hasyan の 旅の散歩道

元気な間に余暇を通じてドライブなどで得た、行き先々の身近な風景・
神社仏閣・史跡・花の写真などをお伝えします。

浄土寺の裏山に咲くアジサイ 2017.06.26

2017年06月27日 17時01分57秒 | 季節のたより


  所在地    浄土寺     兵庫県小野市浄谷町2094

 春は、桜の綺麗な浄土寺ですか、梅雨の時期、裏山に咲く紫陽花が綺麗ですのでやってきました。

 境内に入ると、ドンと構える、浄土堂(国宝)があります、鎌倉時代、建久年間(1192~1197年)に重源上人が建立した大仏様の建物です。堂内には巨大な阿弥陀三尊立像(国宝)があり立派なものです。
     拝観料:500円

 紫陽花は、本堂の左手から裏山に、四国八十八ヶ所めぐりができる林道が設けられており、江戸時代に作られた88体の地蔵を巡ることができます。そこには、沢山の紫陽花が咲いています。

 コースは1周約1.5キロメートル約30分程度、散策するのにも丁度よい距離で、平成14年度から植栽を開始したアジサイは、「日向紺青」「土佐緑風」や、6月から10月まで長く花を咲かす「エンドレスサマー」、柏に似た葉を持つ 真っ白な房状の花が美しい「カシワバアジサイ」、またアジサイの基本種であるガクアジサイやハイドランジア(西洋アジサイ)等、約1万株が植えられています。

 紫陽花と四国八十八ヶ所の仏さんを見ながら約30分程度のコースを、散策するのにも丁度よい距離です。

 見頃の6月中旬から7月上旬には、木立の中にしっとりと咲く紫陽花を見るのもいいものです。

 本堂の裏手にも綺麗に咲く紫陽花が、ちょっと休憩しながら見るのもいいものです。

 ゆっくりのんびりと散歩した後、いっぷくで前方には本堂が、境内には池を中心にして、西に重源当時の建築である浄土堂(阿弥陀堂)、東に室町時代の薬師堂(本堂)が建つ。この配置は偶然ではなく、東方浄瑠璃世界の教主・薬師如来と西方極楽浄土の教主・阿弥陀如来の居所を意味しています。
 次回をお楽しみに では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨時に咲く平池公園の大賀ハス 2017.06.26

2017年06月26日 16時23分56秒 | 季節のたより


  所在地   平池公園     兵庫県加東市東古瀬 平池公園

 昨日は、雨模様で今日はいい天気ですので、国道175から少し離れたところにある平池公園へ大賀ハスを撮りに行ってきました。大賀ハスの周りには、多くのアマチュアカメラマンが集まり写真を撮っています。

 この梅雨の時期では 平池公園の池において、二千年の眠りから覚めた大賀蓮や花蓮、睡蓮をはじめ、多数の水生植物が栽培された水生植物の宝庫です。さまざまな種類の水生植物が、6月中旬から優雅に花を咲かせ、自然観察と憩いの場として、四季おりおりの彩りが楽しめます。

  大賀蓮(おおがはす)は、千葉県の検見川遺跡から発掘された種子を、故大賀博士が発芽に成功させたもので、古代蓮とか二千年蓮と呼ばれている全国でも非常に珍しい蓮です。これから開くのかな~

 大きな花ですね、20cm以上ある大賀ハス最高です。

 大きな大賀ハス、こんだけ咲いていると豪快で綺麗です。

 大賀ハスが沢山咲いている所では、カメラファンが囲んでカメラのシャッターを押しています。

 大賀ハスは、千葉県の検見川遺跡から発掘された種子を、故大賀博士が発芽に成功させたもので、古代ハスとか二千年ハスと呼ばれている全国でも非常に珍しいハスですので、多くの人が写真を撮りにこられています。

 園内には大賀蓮を見ることのできる休憩所があり、休憩して太古のロマンを感じるのもいいですね~。ジョギングコースでさわやかな汗を流したり、また樹木や多くの睡蓮、花蓮が水面に映る池でくつろいだりできるよう工夫されており、憩える公園として多くの人々に利用されています。

 園内には、花ハス100種やスイレン4種もあり、ピンクや白のかれんな花を咲かせる。見頃は花ハスが7月下旬ごろ、スイレンは同中旬ごろまで。昼過ぎには花が閉じるため、観賞は午前中が適しているようです。
 次回をお楽しみに では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トワイライトエクスプレス瑞風 山陽下りコース 2017.06.24

2017年06月24日 20時44分15秒 | 船舶・鉄道・その他の撮影地


  所在地  山陽本線巳野池踏切    兵庫県明石市魚住巳野池踏切

 今日はトワイライトエクスプレス瑞風を撮りに、JR山陽本線大久保駅から西へ」直線距離で1.5km先の「巳野池踏切」へ時間待ちの間、電気機関車の写真をさっそくEF210-303が2013(平成25)年5月22日に川崎重工業で落成した車両です。

 今度は、川崎重工富士電機 平成2年8月30日の製造でサメの愛称を持つEF66117が来ました。

 そうこうしていると、JR大久保駅を通過してくるトワイライトエクスプレス瑞風が見えます。

 目の前を移動する一流ホテルということでその優雅なフォルムやデザイン客室の写真、料理等が話題になっています。トワイライトエクスプレス瑞風が巳野池踏切をAM11:50通過です。

 トワイライトエクスプレス瑞風は、全部で10両編成で客室車6両・食堂車1両・ラウンジカー1両・展望スペース付き先頭車2両(編成両端)になっており、客室のクラスは「1両1室タイプ」と「1両3室タイプ」の2種類、定員は30名程度だそうです。

 「美しい瑞穂の国を風のように駆け抜ける列車」という意味を込めて命名。瑞風がメインの名称で、「トワイライトエクスプレス」はサブタイトルという。ロゴは、瑞風のMを沿線の山並みに見立て、トワイライトエクスプレスの象徴である天使で吹き抜ける風を表現しているようです。

 あっという間の通過です。前回撮ることが出来ませんでしたが、何とか撮れたようです。

 向こうから赤色のEF510-10電気機関車が来ました。日本貨物鉄道(JR貨物)が2002年(平成14年)から製作している交直機関車流電気でレッドサンダーと呼ばれているEF510-10電気機関車です。

 長閑な田園風景を見ながら帰路へ
 次回をお楽しみに では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尼崎農業公園の花菖蒲 2017.06.12

2017年06月12日 21時08分16秒 | 季節のたより


  所在地    尼崎農業公園    兵庫県尼崎市田能5丁目12

 猪名川のほとりにある尼崎農業公園は、四季折々に花が咲き乱れる花と緑の公園です。春は梅、桜、牡丹、初夏には薔薇、花菖蒲、あじさい、夏にはヒマワリ、秋にはコスモスと四季それぞれの季節を代表する花々が栽培され、手入れも行き届いているため美しい花を見ることが出来ます。

 花菖蒲園には、肥後系、江戸系を中心に約73種、約25000株のハナショウブが植えられています。ハナショウブの花の見頃は6月上旬~7月上旬です。

 この公園は、四季折々のお花が楽しめ入場は無料にもかかわらず、公園内は綺麗に整備されており、芝生広場もありくつろげる公園の1つです。

 今の時期、花菖蒲が開花を始め白や紫色の花が、初夏の光を浴びて鮮やかに輝いていて、多くの人が綺麗な花菖蒲の姿を写真に撮ろうと来ています。

 四季折々のお花が楽しめる、尼崎農業公園は、農地も活用した花いっぱいの公園です。田園風景の広がる田能地区にあり、隣接する猪名川の自然空間とも調和した爽やかでゆったりとくつろげます。

 竹薮・桜などの木々の緑や木陰とのコントラストが心を和ませてくれるて、落ち着いて花菖蒲の写真を撮ることもできます。

 花菖蒲の花の見頃は6月上旬~7月上旬で、何ぼかの区域に分類され「佐野の雪」や「八乙女」などが咲き競っている花菖蒲を見ることが出来ます。

 園内の豊かな花菖蒲園は量的には充分満足することができ、数箇所に分かれて育成されているので雰囲気も違いいいですね~。

 広さは3.6ヘクタール。園内は、
   68種7,300本の「ボタン」(4月中旬~5月上旬)
   100種4,000本の「バラ」(5月中旬~下旬)
   73種25,000本の「ハナショウブ」(6月上旬~7月上旬)
   44種200本の「サクラ」
   その他、ウメ、アジサイ、ヒマワリ、コスモス、ナノハナなど、四季を通じてお花が楽しめます。
 次回をお楽しみに では またね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑が綺麗な太陽公園 2017.06.09

2017年06月10日 17時58分44秒 | 公園・名所・名勝


  所在地    太陽公園    姫路市打越1342-6

 知る人ぞ知る謎の「太陽公園」。一歩足を踏み入れるとただならぬ雰囲気が!ドイツのお城に万里の長城、凱旋門やピラミッドなどがある、石の文化・歴史とお城のテーマパークです。まずは「石のエリア」から入ります。

 まず出迎えてくれたのがフランスの凱旋門です。結構な大きさですよ。世界の石造彫刻見ながら「秦始皇帝・兵馬俑坑」へ 杭の中に入ると、このように兵馬俑がずらりと並んでいて圧倒的です。1体1体が異なる造形を持ちオリジナルには及びませんが、1000体を展示していてそして、奥には秦始皇帝陵も再現してあります。

 「秦始皇帝兵馬俑抗」を出ると次は、「万里長城登場門」で、太陽公園の万里の長城の入り口です。その前には、兵馬俑抗が立ち並んでいます。

 太陽公園では日中の永遠の友好を祈念し、天安門・天安門広場を設置した。中国で施工・組み立て、解体して運んだものです。現地の職人さんを呼び着色、本場さながらの雰囲気を味わえます。

 万里長城は、世界遺産ですが、実物とサイズは同じに作られていると云われていますが、行ったことがないので判りません。現在全長2km造られておるそうですよ。

 双搭寺は、 中国・太原市のシンボルと言われています。姫路市が太原市と海外姉妹都市ということもあり、ここに建立されました。

 双搭寺の八角型の塔が2つ建つ寺院です。万里長城を進んで行くとあります。

 万里長城は、途中でやめ石貨神殿に到着です。ミクロネシア連邦のヤップ島をモチーフにしているそうです。石のお金が沢山飾っております。新緑の綺麗な「石のエリア」から「城のエリア」に行きます。

 今日はいい天気、山上にそそり立つ白く美しい姿は、まるで今にも大空に羽ばたこうとする白鳥のようです。

 その公園内の中世ヨーロッパの古城をモチーフにした。白鳥城のアクセスのモノレールお城まで約3分です。

 白鳥城の高さは、姫路城よりも高いのだそうです。城内に入ると中庭があり、中庭からの白鳥城の姿をお楽しむことも出来ます。

 白鳥城には、二次元である壁や床に、立体感のある三次元的な世界を 表現してその効果を楽しめる、トリック3Dアートが、 伝統的な遠近法でリアルに描写するだけでなく、 アナモルフォーシス(ゆがみ絵)の技法など逆遠近錯視、隠し絵、鏡面など心理学的、 視覚認識傾向を利用した錯覚を楽しむ「観る」 作品があり楽しく過ごせます。

 城の7階から外を覗いてみると新緑が美しく山陽自動車道が見えます。1日ゆっくり堪能しました。
 次回をお楽しみに では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちくさ湿原に咲くクリンソウ 2017.06.05

2017年06月05日 20時53分58秒 | 季節のたより


  所在地   ちくさ湿原     兵庫県宍粟市千種町西河内

 昨年より少し遅いですが、標高約800メートルにある15ヘクタールほどの「ちくさ湿原」には、全長約2・5キロの遊歩道が設けられ、大小7カ所の群生地に推定約40万株が自生していますので、今年も来ました。

 今年も「俳句の小路」から順路を比較的緩やかな林内中級コース歩いていきます。

 40万株にも及ぶクリンソウを観賞することができ、期間中は、群生地約15ヘクタールと遊歩道約2.5キロを一般開放。遊歩道には長距離健脚上級・林中散策中級・クリンソウ満喫初級の3コースが設けられ、それぞれの好みで自由に散策することができます。

 「クリンソウ(九輪草)」は、北海道から本州、四国の山間部に分布する多年草で、湿り気のある環境を好み山野のせせらぎや渓谷の湿地に自生し、草丈は大きなものでは90cmほどになり、サクラソウ科の中でもっとも大型の部類となります。

 名前の由来は、花は下の方から階層(段)になって次々と咲いて、その姿がお寺の屋根の先端についている九輪に似ているところから「クリンソウ(九輪草)」の名前が付きました、いかがですか、

 国内最大級のクリンソウの群生地とされる宍粟市千種町西河内のちくさ湿原で、紫色の花が見頃を迎え綺麗いです。

 クリンソウの群生地には、柵か、縄が張られ湿地に入れないように保護されています。

 群生地から少し離れて沢にポッンと咲いていました。

 自然の湿地に咲く「クリンソウ(九輪草)」が綺麗で爽やかな天気に恵まれ楽しかったです。
 次回をお楽しみに では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加