魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

山口県・下関;マリンホテルで過ごす旅 (其の5)

2012-12-31 04:42:10 | Weblog
am11時、 9ノット。

   川がうねってるのを見たの初めて。  感動。








am11時05分、流れがWに 変わりました。


  此処、壇ノ浦海域は、

    西へ東へ、1日4回、流れの向きを変える。

      両岸の幅、700m。

 
   西暦1185年3月24日、 平家と源氏の戦い。

    始めは平家優位だったが、
     
     潮の流れが「西に」変わると、
       
          源氏の勢いが増して 追い詰めてゆく~~

  
    貴族から 武士へと、時代が動いた瞬間でもあり、

    
     其の後700年、


       この同じ海峡での戦いは、
 

          明治維新へと つながってゆきます。




   和布刈公園の中にある 駅


  再び、トンネルを歩いて 下関側へ、




  みもすそ川公園に「壇ノ浦古戦場跡」

   {義経の八艘飛び}と{平知盛}との一戦のオブジェ






 すぐ傍では、「歴史体感紙芝居」を ボランテイアの方が



   太鼓、鐘の音など入れて、リアル感ある演出で、

     観光で集まった聴衆を、湧かせます。

        私を含めて10人位の年配者たちは、

     源平合戦が今、此の地で行われてるような気分にされて、

         思わず・・・・拍手!!!! 





    
     長州側の大砲。


am12時05分、

  電光掲示板が 8ノット、流れは <― 下げに変わってます。





   バスで唐戸に出ますが、

     途中下車し、

       「ふぐ料理公認第一号店;春帆楼」




       「赤間神宮」




       「宮本武蔵船出の地」




 
    薄いですが、電光掲示板の字 判りますか~~?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一度限りの人生

2012-12-30 03:00:27 | Weblog
  あと一日・・・と 思いながら、生きてる私。
 
 

 今日の魚河岸、暮れが迫ってきたので、賑やかになって、
   

      と、言っても29日のことだけど、

  
  横浜から 娘さんと来たという、派手なママさん~~

   先に声かけられて・・・・
  

     『同じ匂いがする・・・』と、お嬢さんが言い、

   
   私と其のママを写メールに・・・・

  

    クラブのママさんのような、化粧も上手だし、
    
      年取ってても、とてもお洒落。

  
      
     いっぱい買ってってくれて、
   
            
        いっぱい話して、
     
                 
          お嬢さんも、ニコニコしながら・・・・・




   大晦日が近くなると、毎年来る人が居て、
  
      懐かしい人たちにも 逢えるのも、楽しいものです。


    『専務は、歳をとらないね~~え』
 
    『却って 若くなって・・・相変わらずお洒落だね~~』

    


      〟人生
        
          格好良くなけりゃあ~~ 
           
                人生じゃあ ない〟



 
  一回しか生きられないのなら、
     
      一回で満足できる生き方 を、 
            
               するしかナイのだから。

 


   世の謂うところの、{スピリチュアリ}に携わる人の言う、
     

     この世に生まれてきたのは、


    過去性 と、再生に必要な資質を、身に着けるための、
     

   今は、
    
      練習・学び・・の期間だと、言うが、

       


          う・ そ・ だ・ か・ ら。

  

    
      【聖書;箴言5章10節~~20節】
 

     貨財増せば これを食むものも増すなり
   
         労するものは その食らうところは
    
       多きも少なきも

           快く眠るなり
  
    
     然れども 富める者は
    
         その貨財の多きがために 眠ることを得せず

  

        人は母の胎より出て来たりしごとくに
     
          
             また裸体にして還りゆくべし



                 


       ・・・・真理の言葉は、ズーッと続くので、

 
               
   

  

   人の死で終わって、


      物体の総てが、

     
        「分子」「原子」「素粒子」 に戻るが、
  


     その後については、

  
       総ては、造り主;神の御手に・・御心によるもので、

 


       再生されるか、否かについて、

  
     
     死んでゆく人間の誰一人 だって、
      

         解るわけないのだから。

  


   いいじゃあないですか、

     
       たった一回の人生、

       

