魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

 自分の生き方は??

2007-12-24 12:40:29 | Weblog
 

 
 島旅友の男性、昭JIJIと星野さん・・との忘年会

横浜線「成瀬駅」で待ち合わせて、創作料理の「大貴」へ。

 一本裏側の道は、クリスマスムードのイルミネーションが煌き
  美味しく食べ・楽しく飲んで・ハイになって・・・
 
 カラオケに~~~

昭JIJIは「埼玉のシニア大学」に通う優等生
 旅には、必ず「VTR」で記録を残し
 大学でもいろいろな行事を「VTR」で残すので、
 皆から、頼れる男性・・として 人気があるようです。
 
星野さんは、島へ「ホームステー」したり正月は小笠原で過ごす
 超~~HIな男性、

お二人とも唄も上手くって・・驚いた!!

私は、
 戦後日が暮れると、街角に立ち始める娼婦たち・・を歌った
 
♪ 星の流れに~~~身を占って~~
    ~~~    ♪ ~~~~
   ♪~~~~  ♪~~~~
        こ~~んな~~ぁ 女に だ~~れがした~~♪

と、歌い、終わる最後のところで、
 
 『専さんをこんなにしたのは、お母さんだね~~』

  ほんとにそうかも知れない~~

平家の血を引く侍の精神を持ち 「腐っても鯛」と言って

 歳をとっても「凛」としたものを持ち、威厳を失う事は無かった。

 人にへつらったり、お世辞を言って何かをおねだりするなんて・・

  例え、お誕生日のお祝いであったとしても、
   『OOOOを ちょうだい~~~!!!』

  なんて、私には、決して言えない!!。

男性の友人とも 男性として付き合いをしているから
 却って長く付き合えるのかもしれない・・・・

   気を使わないで済む友人って いいねぇ~~
 

  来年も又変らずお付き合いの程 ヨ・ロ・シ・ク。


 写真は 潮騒の島=神島の祭り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 千穂&陸

2007-12-21 19:44:24 | Weblog


 私の名前は 千穂ちゃんでちゆう。

あと一週間で、11ヶ月ですが、保育園に行ってから、
お腹をこわして、ずーうっと 休んでまちゅう。

                       
ママのお仕事があるので、大好きな「専さん」と、お留守番。

専さんのお部屋には、「陸ちゃん」が居て、
 
 千穂ちゃんが寝ようとすると、邪魔するんでちゅう。


専さんがくれた おやつのおせんべいは 柔らかくって
 
 とっても美味しいので、
 
  『陸ちゃんもほしい??』 って 聞いたら、
 
  『 WAN!』 

千穂ちゃんは、半分だけ チョッと私が食べたけど
 
   陸ちゃんにあげたよう。


もっとほしそうだったけど、2枚しかないんだもん。
 
ママが帰ってくるまで、泣かないで遊んで待ってるんだもの
 
    陸ちゃん 大好きよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

  2007年 を 振り返って

2007-12-19 14:54:38 | Weblog
 
  
今年も残すところあと12日、 随分旅に出かけられたと思う・・

海外・10回、国内は、近旅・島旅を含めて29回、計39回。
 メキシコで始まり、四万温泉ハイキングで〆 

「お金」「体」「時間」そして「家族の理解」

それのたった一つでも欠けたなら、これからも続けられないだろう。

 あと残すところ・・・地球の三分の一・・・

「島旅」をしていて解かった事は、残すところが少なくなってくるほど
  巡るのが大変になってくるのだ。
 
 一度行った所は避けたいが、関連して行かなければならなくて
   無駄な「お金と時間」を失う事になる。
それと、
  だんだんマニアックな場所になってくるので、
 旅行会社も限定されてくるし、料金も多くなるし、日数も多くなる・・

いつまで四つの条件が持つだろう~~~

出来るだけ早い内に、成し遂げたい~~~そう、思っている。

 来春1月、早速 西アフリカへ。

マリ・セネガル・ガーナ・ベニン・トーゴ・ブルキナファンへ
  行ってくる。
 孫娘が「真理ちゃん」なので、共通?? しないか・・ぁ・・

今年の収穫は
『旅に出ても、家にいても、生活は変っていない!』
 ッて事に 私自身が気付いた事です。

《旅》だけでなく、《私生活》《友人関係》であっても、
 自分を出せないなら、それは長続きはしないので避けたほうがいい。

 限られた人生を活き活きと生きてゆく為に、
    来年も『旅』を 続けよう。

           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    誇大広告には~~~

2007-12-17 15:23:56 | Weblog
 


何故こんな嘘が・・できっこない事が・・平気でまかり通るのか?

