居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)ブログ

居宅介護支援事業所は現在たった1人のケアマネージャーが奮闘中!活動の様子や日々の疑問をぶつけます。

2009.7 『認知症にならないために』

2009-07-05 07:00:00 | インポート

認知症になりかけたとき、次の3つの能力が低下することがわかっています。
この3つの能力の低下をいち早く発見し、鍛えることによって認知症を予防することができます。

*エピソード記憶(過去に体験したことを覚えているかどうかという記憶力。)
*注意分割(2つのことを行うときに同時に気を配る能力。)
*計画力〔思考力〕(物事の手順を考える能力。)

有酸素運動(散歩やウォーキング)を習慣化すると、脳の前頭葉や海馬の血流と代謝がよくなり、脳の働きが活発になるので『記憶力』や『注意力』が向上するそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加