          満足して、楽しんで、生きてゆきましょう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県・下関;マリンホテルで過ごす旅 (其の4)

2012-12-29 03:53:44 | Weblog
    翌17日 (月)

 昨夜・昨夕、日本酒飲みすぎた・・・

  

   自分ではそれほど飲んでないと思うけど・・

     日本酒に弱いんだね・・・私は。

  
   いつ眠ったのか~~全く記憶が無く、

     眼が覚めたのが、深夜12時。

  

  とうとう眠らず夜を明かし、


    朝食を済ませ、眠気の襲わない内に 歩き出そうと~~

   バスの 一日フリー券を手に入れて @700円 出発。

 
  ホテル前から乗車し、  御裳川=みもすそがわで下車。



   頭上には、関門橋が~~



   バス停に「壇ノ浦」の碑が。



  <関門トンネル人道入口><火の山公園><巨砲台>
 

 

 
   見所が多く、何処から巡ろうか~~ぁ?


      <火の山公園>までのロープウエイは、
          3月中旬からだというので止めて、



 <関門トンネル人道入口>から、



    対岸;福岡県門司へ。

  
  
     全長;3461,4km
        (海底部の全長;780m)

      門司側人道入口は、海面下;51m

  海中トンネル故、海水をドラム缶24000本分
    
     毎日地上に汲み上げる為の、ポンプが設置されている。

   

   エレベーターで、約30秒   海中トンネルへ。









   県境の表示

 

    トンネルの中、ジョギングの人達のコースになってます。
     
      

  15分で 対岸へ。



   


    門司側からの 関門橋



     「和布刈神社」は、関門橋の下にあります。

 

   橋の下に 観潮遊歩道が続き、




    潮の流れがもの凄く速く、




   シャッター押してる所に

      地元のおとうさんが通ったので、聞いてみた。




   下関側に 電光掲示板で表示されてる事を、教えてくれる。

{/pen/
     W=ウエスト==西流れ
     E=イースト==東流れ

     矢印―>  上げ   <―  下げ  立の矢印ですが。

   
       数字は、1ノット=約1800m(1時間で)

       0だと、流れが止まる。


am10時40分、  7ノットだった。

    7×1800= 自転車で走るスピード位だと。


am10時55分、8ノットに~~

    3日前は、13ノットだったよ~~と、話すおとうさん。

  
    『写真とってもいい~?』

    『いやぁ~~いいよ~~』  と、足早に去っていく。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県・下関;マリンホテルで過ごす旅 (其の3)

2012-12-28 03:47:32 | Weblog
 城下町ならではの 落ち着いた雰囲気をかもし出す、 壇具川



   大きな錦鯉が泳ぎ、

 

  

   鴨も日向ぼっこ・・

     此の2羽は、たまたまLAVEの真っ最中。



 帰り道「島旅」で訪れた時、


   【満珠】【千珠】を見に

 
  たまたま小雨が降ってて、渡島出来ないのに
    
     見るだけなら、仕方ないから 行かなかったので、

  

        ついでなので 足を延ばしてみる。

 
    豊浦高校のグランドに添って 曲がり、




   突き当たりに在る「豊功神社=とよこと」の境内から、

    


      重なり合うように2島が、一望できる。



  串崎の東の周防灘にある、花崗岩の島。

    日本書記や 枕草子にも、記述がある島。


  
     渡れないなら・・・どうって事ないもの。



  
   陽がかげり始めると、少し 肌寒くなってきた。




  
     ホテルからの夜景が、美しい。



    海峡を行き来する船の汽笛、

   
       ライトが波に輝いて、星のよう~~~


  
  夕食;フグ会席。

   私の食べたかったフグ料理ではなかったけど、

     仕方が無い。

   
       下関の「春帆楼」へ、行こう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県・下関;マリンホテルで過ごす旅 (其の2)

2012-12-27 04:48:44 | Weblog
 ホテルで自転車を借りて、城下町:長府へ。


  行く途中「関見台公園」


 「鯨館」





  中に入る事は出来ないのですが、海峡を一望できる。


 「串崎城跡」




   豊浦高校の前を通って城下町へ行きますが、

 この学校の塀は、武家屋敷時代のを生かして使ってました。

   
    グラウンドも広く、

      元気な若者達のスポーツに興じる姿も、

           生き生きとしてる。





  堀に沿って石畳が敷かれて、

 

