山河旅人のあれやこれや

短歌俳句と写真

今日の詩歌

2008-11-28 19:17:11 | 詩歌

今朝の県内週刊紙に掲載された俳句と川柳です。

俳句   迷わずに今年と同じ日記買う

川柳   帰途の足確かめてから酒を酌み

俳句、本屋さんの店頭に来年の、ダイアリーや手帳が沢山並べられています。私も毎年日記や手帳を買いますが、やはり使い慣れた物が一番です。 20句中 下位部に掲載されています。11月9日に投稿した句です。   川柳、忘年会の季節です。昨今は飲酒運転の取り締まりが大変厳しくなっていますが、取締りというむより人として酒を飲んだらハンドルを握らない事を守りたいものです。酒を飲むときは、自分は勿論、相手の帰りの方法も確認してから飲み出すようです。24句掲載中、中位部の入選です。10月19日に投稿した句です。

今日は、写真はお休みです、前にも書きましたが、川柳は人の心の機微を詠む詩歌ですので、具体としての写真に表すのは大変難しくて、あまり撮ってありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の短歌

2008-11-26 09:26:08 | 詩歌と写真

今朝の、全国紙地方版の文芸欄に掲載された私の短歌です。

短歌   武蔵野の住宅街の小さき川餌漁りいる白鷺の群

10月末に調布の娘の家に用事がありまして出かけました。時間が余りましたので娘の自転車を借りて、近くの深大寺に行くときの歌です。深大寺か近くに有るとはいえ、街の中の小さな川に白鷺がいるのが不思議でした。 読みは 小さき(ちさき)  餌漁り(えさあさり) 白鷺(しらさぎ) と読んで下さい。

写真は 左から2枚は 深大寺の境内  昼間から提灯を点す蕎麦屋 右の2枚は途中の道での写真  白い花は名前が分かりませんが、葉は大きく3角で3枚付いています。右端はベゴニアです。

写真はクリックすると拡大します。   

ホームページもご覧下さい、アドレスをクリックすると飛んで

行きます。

 アドレス http://www3.ocn.ne.jp/~tabito

Zindaidi1 Zindaidi2 Siroihana Begonia

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の短歌

2008-11-24 15:46:07 | 詩歌と写真

今朝の県内日刊紙に、4週間ぶりに掲載された短歌です。

短歌   おそ秋の林の径の足裏に落ち葉の力がふんわりかえす

11月の始めに、所用がありまして清里に行きました。甲府盆地はまだ緑濃い時期でしたが、清里の森や林の木々は、みな葉を落として既に晩秋でした。林の中の径(みち=細い道のこと)に踏み込むと厚いHayasinokomiti Kumasasatomomidi Bansyunomori落ち葉の弾力が足裏(あなうら)を押し戻してきます。

18首中上位部に入選で、評をいただいています。11月2日投稿のものです。

写真 左は 落ち葉の散り敷く林の径、 中は そんな径を進めば遠近に熊笹や遅れたモミジが見られます。 右は 葉を落とした林  3枚とも11月1日の清里です。

写真はクリックすると拡大します。   

ホームページもご覧下さい アドレス http://www3.ocn.ne.jp/~tabito

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俳句

2008-11-18 16:55:38 | 詩歌と写真

今朝の、全国紙県内版の文芸欄に載った俳句です。

俳句   救急車左右から来る秋の暮

病院の近くを歩いているときの句です。22句掲載中 下位部の入選です。10月19日に投稿したものです。

Kosenomomigi2_0206 Kosenomomigi Hanamizukinomi Susukinoho 前回は写真が有りませんでしたので、今日は最近の秋らしい風景を、4枚です。

左の2枚は、甲府市の小瀬スポーツ公園の、黄金色のイチョウとサクラの紅葉です。右の2枚は、私の家の近所のハナミズキの実と日に輝くススキです。

写真はクリックすると拡大します。   

ホームページもご覧下さい アドレス http://www3.ocn.ne.jp/~tabito

<script src="http://blog.ocn.ne.jp/js/free_adsense.js" type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js" type="text/javascript"></script><script></script><script language="JavaScript1.1" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/ads?client=ca-ntt-ocn-blogzine-m_js&amp;dt=1226994909059&amp;hl=ja&amp;adsafe=high&amp;oe=utf8&amp;lmt=1226994909&amp;num_ads=3&amp;output=js&amp;correlator=1226994909059&amp;url=http%3A%2F%2Fyamakawa-tabito.blog.ocn.ne.jp%2Fblog%2F2008%2Fweek45%2Findex.html&amp;ea=0&amp;eid=30143003&amp;ref=http%3A%2F%2Fyamakawa-tabito.blog.ocn.ne.jp%2Fblog%2F2008%2Fweek47%2Findex.html&amp;frm=0&amp;ga_vid=1393328827.1226994909&amp;ga_sid=1226994909&amp;ga_hid=1976525015&amp;flash=10.0.12.36&amp;u_h=900&amp;u_w=1440&amp;u_ah=868&amp;u_aw=1440&amp;u_cd=32&amp;u_tz=540&amp;u_his=2&amp;u_java=true&amp;dtd=63"></script>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月14日の詩歌

2008-11-17 16:18:16 | 詩歌

遅れて仕舞いましたが、11月14日の県内週刊紙に掲載された。短歌と川柳です。

短歌   古都京都 炭屋 俵屋 柊屋老舗旅館旅館の名前たのしき

川柳   角の家いつか消えてて迷う道

短歌は、京都は我が国を代表する観光都市、沢山のホテルや旅館が有ります。詠っている、この炭屋(すみや)、俵屋(たわらや)、柊屋(ひいらぎや)は京都の旅館を代表する老舗(しにせ)です。炭屋さん、その炭を入れる俵屋さんや、柊は木の花の名前ですが、名前がとても面白くて歌にしてみました。 17首掲載の中、上位部に掲載されています。9月17日に投稿したものです。

川柳は、ある日美術館からの帰り路、車で良く通る路なのですが、曲がり角の目印の家が取り壊されて居て、更地になっておりました、危うく曲がりそびれてあわててしまいました。24句中、下位部掲載、10月19日投稿分です。

今日は、写真はお休みです、この短歌が入選掲載されたので、以前撮った、紅葉の京都の写真を探したが、見つかりませんでした。写真を探していてブログの書き込みが遅くなってしまいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加