魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

今日から【佐渡島】へ

2012-10-31 05:26:52 | Weblog
   今日から【佐渡島】へ出かけます。



  結婚25年・銀婚式のお祝いにって、

    子供達4人が、、私達夫婦に 、   


  【佐渡島3日間】の旅を、プレゼントしてくれたのだ。


   

    けど、小木のタライ舟に乗ってなかったので、

     それだけの目的で、行く事にした。


   
      今度は、ひとりで・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道・稚内豊富温泉滞在の旅 (其の2)

2012-10-30 07:54:54 | Weblog
 翌日24日(水)

     ホテルから出してるバスは、朝2回
      7時50分と、10時30分。

   7時50分を使って、「豊富駅」へ出て、
    8時19分発で「稚内駅」へ。






 無人駅なのに、

  高校生たちが、

    火のまだ入ってないストーブの周りを、囲みながら、
    
       歓談してる。

   
    今日は、稚内で、実地研修が行われる為、出掛けるところだった。

     



   

  高校生らしい、さわやかな男子。

 
   『あなた方の将来の職業・・何したいと考えてるの?』

     ひとりの男子が、答えてくれた。

   

   『ボクサー』

     懐かしい響き・・・・

  
   『私の夫も、(信和のボクサー)
    
      ファイティング・原田や、関光徳の時代に、やってたの~~
 
       トレーニングは、いつも縄跳び、

           後ろ走りしてたよ~~』

   『後ろ走り~~?』

   『後ろ走りは、足の前側の筋肉を作り、
     
           瞬発力を増すって、

     当時のフライ級チャンピオン・中村つよしにも、教えてたよ。』

  
   『フーン』 って、聞いててくれた。

        ・ ・・・そんな夫も、もう、居ないけど・・・






  同じホテルからの4人で、稚内に向う。


    風が強く、とても寒い。  気温7℃。


     

     線路の脇に遮る物も無く~~















     最北端の線路。   終点。




 其の中のご夫婦、
  『宗谷岬へ 行きたいのですが~~~』

      残念ながら、バスの便が11時半まで無くて、

    仕方なく、納沙布岬へ。

  
   バスの便が無いので、4人でタクシーで、一人@800円。





    礼文島、雲に覆われてて、下方だけが見えた。





    このご主人、帽子を飛ばしてしまったらしく、

       海の藻屑と 消えてった。

 特別に見物する所も無く、駅に戻り、「北市場」に寄って、
   
     一人は、午後まで近くの温泉へ~~

 
   私は、刺身とビールを買って、飲みながら・・・・





 
   「豊富駅」からは、村営バスがきたので、それでホテルへ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道・稚内豊富温泉滞在の旅 (其の1)

2012-10-29 00:24:16 | Weblog
   平成24年10月23日(火)~27日(土)
    
    北海道・稚内豊富温泉滞在5日間の旅


  羽田am11時発で、稚内空港に、




  クラブ・ツーリズム、フリー旅@40000円
     年配の方が多い。

 
   空港を下りたら、風がとても強く、
    
      すでに 紅葉してて、初冬に入ってる。




 空港からは、




      豊富温泉;ホテル豊富の送迎バスで、直行。

       0162-82-1055


      {果てしない旅の 終着点 : 最北の宿}





   清潔な広い部屋は、ひとりには勿体ないくらい。






   此処の温泉は、

     大正13年、
   
       村井鉱業株式会社が、石油発掘に着手し、

    
     大正15年5月17日の夜、
    
       960mに達した時、
      

        大音響と共に、天然ガスと 温泉が噴出。

  
     昭和2年、
    
       萱葺き小屋を建てて、

         付近の人達が 入浴できるよう 男女混合で、
  
          1日入浴は、10銭
          1回入浴は、 5銭、

 

  其の後、
    
    村井鉱業の重役3名が、一切の譲渡権を譲り受けて、

      
       「とよとみ温泉」として開業したのが、始まりです。

  
  
     ナトリウムイオン==4680ミリグラム
 
     塩素イオン=====4968ミリグラム
  
     炭酸水素イオン===3942ミリグラム

           PH==8,08

    
       こんなに高い数字の温泉って、珍しいよ。



    カン臭があり、色も茶系、

         出た後も、つるつるしてる。

     

     
       アトピーに効果があると、知られてる。

 

  湯に、油が混じってる―――と、書かれてるけど、

      表面に 油のような筋が、流れてるのは、確か。

  

