山河旅人のあれやこれや

短歌俳句と写真

アガパンサスの花

2016-10-31 06:44:14 | 花の写真と詩歌

2016年10月31日  月曜日

今朝は 秋晴れです このような日が続いて

くれると 身体に良いのですが

今日の写真は アガパンサスの花です

別名 紫君子蘭 (むらさきくんしらん)

南アフリカ 原産の ユリ科 の園芸種 耐寒性多年草

花の色は 日本の人が好きな ブルーが基本ですが

白やピンクも有るそうです

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白い額紫陽花 (がくあじさい)

2016-10-30 06:33:24 | 花の写真と詩歌

2016年10月30日  日曜日

今日の写真は 大分時季外れですが

白い額紫陽花 (がくあじさい) の花です 墨田の花火 という品種でしょうか

紫陽花 (あじさい) は ユキノシタ科  アジサイ属 の植物で 日本固有の

植物です 古く万葉集にも 詠われています

江戸時代末期から 明治にわたり ヨーロッパに

わたり ヨーロッパで品種改良がすすみ 西洋アジサイ「ハイドランジア」

となり里帰りしたと 言われています

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俳句とアルストロメリアの花

2016-10-29 06:56:50 | 花の写真と詩歌

2016年10月29日  土曜日

今日は 俳句3句 と 川柳1句 と アルストロメリアの花です

 

最初に 俳句と川柳から

 

10月14日付  山梨新報  俳壇掲載  選者 山田省吾

俳句  父の居し隠居所跡の通草かな

読みは  隠居所 (いんきょじょ)  跡 (あと)  通草 (あけび=通草の実 秋の季語)

 

10月19日付  朝日新聞山梨版  俳壇掲載  選者 山田省吾氏

俳句  蓮の実や人影多き大徳寺

読みは  蓮の実 (はすのみ 秋の季語)  大徳寺 (だいとくじ 京都の寺)

 

10月28日付  山梨新報  俳壇掲載  選者 山田省吾氏

俳句  初紅葉芸術の森人気無く

読みは  初紅葉 (はつもみじ=秋になって初めて見たもみじ 秋の季語) 芸術の森 (げいじゅつのもり)  人気 (ひとけ)

 

 

10月21日付  山梨新報  柳壇掲載 選者 坂田とし江氏

川柳  騙されぬように詐欺師と知恵比べ

読みは  騙され (だまされ)  詐欺師 (さぎし)  知恵比べ (ちえくらべ)

 

アルストロメリアの花

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌4首と蝦夷菊 (えぞぎく) の花

2016-10-28 06:31:50 | 花の写真と詩歌

2016年10月28日  金曜日

日は 短歌4首と 蝦夷菊 (えぞぎく) の花です

 

まず短歌から

10月17日付  山梨日日新聞  歌壇掲載  選者 河野小百合氏

短歌  青空に白きグライダー牽引を解かれて雲の峰めざしゆく

読みは  牽引(けんいん)  解かれ(とかれ)  雲の峰(くもの=入道雲の天辺)

 

 10月21日付  山梨新報  歌壇掲載

短歌  窓外の格子にからむ蔦の葉の紅葉なせば本物と知る

掲出歌は 選者 長瀬和美氏によって添削されています

元歌  窓外の格子にからむ蔦の葉が本物だった茶色になった

読みは  窓外(まどそと)  格子(こうし)  蔦の葉(つたのは)  なせば(成せば=なれば)

  

10月24日付  山梨日日神殿   歌壇掲載

短歌  図書館の格子に絡む蔦の葉が茶色に変わりたり 本物だった

掲出歌は 選者 河野小百合氏よって添削されています (この選者ではめずらしい事ですが)

元歌  図書館の格子に絡む蔦の葉が茶色に変わりぬ 本物だった

読みは 絡む(からむ)

2番目と3番目の歌は 同じ歌意の歌です

 

10月28日付  山梨新報  歌壇掲載

短歌  海を越え入り来る蝶の増えゆくかアカホシゴマダラは国蝶の敵

掲出歌は 選者 長瀬和美氏によって添削されています

元歌  海を越え入り来る蝶の増えいるとアカホシゴマダラは国蝶の敵

読みは 蝶 (ちょう)  国蝶 (こくちょう=日本を代表する蝶)  敵 (てき)

 

今日の写真は蝦夷菊 (えぞぎく) の花です

別名 薩摩菊 (さつまぎく)  アスター  アレンジメントアスター

キク科の園芸種 1~2年草

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藪萱草 (やぶかんぞう) の花

2016-10-27 06:59:16 | 花の写真と詩歌

2016年10月27日  木曜日

今日は 朝から快晴です 昨日 富士山に初冠雪が有りましたと

報道されましたが 富士山頂の初雪は 9月25日にすでに見られておりまして

地元の 富士吉田市では「初雪化粧」と発表しています

初冠雪の観測は 遠く離れた甲府気象台からの目視によりますが

9月25日はあいにく雲がかかっていて 甲府からは見られなかったようです

例年や去年より 何日早いとか遅いとか発表しますが

これでは 余り 正確ではないですね

 

さて 今日の写真は 藪萱草 (やぶかんぞう) の花です

別名 鬼萱草 (おにかんぞう) 道ばたや土手に 多い多年草で

有史前に 中国から渡来したと 言われています

ユリ科  ワスレナグサ属

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加