山河旅人のあれやこれや

短歌俳句と写真

花の名前が分からない花

2016-06-30 08:33:30 | 花の写真と詩歌

2016年6月30日  木曜日

今日のは写真は 花の名前が分からない花です

山梨県甲斐市の ある眼科医の駐車場に 咲いていました 

6月11日に撮りましたが 木の高さ 3~4メーターほど

葉は 夾竹桃の葉を広くしたよう 花はご覧の通り 蘭にも似ています

南方系の植物かも知れません

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩歌と額紫陽花 (がくあじさい) の花

2016-06-29 06:34:34 | 花の写真と詩歌

2016年6月29日  水曜日

今日は 詩歌と 額紫陽花 (がくあじさい) の花です

まず 短歌から

 

6月17日付  山梨新報  歌壇掲載

短歌  水張田に影を映して遊びいる兎や象や雲のパンダが

掲載歌は選者 長瀬和美氏によって添削されています

元歌  水張田に空を写して遊びいるうさぎに羊象やパンダら

元歌では わざと雲を隠したのですがこれでは歌意が読み取れないでしょうか

読みは 水張田 (みはりだ=代掻きが終わり田植え前の水が張ってある田圃)

 

6月24日付 山梨新報  歌壇掲載

短歌 キッチンにキッチンドリンカーのごと座り耳に効くとう黒胡麻酒飲

掲出歌は 選者 長瀬和美氏によって添削されています

元歌 台所にキッチンドランカーのごと座り耳に効くとう黒胡麻酒のむ

元歌の キッチンドランカー をドリンカーになぜ変えたのでしょうか

ドランカーの方が やや意味が強いのですが 又 台所をキッチンに変えたりは何故でしょう 同じ言葉の 重なりになりますが まさか リフレイン 効果?

キッチンドリンカー (台所で一人酒を飲むことが常習になっている人) 

キッチンドランカー (台所で一人酒を飲んで何時も酔っ払っている人)

 

6月27日付  山梨日日新聞  歌壇掲載  選者 河野小百合氏

短歌  サイレンの近づきくれば救急室の大戸を開き出迎う五人

       元歌  同じ

 

次は俳句です

 

6月17日付  山梨新報  俳壇掲載  選者  山田省吾氏

俳句  松蝉やここより信州峠道

  選者の講評  韮崎から増富ラジウムラインを北に向かうと、みずがき湖に至る。

一息ついていると松林から松蝉(春蝉)の声がする。ここからさらに

県道610号の坂道を駆けて信州峠(1470メートル)へ向かう。

そこは、山梨と長野の県境の峠だ。

読みは  松蝉 (まつぜみ=春蝉 夏の季語) 信州 (しんしゅう) 峠道 (とうげみち)

 

  6月24日付  山梨新報  俳壇掲載   選者  山田省吾氏

 俳句  グライダーの目指す彼方や雲の峰

隣の甲斐市にある 日本航空高校の滑走路からの飛行機に牽引されたグライダー

が よく上空に 現れます

読みは 彼方 (かなた)   雲の峰 (くものみね=入道雲の天辺 夏の季語)

 

川柳 です

 5月27日付  山梨新報  柳壇掲載  選者 坂田よし江氏

川柳  運転が下手になったと気づく歳

 

  6月10日付  山梨新報  柳壇掲載  選者 坂田よし江氏

  川柳  常識の通らぬ事が多くなり

 

      6月24日付  山梨新報  柳壇掲載

川柳  甘い世辞信じ後悔しています

読みは 世辞 (せじ)  後悔 (こうかい)

 

写真 額紫陽花の花

別名 額 (がく) 額花 (がくばな) ガクソウ

ユキノシタ科 アジサイ属

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柘榴 (ざくろ) の花

2016-06-28 08:18:52 | 花の写真と詩歌

2016年6月28日  火曜日

今日の写真は 柘榴 (ざくろ) の花です

ザクロ科  ザクロ属 ですが このザクロ科には

柘榴と 園芸種の 八重柘榴 しかない 1科 1属の小さな科で

 南西アジア原産 我が国には 平安時代に入ってきたという

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅花アベリアの花

2016-06-27 06:15:27 | 花の写真と詩歌

2016年6月27日  月曜日

今日の写真は 紅花アベリアの花です

スイカズラ科の 半常緑低木 庭植え や道路脇の植栽に

多くに用いられています

写真にはなりにくい花です

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鼠黐 (ねずみもち) の花

2016-06-26 06:15:21 | 花の写真と詩歌

2016年6月26日  日曜日

過日 水蝋の木 (いぼたのき) の花を 載せましたが 

今日はよく似た 同属の 鼠黐 (ねずみもち) の花です

別名 玉椿 (たまつばき) モクセイ科 イボタノキ属です

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加