   24時間入浴可、

     少し温めなので、ゆっくり入ってたら、
    
       腰の痛みが、和らいだ。




     小さな雨粒が、時折あったが、

  今、もう、24日朝5時、 まだ、雨は止んでない。

    昨日 窓から眺めた庭先が、



      美しい紅葉に変わってて、目を楽しませてくれる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道・稚内の旅から・・・

2012-10-28 07:32:05 | Weblog
  北海道・稚内地区は、快晴に恵まれて、
    
      楽しい5日間を過してきました。

  

     季節は、秋深し・・・でした。

   

   此の季節に 北海道に行ったのは、久し振りでしたが、

     とても綺麗に紅葉してて、

       いい季節に行ったなあ~~と、思ってます。


     

      明日から ブログに載せられるよう、

       頑張って 打ち込んでおきます。


    と、言いつつ

 やっぱり、いつも通り

      夜なべしてして、打ち込んでしまった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箱根と銀八鮨

2012-10-27 08:45:30 | Weblog
     平成24年10月18日(木)~19日(金)
       友人と箱根へ 1泊の旅

  
   前日から降ってた雨が、まだ少し、朝まで残ってる。

 
     昼と夕方のお弁当を、2人分作った。


  晴れてるなら、仙石原まで行きたい・・と、考えてたけど、



 
   小田急線;湯本駅を通過した頃は、まだ 降ってなかったのに、
 
      箱根近くなったら、小雨が降り出した。





   
    「箱根駅伝」で通過する、トンネルは、

       《土木遺産》になってるんだね。


  「富士屋ホテル」を左折し、
    
     「箱根小湧園・ユネッサン」

      ===「B&Bパンシオン箱根」===
        
        0460-87-7800

    8枚で@20000円の回数券セットになってて、
     期限があるようですが、
      1枚@2500円で 朝食付きで、1泊出来ます。

  
      お部屋は、チョット狭いですが、
     
        まあ~~1泊だから~~~
        
          天然温泉だし、
     
            全ての持込 OKで、

               冷蔵庫もTVもあるし~~

      

       彼女は、毎月利用してるようです。





  遊歩道から、ユネッサン インや、小涌園にも行けます。

     外国のお客様も 多く、見受けます。



    2人で行っても、別々の部屋ですから、
   
      気兼ねせず、好きなことして、過せます。



            
 

 翌朝はスッカリ晴れ上がって、箱根の山々に雲海がかかってます。


    朝食は、出来立てのパンと 珈琲が、自由にいただけます。

  

   10時チェックアウトし、
    
     彼女の運転で、また、帰っていくコースなんですが、

 
  私は、
    「渋沢駅」の銀八鮨へ、立ち寄ろうと、

       「小田急・箱根湯本」で下ろさせてもらいました。




 
   何十年振りでしょうか~~この駅から乗るのは~~





   
   登山鉄道も入ってきました。




  
    ホームから眺められる、早川の流れは、
      
         昔とちっとも変わっていませんね。

  
    さすが、箱根は 平日でも、お客様が多いですね。

        外国の方も多いし~~~




    遠く、箱根の山々が 

       早川の流れと共に美しく

          秋の気配に 包まれています。






  
   小田急線・開成駅から見えた、富士山・・・





  「渋沢駅」で下車し、タクシーで、



  

     夫が居た頃は、此処が好きで、よく行ったのですが・・・


       ===銀八鮨===
         
         0463-87-1249



   
   店長さん




   

      海鮮ちらしを いただいてきました。

 
  社長さんに会えなかったのは、ちょっと残念でしたが、

    秋の一日を、
    
        箱根の旅と、

          銀八さんに行けて 好かった。


    そうそう此処の娘さん夫婦、

         TVの新婚さんいらっしゃい に、出演され、


      お婿さん、

         あの、ヨン様に似てて・・・



            今も変わらず、仲の好い夫婦でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【屋久島のぐっさん】

2012-10-26 06:59:38 | Weblog
 【屋久島】の娘・順ちゃんから メールが入った。


   えーちゃんが、屋久島空港から乗せたお客さん、

    『明日、島の観光するので、貴方に頼みたい~~』

    『いやぁ~~ 俺ッ、まだ、見習いッすから~~』

    『いいのよぉ~~貴方とっても楽しいから、貴方がいいの!!』


   ・ ・・・と、言うわけで、初めてのご指名・・・・

   
      聞いた私も嬉しくなって・・・
     
         涙が、何故か・・・・止まらなくって・・・

      
           皆に 電話しまくったョ。


 

  私が【屋久島】滞在中にも、こんな事があった。

      仕事中なのに、突然玄関が開いて、帰ってきた。

    『どうしたの~?』

    『お客さんが乗ってるんだけど~~』

           探し物してる・・・

   

        必要な物を持って 車に 戻るえーちゃん。


 台湾から見えてた女性3人、
   
   一人だけ、片言の日本語が話せたので、
       
       助手席に座ってもらって、巡ったそうだ。

   

      何で家に戻ったのか?

  
 彼女達は、

     折角来た【屋久島】の、

       ネームの入った お土産が欲しくて、

         何箇所か えーチャンと周ったけど、

            Tシャツも@2500円 と、高くて~~~

    
    『もっと、安く売れよ~~

       今時、Tシャツなんか@1000円だぜぇ~』

   
   島の人間が 売ってるのではなく、
      
        土産専門の業者が 販売してるから、

             儲け主義なんだね。

   
 結局、何にも買えず・・・・

       

    そこで、えーちゃんは家に戻って、

  【屋久島】の捺印の有る、<キーホルダー>を取りに来たのだ。

      プレゼントする為に。  

  
  私も廊下を開けて、挨拶し、

    『えーちゃんって、楽しいでしょう~~!!』

     
       ニコニコと、私に 笑顔で返してくれた。

 
 
  馬鹿・・・が、つく位、楽しく、

    人を和やかにする資質を、彼は産まれながらに持ってる。

   
   歌は、上手だし、
    
     ダイビングのインストラクターで、
      
       土佐のカツオの一本釣りの、漁師だったし、
   
   
   まあ~~えーちゃんの逸話では、

        事欠かないほど、
      
             愉快で、痛快な話が、沢山あるよ。



      中国麻東省;WESTIN HOTER&RESORTS  の
     
         japaneseCHEF

      TOSHIYASU UEHARA

         ( 通称: コメちゃん )

  
      彼なら、お腹が痛くなるほどイッパイ、話してくれる。


 是非、
   
      【屋久島】に行く機会があったら、

     えーちゃんの車に どうぞ~~!!

        
         ===まつばんだ交通===
          
         0997-43-5555
      
           車ナンバー;  14-15
      
           号車ナンバー; 211

       
            えーちゃん=小塚(こずか)


  娘・順子は、

     旦那である えーちゃんの事を、

        “黒いどらえもん” と、仇名をつけてる。

    
    が、それより、
        
       “屋久島のぐっさん”の方が、似合ッテるよ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【屋久島シリーズ;第2】 其の10

2012-10-25 07:14:33 | Weblog
    ヤクスギランド

  屋久島空港から、定期バスが出ています。

 

  安房から16km、

   標高;1000~1300mに広がる 自然教養村です。

  
     面積;270,33haの広大な森に、
     
      4つのコースが設定されて、
    
        興味や、体力に合わせて、楽しむことが出来ます。

    
        30分コース;800m
     
        50分コース;1200m
      
        80分コース;2000m
   
       150分コース;3000m


 

   えーチャンと歩いて、写真撮ってきたんだけど、
    
      パソコンサイズになってなくって、
       
          此の画面に取り込めない・・・・

   
     「蛇の口滝」の時の延長で、撮っていたので・・・

       
          ごめんなさい。

 

  「縄文杉」まで行けない人は、
 
       ここでも、沢山の 著名な杉を 眺めることが出来ます。

   
    また、

        沢にも 下りられる所が あるので、


     私達が下りた所は、


       もう出口に近く、


         橋を渡って 右に、階段がありますから、

           
           子供でも下りて行けますし、

    
         水着を持っていけば、水遊びも出来ますよ。

    
      勿論、えーちゃんは、パンツのまま泳いでましたけど。

   
       足を浸けるだけでも、
       
         冷たくって、

            歩いてきた汗も、足の疲れも、


                   引っ込んでしまいます。

   

    白谷雲水峡を歩くのは~~?と、考えてる方は、

        此のコースを歩いてみてください。

    
     木の道が続きますので、

      
       80分コースまでなら、わりと ラクに歩けますから。


      <靴>だけは、スニーカーか、ハイキングシューズを、

        
              水が滴り、 滑りやすいので。

     
      <バッグ>も、手に持たないほうが、安全です。






       バスの便がよくないので、タクシーの方が~~

    ワンメーター@500円からで、

      2人以上なら、其のほうが 時間を 充実して使えます。

      
         ===まつばんだ交通===
      
         0997-43-5555
         
           車ナンバー; 14-15
       
           号車ナンバー; 211

       
            えーちゃん(本名;小塚)