昨日のブログでは、食品のほんの一端を載せたけど、
 今又、ブログの更新をしようと思って開いたら・・・(goo)で

《足 ヤセ? 》 
 ソックスで・・・・・飲む薬で・・・・・

止めなさい!!!
 
 出来るわけないでしょう!!!

ブーツが流行だから、猫も杓子も履いてるけど、
 
ふくらはぎに、合っていない「ブカブカ」のを 履いたり~~
 
背丈が無いのに、箒に乗った魔法使いのお婆さんのような
  先が尖ってそっくり返ったようなのを、履いたり~~

それでも、まぁ、それも自分の働いたお金で、楽しんでるのだから、
 お金を出していない、私の言う事ではないから、
  批評は 「おスギとピー子」に 任せて・・・

《足ヤセ》
 簡単にはイキマセン。 それは事実であり、絶対です!!

生まれながらの 先天性が大半を占め、
 後は、努力ですが・・・それさえも「マユツバ」と言えるでしょう。

やって見られますか???
でも、続けられますか??

 しかし、「足」は 体の一部ですから、「あし」以外が太ってるのに
「足」だけがやせる事は まず出来ませんよ。

ああ~~ 体はそれなりに痩せているんですね??

 走る事==それも毎日・・・スピードで・・・

 自転車で、足で力を入れて漕ぐ事==これも毎日長時間・・・

 疲れた「足」は 其の日の内に揉み解しておく事。
  :お風呂で
  :寝る時「真向法」で 
 
こんな事で「足」は簡単に細くならないのに、
 [薬で] なる訳ないじゃないですか!!!

 [薬]は、こんな事に使わず命に関わる時に、使いなさい!!

GOO・MIXIなど
 著名なところで載せれば 信じてしまうのですから、
 見る側が 気をつけないと 騙されてしまいますよ。

「規制緩和」もいいけど、
 規制しなければならないことも あるんじゃないでしょうか?

《銃》等と同じように。


  

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 Xマス・パーテイ

2007-12-16 10:36:06 | Weblog

     

昨夜、八王子のホテルで開かれたクリスマス・パーテイーに行って
 楽しい、優雅なひとときを、友人4人と過ごしてきた。
    

ウクライナから来日して演奏活動してる、女性の名は、
「オクサーナ・ステパニュック」さん、

楽器は、バンドゥーラといって、
 弦が63本、重さ10kgもあり、ハーブとギターを合わせたような
 ウクライナの民謡楽器で、哀愁を帯び、可憐に響き渡り・・・

唄い方は、コロラトゥーラソプラノ・・・・
 
 ソプラノの中でも、細くて鳥がさえずるような高音で唄い
  オペラの発声とは 又、違って、

 すき透ッたコロコロと転がすような・・唄い方でした。

「アメージング・グレース」「アベ・マリア」「白鳥」・・・・
「千の風になって」を日本語で歌ってくださったときには、
 本当に綺麗な声で歌う事が、其の唄をどんなに表現できるか・・
  しみじみ感じさせられました。

 一緒に行った友人も
 『思わず涙がこぼれてしまいました~~』って言ってました。

 又もう一人の男性は、
 
 「日劇」で バイオリンを弾いていた方なので
 『久し振りに 最上の音楽を聞かせていただいた~~』

食事が又此れが素晴らしかった!!!
 ホテルの食事は期待できないので、していなかったんですが
 
 テーブルに僅か6人、 飲み物も全て無料
  テーブルに一人のホテルマンが配置され、至れりつくせり

 選んだのは、懐石でしたが、
  膳の配置・品数・見た目・味・全てが、良かった!!