  武家の門構えなのに、眼科クリニック~~だったり、






   「長府藩侍屋敷長屋」




 毛利の支藩・五万石の城下町は、今でも其の名前を残し、

     住所は、侍町=さむらいまち。



    

   「十四代長府毛利邸総社跡」



  
     @300円で、抹茶とお菓子の提供もあります。





 
   「古江小路」





 

    建築当初の形態を今も完全に残す、

       代々藩侍医家菅家の屋敷、長屋門、

 
           城下町;長府を象徴する「練塀」も~~~


  
     日暮れに、カップルで歩く姿が、似合う町です。






    散歩中の 可愛いプードルにも、出会いました。
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県・下関;マリンホテルで過ごす旅 (其の1)  

2012-12-26 03:40:30 | Weblog
   平成24年12月16日(日)~19日(水)
    
   山口県・下関マリンホテルで過す旅


 クラブ・ツーリズムのフリー旅



  羽田am10時40分で 山口宇部空港へ。


 ANA787の新機種、

   それもビジネスクラス席~~? 間違ったのでは~~?


   

 空港から190号線で46kmで、下関。





  沿道に椰子の木が植樹され、チョットだけ南国気分。



  

   チョットだけ~~で、工業都市に変わる。







    それが過ぎると、やはり田舎~~



  

    朽ちた家屋、枯れたススキの穂、清い水の流れ、
    
        遠方には、低い山並み~~

 

  1時間近く走ると、


     豊浦湾が見え始め、


       霞みながらも関門橋も見えてきた。





  

     4日間滞在する マリンホテル
          
      083-246-3111



   隣接する「マリン温泉パーク」

   
     天然ラドン温泉で、関門橋も目の前に眺めながら、
     

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚河岸で働いた一日

2012-12-25 16:07:12 | Weblog
 例年のことながら、

      クリスマスは 暇なんだよね。



  まあ、それでもいつもの月よりは、忙しいから、

   やる事は イッパイあるから、

     退屈したり、眠くなってる暇は無い。


 

   今日は、こんな事があったよ。


     長男・丈二の、 前のお嫁さん:祐子と 会話してたら、

  

    知らないお客様が、

      『姉妹なの~?』

      『エツ』


 

   其処へ、常連の(野川寿司)さんが見えてて、

      クスクス 笑ってる。
   
   

      『あら、姉妹に見えたのよ、

         だって、髪の毛だって格好イイし、

             凄く、華やかなんですもの~~』

 

    祐子が、

      『止めてくださいよ~~ぉ』  (笑い)


 


  其処へ又、常連の(かまど)さんが 見えて、


     先日の “銀座でスカウト” の話になって、


      『専さん、やりなよ、

          僕が、フアンクラブ創るから~~』



 

    他の職場では 考えられないくらいに、回転が速いのである。


  昔は、

   
    <生き馬の目を抜く> なんて云われてた魚河岸。


    
        随分静かになったけど、

   
     回転の速さ、

       気風の良さ、

          キャッチボールの出来る 会話、


   
        眠気もすっ飛んでしまう。



   
   あと、5日、

     
      気持ちよく 働いて、


         正月は、伊豆・伊東で過ごそう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま~ぁ

2012-12-24 21:41:03 | Weblog
 クラブ・ツーリズムの (ミステリー旅)を、終えて
  
   たった今、戻りました。

 
  戻ってもやる事が多く、

   明日はまた、魚河岸へ行くので、

     お弁当6個 作らなければならないので、

  
       am3時半に 目覚ましを掛けてあります。


 

 旅から帰ったら、

    必ずやる事は、次ぎの旅行の準備を しておく事。


   そうしておかないと、

     次回の旅の時、忘れ物が出るから。



  息子家族の洗濯物も、今、乾燥機に入ってるので、

    アイロン掛けておくものもあるし~~


   自分の周りの事も、やっておかなければならないし~~



     さあ~~何時に布団に入れるか~~~?



