     上内田川を渡り、443号線を🚌は進む。



         乗客2名。

  「山鹿バスセンター」から 走り出して「菊池温泉🚏」 @540円



此の運転手、 何もしゃべらん。
   
   ・・・・・で あるのに、
     
      ・・・途中から、左手 ハンドルから外し、
           
             何か・・・・取りだしてた・・・よ。

 
  飴?  ガム? 
   
      それが 何だか判らないけど、口に入れて モグモグしてたサ。


 乗った時、「菊池温泉」と 言ってあったから
     
    両替も済ませ、準備は 勿論OK。

 
   とっぷりと浸かってるよね~~
    

      一言も語らず、ハンドル握ってれば お給料になる。
        
        ~~~それが、
        
          怠惰に繋がってるのが 本人には、解ってナイ。


「菊池温泉」下車し
    今夜の宿;森山荘   0968-25-2705

      此処も たいして変わってなかったよ。


3泊の予定だったから、
   
   観光案内所に行き、
      
      今日と明日の行動を決めよう~~~



  (菊池渓谷)へは、 月・ 水・ 金、コミュニティー🚌がある。
     
     それは 明日にして、
         
       今日は歩いて行ける 所に。



  
    案内所の軒下に、ツバメが~~~

  此の地は、 《菊池一族の始まりだったのだ》



12時、音楽が流れる中 歩き出す。
   

    《菊池一族》という名さえ知らず・・・
      
       楠正成と一緒に戦った武将――― と聞いて、
           
           あ・そう~~と 思うだけ。


   観光案内所前から歩き出し、

(菊池武光公騎馬像)


   
    写真撮るのに、顔が何処にあるのか?
     
      探してしまった・・・・それにしても 高いから、
        
         見ずらい像だ~~~


見て~ぇ❣ ❣
   
   桜の参道・・・


      もう葉桜だけど、
         

         満開時、きっと美しかっただろう~~




  幅広の石段が 屈折しながら 200段以上続いて、
    
        辿り着いた所が(菊池神社)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加