山河旅人のあれやこれや

短歌俳句と写真

写真と 短歌 俳句

2014-10-30 14:05:12 | インポート

短歌   ヘルメット足りなくなってこの鍋を被って来たと避難下山者

俳句   稲刈りの進む廻りや運動会

短歌、先に起きた、木曽御嶽山の噴火のテレビニュースを見ての歌です。  読みは、 鍋 (なべ)、 被って (かぶって)、  避難下山者 (ひなんげざんしや)  です。 10月27日付けの山梨日日新聞 歌壇の 河野小百合氏選欄 に掲載されていました。

俳句   孫の通っている小学校の運動会です。 10月28日付けの朝日新聞山梨叛 の俳壇(選者 渡辺柳風氏) に掲載されていました。

今日の写真は、はぼたん (葉牡丹) です。 1枚の写真を 加工してみましたが仕上がりは余り良くないようです。

Kanran0

Kanran1_2

Kanran2

Kanran4

Kanran5_2

Kanran6_2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀杏黄葉と短歌俳句

2014-10-23 11:00:23 | 詩歌と写真

短歌   手の平で撫でれば団子になりそうな幼児らがゆく台車の上に

俳句   隠居所の今も残れる通草かな

短歌、保育園児の移動中の光景です。 読みは、 撫でれば (なでれば)、  団子 (だんご)、  台車 (だいしゃ)  です。

俳句、 読みは、 隠居所 (いんきじょ)、  通草 (あむぴ=秋の季語です)

短歌は、20日付の山梨日日新聞の歌壇、河野小百合氏選欄に、 俳句は、21日付、朝日新聞山梨叛に掲載されていました。

今日の写真は、いちょう (銀杏・ 公孫樹) の黄葉です。甲府市にある芸術の森公園内の駐車場で撮りましたが、今年の写真ではありません。 11月中旬の景色です。

Ityou1

Ityou2

Ityou3

Ityou4

Ityou5

Ityou6

Ityou7

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花のあれこれ

2014-10-19 09:39:48 | 写真

今日は、数年前に有るホテルのロビーをお借りして開いた、ミニ個展の一部です。

上から、 せいようさくらそう (西洋桜草)。  はなみずき (花水木)。  ひめしゃら (姫沙羅 別名 夏椿)。  やまゆり (山百合)。  デージーポンポネット。  たからづか (宝塚)。  アフリカンデージー。  もみじあおい (紅葉葵)。  です。

1seiyousakurasou

2hanamizuki

3himesyara

4yamayuri

5deiziiponponetuto

6takarazuka

7afurikandezii

8momiziaoi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵のような写真

2014-10-18 13:06:44 | 写真

又もや絵のような写真、です。  上から、 こすもす (秋桜)。  しおん (紫苑)。  あかそば (赤蕎麦)。  あやめ (菖蒲)。  しゃくなげ (石楠花)。  やえざくら (八重桜)。  はなみずき (花水木)。 です。

1kosumosu

2sion

3akasoba

4ayame

5syakunage

6yaezakura

7hanamizuki

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵のような写真 アイリス と 短歌

2014-10-17 10:56:20 | 詩歌と写真

短歌   タブレットにふと想い出す駅長が昔ホームで手渡す閉塞器(ルビ リング)

俳句   木犀の香や風に乗り五階まで

短歌、今、ネットやゲームで大流行のタブレットですが、昔では、単線の鉄道で使われていた、リング状の閉塞器です。 この歌は、選者の、長瀬和美氏によって添削されています。 私の原句は タブレットにふと想い出す駅長がホームに授受せし通学時代」ですが、添削によって寄り明瞭になりました。

俳句、木犀が 秋の季語です。選者は山田省吾氏でした。

双方とも、今日の山梨新報に掲載されていました。

今日の花は、よく 似ていますが、アイリスとあやめ (菖蒲)  です。 1枚目と2枚目。 3枚目と4枚目。 5枚目と6枚目。の各組はそれぞれ元の写真は同じ写真です。

1airisu1

2airisu2

3airisu3

4airisu4

5ayame1_2

6ayame2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加