看護職員・介護職員による医療的介護連携協働対策委員会

医療的ケアを充実させるための委員会です。

2017.1 『お口の健康体操』

2017-01-05 07:00:00 | 日記
高齢になりますと身体の変化により、・歯が欠ける・唾液の分泌が悪くなる・口の周囲、食道等の筋力の低下が起きる等、咀嚼、嚥下機能が低下し、誤嚥を起こしやすくなります。
誤嚥予防体操として、・首の運動・肩の上げ下げ運動・舌を左右、上下に動かす・顔の頬を膨らます、すぼめる。口を開閉させる。・パタカラと舌を動かし声を出す等の体操を、日頃より行う事で、唾液腺の分泌を促し、口の周囲の筋力低下を予防します。
また、食事の姿勢も大切です。飲み込みやすい姿勢は「顎を軽くひき、やや前かがみ」とします。介助が必要な方の場合は、介助の位置を考え、気配りも大事です。今の時期、お餅を使った料理を食べる機会が増えてきます。楽しく、美味しく食べて頂きたいと思います。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.12『スト-マと食事』 | トップ | 2017.2 『乾燥と感染』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。