居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)ブログ

居宅介護支援事業所は現在たった1人のケアマネージャーが奮闘中!活動の様子や日々の疑問をぶつけます。

2013. 10 『介護保険の今後』

2013-10-05 07:00:00 | インポート
 
社会保障制度改革で、政府は介護の必要性が低い「要支援」者のサービスを全国一律の介護保険制度から切り離し、2015年度から段階的に市町村の独自事業とする改革案を示しています。
現在の介護保険制度はこのままの形で継続していけば破綻してしまう恐れがあります。
介護認定を受ける方が増加、サービスを利用する方も増えてきており、保険財源はパンク寸前です。
 そこで、軽度認定を受けた方、要支援認定の方へのサービスは介護保険と切り離し、市町村へ移行することで、保険財源確保を行おうとしているのかもしれませんが、自治体の財源力の違いで、サービスの内容に格差が出たり、現状と同じサービスを提供し続けるのは
難しいのではと思います。
まだ、詳しいことは決まっていませんので、今後どうなっていくのかをよく見極めて行きたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加