BEAST SIDE 1

ジュエリーアーティストMARIのブログです。ジュエリータバサ/OPEN-G工房からの制作秘話、裏話、趣味の音楽の話など。

音楽サークル様のピックチャーム

2015-12-06 17:06:14 | メタルプリント
ここ数年、毎年11月に、東京のある大学の音楽サークル様のピックチャームをお作りしています。

今回、ブログ掲載のご許可をいただいたので、その製作の様子を載せさせていただこうと思います。

表面にサークル様のロゴ、裏面にメンバー様のお名前と数字をお入れしたオリジナルピックチャームです。







ピックチャームの元になる板は、シルバー950、厚み1.3ミリの板です。

それをピック型に抜いたものを、常時、在庫しています。

その状態から、まずは、板をピカピカに仕上げていきます。



下の写真は、コバ(周り)の部分を仕上げた状態です。

ここまでで2段階、バフの工程を進めています。





その後また2段階、ピック両面のバフ仕上げの工程をすすめて、これは最終仕上げの写真です。






シルバー950の板がピカピカの鏡面に仕上がりました。





板が仕上がったら次はメタルプリントです。

表面は同じロゴですので、いっきに打刻プリントできますが、裏面はお一人お一人のお名前なので、一枚一枚レイアウトを確認しながらプリントしています。

(裏面はお名前なので、写真は撮らせていただいておりません。)





プリントができあがったら、丸カンを付けて、ピックチャームはできあがりです。





そのあとは、一つ一つきれい仕上げ、個包装します。





お名前を確認しながら、ラッピングします。

最終的に、外袋の上に、お名前のシールを張ってお渡ししているので、そこまでをいっきに作業します。

(写真のお名前部分はぼかしてあります。)







こちらのサークルでは、先輩のメンバー様から後輩のメンバー様にピックチャームを贈られることが恒例になりつつあるという、たいへん嬉しいメッセージをいただいており、本当に光栄に思っております。


毎年のご注文からは、サークル様の活発なご活躍ぶりもお知らせいただけますし、元気もたくさんいただけて嬉しい限りです。


今年も無事に納めさせていただき、毎年恒例の大事なお仕事の一つが終わった感じです。



   メタルプリントOPEN-G




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 門出の記念のパールジュエリ... | トップ | セナギターズ保証書♪ シリア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL