ヨーロッパの旅の空ダヨ~

旅仲間を見つけたいのだ

ロサンゼルス・マチュピチュ・ウユニ旅行記・40(6日目・ハイラム・ビンガム号)

2017-05-15 23:17:58 | ロサンゼルス・マチュピチュ・ウユニ旅行記
マチュピチュに行くのは、値段が違う3種類の列車があります。行きは1番高いハイラム・ビンガムで行って、帰りはビスタドーム号という2番目に高い列車で帰ることにしました。
早くチケットを手配しないと、満席になってしまうという事なので、早めにネットで買いました(ハイラム・ビンガム号・片道373ドル)

電車にちょっぴり乗るだけで、宿泊費より高いよ・・・と思ったんですが、
サービスが ものすご~~~~~~く良かったです
まず、1コ前に書いた駅舎での歓迎の踊りと演奏と軽食、
列車内のバーカウンターでのドリンクと生演奏
列車内でのお昼ご飯(コース料理)
マチュピチュ駅からマチュピチュ遺跡までの送迎バス
マチュピチュ遺跡の入場料
マチュピチュ遺跡のガイド(14人くらいの少人数に1人のガイドさん。もちろん荷物は遺跡の入口のホテルで預かってくれます綺麗なトイレもそこで借りられます。)
遺跡見学後のホテルのレストランのケーキビュッフェ

これだけのサービスなので、このハイラムビンガム号は、元を取った気分がしましたすっごい良いです。お薦めです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロサンゼルス・マチュピチュ... | トップ | ノーエスケープ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
列車 (にゃんぱす)
2017-05-16 14:18:21
わたしが乗った車両は飲食のサービスなんてない普通車両でした。
列車 (管理人)
2017-05-16 21:07:27
これは、きっと大人の京都旅行的な感じで、
もう一度大人のマチュピチュ旅行に行ってみるのはどうでしょうか。
でも、京都ほど気軽な距離じゃないんですよね~。
私も もう一度誰かを誘って行けるかというと、難しいです。でも、あの景色は一生の宝物な気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。