新年挨拶

全職員による、新年挨拶です。理事長、施設長、各所属長と続き、他の職員も全員綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

理事長 石本直大

2016-12-31 15:05:29 | 2017年新年挨拶

あけましておめでとうございます 年の初め理事長として、ご挨拶をさせていただく事は大変名誉な事であります。

皆様におかれてはどの様な新年を迎えられたでしょうか。ご家族、関係各位の皆様が今年も良き年でありますよう心より祈念いたします。

旧年中は皆様のご指導、ご理解、ご協力のもと運営出来たと事改めて感謝いたします。

増え続ける社会保障費、社会保障制度の複雑化の中、今後社会福祉法人の役割が益々重要になっております。

我々慈愛会は常々『一灯照遇』すみずみ照らす福祉の光で世の中のニーズに応え、小さな部分も見逃さないという思いで動かなければならないと考えております。皆様に正確な情報を分かりやすく説明し、最良で適切なサービスを提供する事が重要と考えます。皆様に安心し生活を送って頂く、この事こそが社会福祉法人使命であります。

昨年度末より長崎県独自の社会貢献の1つ、地域のあらゆる困窮を見逃さず高齢者福祉に限らず社会貢献するレスキュー事業参加法人となり、益々の責任の重さを自覚し職員一同身の引き締まる思いであります。皆様ご存知の『千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔の蒸すまで』君が代の1節ですが、これは金色和歌集に詠まれている和歌であり、小石が大きな岩になりそして苔が生える様になるまで長い年月栄える事を願う歌であります。

皆様が末永く安心して暮らしていけるよう我々に使命である社会貢献を尽くし地域、皆様そして田平ホームが君が代の歌詞同様長い年月栄える事を祈願いたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護職 梅谷長子 | トップ | 施設長 萩尾章 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017年新年挨拶」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。