食事中にも、アルパ=スペイン語で ハーブ、を
 日本女性2人と パラグアイの男性の3人が、弾き語り・・・・

 ラテンミュージックを弾いてくれたので、
   大好きな私にとっては、最高のひとときでした。


  今 私のテーブルには
    帰りに下さった真っ赤なバラの鉢が、
           甘~~い香りを放っています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疑わしき 年の瀬に

2007-12-15 14:13:32 | Weblog


超有名店の「吉兆」「白木屋」など 氷山の一角が公になって、
買い物する人達が、何を信じてよいのか・・・・と
疑心暗鬼して、お歳暮や正月用品を探しているのでしょう。

日経新聞に
 「通販・ネットでの買い物客が増え180㌫の販売高である」
 そんなコメントが載っていたが、

一般消費者は、何故懲りないのだろうか~~?

 生産者販売・地場産・産地直送・地物・・・?
それって、本当ですか?
 
自分で買って食べる物なら、確認できるけど、
 他人にあげた場合、ヘンだ? おかしい? 違う?
そう思ったとしても、貰った側から、言えますか?

以前「おせち料理のセット」保管できるようにと 冷凍で貰いましたが
 ひどい!!なんて物ではなく、食べれる物なんか一品も無い!!
  プレスチックのお重に入って、一品ずつ真空になって
 それで@20000円 ですって!!

今も其の会社の商品は、堂々と 販売されています。
 それも、大手のカード会社DCと提携して・・・

自分の目で見て、食べて、確認して、人にも喜んでもらいたい!!

そうじゃないでしょうか?


そんなに遅くない内に、きっと内部告発されて

広告と違うものを入れている・・とか
 
開封してしまって「バラ」で 入れれば消費期限なんてわからない
  現実にTVで見た「数の子の大手=ヤマカ」も、そうだし

便利かもしれないが、
おいしくない物を貰っても迷惑である事を、考えたら
やっぱり自分で確認して、差し上げるべきだと 思いませんか・

其の点、
 《一心太助》の時代から続いてる「魚河岸」は、凄い!!

世界中の産物を、取り寄せられ、
 万が一、商品が不良であったり、規格と違っていたなら
  堂々と返品対称として 扱われます。

それは、「農水省の管轄下」にあるから、
 産地も消費者も 互いに守られているからです。

今はパソコンで見ていないものを、さも、解かったかのように
  
 えっ??そう~~
 「 信仰」のように・・・
  見ていないものを, 信じて、待ち望む・・・

《神》は裏切らないけど、人間は,まして・・・

販売している会社の社員・社長さえ見ていないのに、
どうして安心して買えるのだろうか?

苦情を言っていったとしても、
誰が、それをよく聞いて、対処してくれるのだろうか?


通販で買う時いつもそう思う。

どうぞ、気をつけてお買い上げ下さい。
汗水たらして稼いだお金ですから、喜んでもらえる物をあげて下さい。
 
 ;            ;

久しぶりに「魚河岸」に行って、英気を養ってきました。
 今日入荷した物を、「今日」販売し終える・・・・

「美味しい物を、美味しく頂く食べ方」なども 教えてあげたり

「魚ちゃん」ではないけど、生きた事を学べますから、
 是非、「魚河岸」に、足を運んでみてください。


 
 
 
 
 










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 柚子

2007-12-14 15:15:34 | Weblog
  [写真は 四万温泉で]

 

 「冬至」といえば、「柚子」
使い方は、お風呂に入れたり、薬味にしたリ、器にしたり・・・

私は此の時期に頂く「柚子」を一年分、化粧品を作っておきます。

肌荒れ・あかぎれ・・・此れがあれば冬なんかこわくな~~~イ!


作り方==
 「
  柚子」は適当に切ってビンに入れ、
  日本酒とグリセリンを同量入れておくだけ~~~

 しばらくすると、エキスが出てくるので 直ぐ使えます。

このままでもいいけど、
 
  乾燥肌の人は、

 オリーブオイルか椿オイルなどを別のビンに入れて
 混ぜて使用したほうがシットリ、潤いを保てますし、
 「柚子エキス」も減らないですみます。

形や鮮度に関係ないので、
八百屋さんで少し古くなって安いのが有ったら、値段を負けてもらって
 できるだけ沢山使ったほうが エキスが出ますので。

顔は勿論、体全体、かかとに、髪の毛に・・・・
 
 何処にでも使えます。
 
 赤ちゃんにも大丈夫ですよ。
 
 アトピーの孫息子には「化粧水」を加えて 塗ってます、
  (グリセリンが 滲みるかもしれないけど・・)

夏に採れる「柚子」では エキスが出ませんし 又、出たとしても
  薄くって高い割りに 効果がありません。


私は、幸いに「柚子」を沢山頂ける所があるので、ビンを買ってきて
 いっぱい作りました。

 これから肌がカサカサになる時期なので、早めに作って
   試してみてください。

高価な化粧品や薬を買うより,つけるより、効果がありますから。

  塗って手袋・靴下を履いて・・・・
 
 翌日肌のすべすべに 自分がびっくり!!!


 

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 柚子

2007-12-14 15:15:29 | Weblog
  [写真は 四万温泉で]

 

 「冬至」といえば、「柚子」
使い方は、お風呂に入れたり、薬味にしたリ、器にしたり・・・

私は此の時期に頂く「柚子」を一年分、化粧品を作っておきます。

肌荒れ・あかぎれ・・・此れがあれば冬なんかこわくな~~~イ!


作り方==
 「
  柚子」は適当に切ってビンに入れ、
  日本酒とグリセリンを同量入れておくだけ~~~

 しばらくすると、エキスが出てくるので 直ぐ使えます。

このままでもいいけど、
 
  乾燥肌の人は、

 オリーブオイルか椿オイルなどを別のビンに入れて
 混ぜて使用したほうがシットリ、潤いを保てますし、
 「柚子エキス」も減らないですみます。

形や鮮度に関係ないので、
八百屋さんで少し古くなって安いのが有ったら、値段を負けてもらって
 できるだけ沢山使ったほうが エキスが出ますので。

顔は勿論、体全体、かかとに、髪の毛に・・・・
 
 何処にでも使えます。
 
 赤ちゃんにも大丈夫ですよ。
 
 アトピーの孫息子には「化粧水」を加えて 塗ってます、
  (グリセリンが 滲みるかもしれないけど・・)

夏に採れる「柚子」では エキスが出ませんし 又、出たとしても
  薄くって高い割りに 効果がありません。


私は、幸いに「柚子」を沢山頂ける所があるので、ビンを買ってきて
 いっぱい作りました。

 これから肌がカサカサになる時期なので、早めに作って
   試してみてください。

高価な化粧品や薬を買うより,つけるより、効果がありますから。

  塗って手袋・靴下を履いて・・・・
 
 翌日肌のすべすべに 自分がびっくり!!!


 

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四万温泉 日帰りハイキング

2007-12-12 17:21:48 | Weblog
 

九日の日曜日朝の天気の良さにひかれ、
十日の朝、6時16分のマックスで高崎へ向う。

夜が明け始め、進行方向右手の空が赤く染まり出し、
まだ夜の延長のビルは灯がついて、なんとも此のコントラストが美しい

  良かった~~ぁ 今日も良い天気で。

吾妻線に乗り換え、中之条で下車、7時25分のバス・・・・・
 
乗客は私一人・・・・四万温泉まで40分ほど走る途中の道端に
 何箇所かビニール袋に入った何か??が 置かれていた。
添えられていたメモに『スリップ止めの砂』と 書かれていました。

 優しい心使いに、温かいのものが 込み上げてきます。

《清流の湯》辺りから、雪が舞いだしてきました。

四万グランド・ホテル前が終点、

そこから日向見温泉=奥四万温泉を経由し、
昭和25年に重要文化財の指定となった《薬師堂》でお参りし、
其の前には《御夢想の湯》がありますが、あとで入浴する事にして
本日の目的地である《麻耶の滝》へとあるきだす~~

雪が舞い、風邪も冷たいが爽やかで,、急坂も体が温まり苦にならない。

国道353号線から約40分ほど奥に入山して行くのだが、
 立て看板と縄が張られて
 
「熊多出没の為 通行禁止」
 「土砂崩れの為 通行禁止」

残念!!!

 方向を変えて奥四万湖へ。
  此のダムは、飲料水と農業用水とに使用されているそうです。

もう周囲の山は雪化粧し、湖にも枯れ葉がいっぱい落ちてます。

展望台への階段にも雪が積もり固まって,氷のようにへばりついてる
・・・ところどころに余り大きくは無いが,糞が落ちてるが~~
 犬ではないな~~あ と 思いながら昇りついたら

 『 あれ? 銅像かな~~~ぁ?』
と、何度も確かめるほどジッとして 動こうとしない・・・・
野生のカモシカが一頭

逃げる気配も無いので、何度もシャッターを切る・・・

10分ほどしてご夫婦が登ってこられた時にはもう、居なかったので
 『あら~~ぁ残念だわ~~ぁ』

 私のカメラを覗きこんで ため息・・・

直ぐそばには《こしきの湯》が・・・12月~3月まで休業でした。

もう これ以上行けないので下山する事に決めたが、歩き足りないので
 日向見公園まで駆け足で5分で走ったが

途中で出会ったシニアのグループ15人位の方達に
『カモシカと猿に出会いましたよ~~~』と声をかけると
『元気ですね~~』
『下り坂を走って降りるなんて~~~す・ご・い!!』

再び日向見橋から薬師堂へ向って上り坂、10時半に《御夢想の湯》へ

「四万の病を治す」と枕元に立った神のお告げの湯で
建物も素晴らしいですが、御影石の一枚岩をくり抜いた物で
 ツルツルと肌触りがよく、高温で、質の良い湯で、山が見え・・・
なのに、誰も入ってこない・・・

 お陰でゆっくり、のんびり、一人で 浸かれました。

11時15分、
 空はすっかり晴れ、青空が広がっています。

再び下山は駆け足で・・・途中にある《小泉の滝》へ立ち寄り
四万のメーン通リ=おちあい通リへ右折し、
「スマートボール」で有名な《柳屋》のママさんの店で
@300円で45玉だが 結構入るので充分 遊べます。

 ママは福耳(恵比寿様のような)をしてるので、ほめたので、
お茶やお菓子を出してくださって、人生を語り始め
 
『13年生まれなのよ~~貴女は若くって綺麗なのに
   一人旅だなんて 勿体無いわ~~~』
 『16年生まれよ~~』
 『えっ? すご~~く若くて 綺麗!!』
 『此の台はネ~~先月16日に氷川きよしが座っていたのよ~~
   そこで、やりなさいよ~~~』

いつまでも会話が続くので、二人連れが入ってきたのでおいとまし
 御蕎麦の美味しい《中島屋》でバスの出発時間までゆっくり頂き

予定では午後4時近くまで四万に居る予定だったが、変更し
 早く帰宅した。

新緑の頃訪れるのも、いいかもしれない。


































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

  初めての お留守番

2007-12-11 21:00:14 | Weblog
 

  孫娘「千穂」が前日から熱っぽかったらしく
寒いし今日は会社に行かないので と嫁さんと留守番する事に・・
 
 でも、給料日近くでやる事もあるから・・・
  
  『じゃあ、私が見ていようか~~?』
  『大丈夫かな~~あ?』

 大人の心配も知らず、本人はケロッっとしてる
とりあえずやってみよう~~~と 置いて行かせた。

初めは、おとうさんと「陸」と遊んでいたが 仕事にならないので
 私がおんぶする事にして、紐は おとうさんの浴衣の帯を出して
  ねんねこ代わりに、和装のコートでくるんで・・・
    しばらくすると寝始めた・・・・

私の寝床に寝かしつけると、
「陸」は『自分の所だ』と言わんばかりに
 横に入ってきて、「千穂」のほッペに手をやったり・・・・
  気になるのだろうか・・・眺めたりして・・・・

 そのうち三人で(?)寝てしまった~~~

 一時間半近く経って目が醒めたが、

初めてのお留守番、

 『ママが帰るまで一回も泣かなかったヨ!!』
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加