  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ターザンからの電話

2012-12-23 05:30:32 | Weblog
21日は、留守中のやるべきことの処理で、出かけてて、
  
 戻ったら、嫁さんのメモが~~~

  

《長崎さんから電話があって、
   
 午後 もう一度 掛けなおします》

    直ぐ、判った。

 

沖縄県八重山郡;
   
西表島の先に在る、【外離島=そとぱなり】で、
  
   只一人、
   
ターザンと同じ生活してる、真砂弓さんからだと。







     
沖縄県なのに、長崎とは・・・
       (関係ないか~~)

      

私は、ターザン って、呼んでる。



  お姉さんからの仕送り@10000円で、1ヶ月生活してる人が、

     遠い川崎まで 2回も電話してくるなんて・・・・

  
         電話賃の比重が大きいのに・・・・



   でも、

       
      とってもとっても、嬉しかったよ!!!


 
    若々しい声、元気で、活き活きした声で、

   

     『専さん~~~!!』

       
          込み上げてくる涙が・・・・・




 10月末だったか~~?
   
   もう覚えてないけど、

        食料をそれなりに送ったお礼なんだけど、




    【外離島】から【西表島】見えながら、

  
       此の1ヵ月半、



       波が高く荒れてて、ボートを出せなくって、

    

     でも 専さんが送ってくれた食料があったので、

          【西表島】に出てこなくても、間に合ったよ。

  
    
        本当にありがとう。  って。
   




   そんなに高価な物でもないし、

        私の生活のホンの僅かなことで、


                 喜んでもらえるなら、

  

  今回は、茅ヶ崎の友人がくれた ムートンの毛皮を送ったの。

   

    勿論、友人には、ターザンに使ってもらうって話してある。






  来年の3月27日、星野さんと【鳩間島】を経由しながら、

   
       ターザンの所へ行き、1泊しようと 思ってます。

   でも、もしかしたら・・・・

  
    【無人島】で、ターザンみたいな生活が、私に出来るのか?

      たったの1日なのに・・・・

    


   不安はあるけど、


     ターザンの生きてきた人生を、聞いて見たい・・・

  
  そんな想いを抱きながら、

      
          再開の約束をして、電話を切りました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りの魚河岸で・・

2012-12-22 17:24:22 | Weblog
   今日から魚河岸に 手伝いに行ってきた。     
    
      寒い中、みんな元気に働いてる~~~

  
  私もそんな時があったんだなあ~~
   

    でも 今は、楽な生活してしまってるから、つらいね。

  
 荷受けの=卸売業者の、
    
   若い男の子が商品持参で、販売に来られた会話。

  
  『不味いもの中で 一番不味いものですが、
     
       美味しいものです。』
  
  『ウツ・・・』

     
       言ってることがよく判らない。

 
  『それって 日本語の正しい使い方じゃあナイよ~~』
 
   
  『そんなことないっス。
   
     不味い中でも 美味しいって言葉が入るだけで、
     
          美味しいって思えるんですよ』
 
  『お前って、味覚音痴だね~~』
 
   
  『そうなんッス、何食べても味変わらないッス』
 


      もう~~何にも言えない。
  
         ただ只、可笑しくって 笑いがこぼれる・・・・

  

     
    時代の流れ~~~
    
       世代交代~~~

          老兵消え去るのみ~~~



 
  あと一週間で今年も終わる。
   
   私は明日から、クラブ・ツーリズムのミステリーで1泊旅行。

    
      忘年会を兼ねて~~~

 


   下関から戻って、パソコン開いたけど 繋がらず、
   

 やっと今、新しいパソコン
    
     {ウインドウズ8}で、初めて打ち込んでます。
  
    果たして入力できるか~~?

  

      画面が素晴らしく綺麗で、
    
         音響も透明感があって、
      

            いいんだけど・・・・・
       


         使いこなせるかなぁ・・・・



    マウスを使って打ったことがないから、

      段落の時、どうすればいいのか?



       エンターしながら、マウスに戻って・・・?



         変だよね。


     


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加