   
        本当に楽しい人だから、推薦します。


    
     【屋久島】での、楽しい思い出作りに、役立つでしょう。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【屋久島シリーズ;第2】 其の9

2012-10-24 09:35:34 | Weblog
   【屋久島】の焼酎;三岳

 焼酎フアンなら、誰でも一度は 飲んだことがあるでしょう。

 
    空港から 南へ向って20分ほど、

     右手に製造工場が、ある。

 
   創業者が この名前を付けた由来は、

  
      勿論、九州一の《宮之浦岳》 1936m
         
             《永田岳》  1886m
         
             《栗生岳》  1867m

    
          此の三つの岳を、表している。
  
 
   屋久島の中心部には、

      高い山々が、折り重なるように、あるため、

    残念ながら、
   
       最高峰の《宮之浦岳》を、眺めることが出来ません。

 

  縄文杉までなら、トロッコ道で行けるけど、

      《宮之浦岳》までのコースは、

            幾つもあるため、

     何処が一番いいのか?

   

   いいと言うのは、

      歩く距離が、短い――

      景色がいい―――
      
      交通便がいい―――     など、

    

        いろいろ調べているものの、

     

   地元の人達に言わせると、

      「花之江河=はなのえごう」には、湿原もあるし、

        花も沢山咲くから、此処が一番では~~?

  

    と、言うわけで、

   
   娘・順ちゃんが、

      仕事の休みに とりあえず 登ってみるというので、

        私は、来年になりそうです。

      

         それまで、鍛えておかなければ~~~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道・稚内・豊富温泉へ。

2012-10-23 08:05:54 | Weblog
  今日から27日まで、
             
   北海道;稚内の豊富温泉で、5日間過します。


 クラブ・ツーリズムのフリースタイルで、@40000円。
  
    

   何よりいいのは、

      ひとりを 受け付けてくれるから。


 
  羽田から飛行機で稚内まで、
   
      あとは、ホテルから送迎のバスで~~


 もう~~20年くらい前、
            
     稚内の最北端の温泉に、家族8人で行った事があるけど、

   
   其処とは、違うので、

    此処を拠点にして、電車であちらこちらに、

      足を延ばしてみようと、考えてる。

 

     来月14日から4日間も、

    北海道・川湯温泉に行くので、

      どの位寒いのか~~?

  
   海外に行かない分、
    
       国内の旅が、自由に出来て、最高!!!

    
          では、行ってまいります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【屋久島シリーズ;第2】 其の8

2012-10-22 03:40:34 | Weblog
「立神」を過ぎると、間もなく「大川の滝=おおごのたき」

   
    観光で 必ず訪れる滝なので、説明省きます。


 

  朝も昼も 何も食べてないので、

   「栗生=くりお」の集落、


     川を渡ったところを左折し、


   また、直ぐ右折した左側の、手打ち蕎麦屋を訪ねたのだけど、

  
     残念。 お昼終わってて~~~


  【島】には、珍しい綺麗なお店で、杉板の鴨居や、仕切りが素敵でした。



   行く機会がある方なら、是非、行ってみて下さい。


    


 じゃあこのまま 温泉に行こう~~




  

 「湯泊温泉」

 
  よしずが張ってある場所が、一般の露天ですが、

   

    その奥に こんな、野生的な風呂があったなんて~~


       料金は@ 寄付なので~~




   

   2ツある内の 小さいほうは、少し温かった。



  
    海に下りて泳いでみた。

      まだそれほど 冷たくなくて、小気味ヨイ~~~






   後から見えた家族は、

    まだ4カ月位のお子さんを、若いお父さんが入れてた。

  
     『いいですね~~ 温泉で産湯を浸かるなんて~~』

        


         
             

 「平内海中温泉」までは、車で直ぐ傍。



  

     此処は前にも来たことがある。



      温泉神社が祀られてる。 






   全く囲いも無いから、入らない人が多いけど、

      今日は、若い男性が多く入ってた。

  
   地元のお爺、お婆が、

     『湯を掛けて入らないから、湯が こんなに汚れてる。』



       ウーン、確かに 垢なのか?埃なのか?


   えーちゃんは、汚いから、入らない。

 

       私は、上がり湯の熱いほうで、体験。



  この後、仕上げに「尾之間温泉」へ。

  
    いつも入ってる熱さ、綺麗さ、清潔さ、

    
       今日一日の総仕上げ。



      とうとう、食べずに帰ってきたので、

          急いで夕食の支度して、乾杯!!

 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加