hasyan の 旅の散歩道

元気な間に余暇を通じてドライブなどで得た、行き先々の身近な風景・
神社仏閣・史跡・花の写真などをお伝えします。

岡山・みずの郷奥津湖  2011.10.26

2011年10月31日 07時45分29秒 | 公園・名所・名勝


  所在地 みずの郷奥津湖     岡山県苫田郡鏡野町河内60―8

 国道179号雲井山トンネルの北口付近には、総合案内所「みずの郷(さと) 奥津湖」があります

 観光案内や特産品、郷土食を通じて地域のあたたかさを感じることのできる施設で、ふるさと味わい館では、奥津は唐辛子が有名みたいで、「姫とうがらし茶」などがあり唐辛子に関するものが多いでした。いろんな調味料もあるよ

 湖の方へ建物から外に出ると、テーブルとベンチがいくつも並んでいて、そこは店の食事だけではなくて、自由に休憩できます。ア~驚いたこんな所に沢山の木の彫り物がありますよ

 裏側の庭へ出ると、奥津湖を望むことができて、天気もいいし景色もいいし、奥津湖は曲がっているので、苫田大橋は見えますが、苫田ダムまでは見えないですね。

 あれが苫田大橋です。長閑な景色で癒されます。奥津湖を一望できるオープンデッキでふるさとの味をゆったりと味わえるお食事処ですので、ちょっと小腹が空き始め「山菜うどん」を食べました。むかご(山芋の葉の付け根にできる)が入っていました美味しかったです。

 おみやげ物に、西条柿の渋柿がよりどりで1個 ¥70で売っていましたので購入です。これを干し柿にすると美味しいでしょうね出来るのが楽しみですここから帰路に
 次回をお楽しみに  では またね

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡山・奥津渓谷の紅葉  2010.10.26

2011年10月29日 20時56分35秒 | 公園・名所・名勝


  所在地  奥津渓谷    岡山県苫田郡鏡野町奥津川西

 岡山県北部に位置する苫田(とまた)郡鏡野町奥津にある、国指定名勝の渓谷です。吉井川の上流、大釣温泉付近から奥津温泉にかけての渓谷で、清流が花崗岩をえぐり、甌穴(おうけつ)や滝など変化に富んだ景観を創り出しています。

 奥津川が花崗岩の峡谷を浸食してできた、巨岩あり、滝あり、渕ありの変化に富んだ延々3kmに及ぶ渓谷です。この一帯は、春にはコブシ・シャクナゲ・ツツジ、夏は、新緑とカジカガエルの鳴き声・鮎掛け、秋は紅葉、冬は雪に映えるイイギリの赤い実・樹氷など、限りない自然が生かされています。

 奥津渓谷は紅葉の名所として知られ、渓流沿いにあるモミジが鮮やかな赤色に染まるこの時期になると大勢の人が訪れるのですが、紅葉の見頃には少し時間がかかるようです。

 この辺は、花崗岩の柱状節理と侵食の美より成る渓谷です。

 川床の岩盤にできた臼淵の甌穴群は全国的にも貴重なもので、中には50万年前に形成されたものもあるという東洋一の甌穴があります。

 吉井川の上流にある渓谷で、清流が花崗岩をえぐってできた臼淵の甌穴群は、50万年前に形成されたものもあり世界的にも貴重。他に転石・天狗岩・琴淵・臼淵・鮎返滝などの名勝が続き、渓流に沿って走る約700mの遊歩道を散策しながら鑑賞できます。

 奥津渓谷は紅葉の名所として知られ、10月下旬から11月中旬の最盛期にはカエデやモミジ、イチョウなどが目のさめるような紅や黄に染まる。シーズン中には奥津町もみじ祭りも催されるます。

 奥津渓谷でモミジなどが色づきはじめいますが、観光客は紅葉を眺めながら遊歩道を散策したり、カメラを向けたりしています。

 奥津渓谷の秋は全山のモミジ・ブナ・カエデが目のさめるような紅葉の美を見せますが、今日は、ちょっと時期が早いようです。

 奥津八景と呼ばれるこの景勝地は、最盛期になると渓谷の両側が、鮮やかな紅葉に彩られる秋の風景も格別。10月下旬から11月にかけてのライトアップ期間中には「奥津町もみじ祭り」を開催します。

 この場所は、 陽が当たると紅葉は一段と美しくなるでしょうね。

 吉井川源流の澄みきった水が流れる渓谷の両側が、一面錦の紅葉に彩られることでしょう。

 奥津渓谷では、秋には色鮮やかな紅葉が渓谷を彩り、訪れる人々を魅了してくれるでしょう。大釣橋を望む奥津渓の紅葉です。
 次回をお楽しみに  では またね 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取・奥大山スキー場の紅葉 2011.10.26

2011年10月28日 19時31分06秒 | 公園・名所・名勝


  所在地  奥大山スキー場      鳥取県日野郡江府町大河原

 奥大山スキー場に到着です。隣接してエバーランド奥大山があります。ここから見る大山と紅葉も綺麗です。

 大山の頂には雲が少しかかり、外へ出ると寒いです。

 ちょっと肌寒いですが

 この辺の紅葉も始まり見頃に近づいています。

 ここには「あずま屋」があります。

 大山や奥大山の紅葉は、木々の美しさもさることながら、西日本一のブナ林の紅葉のパノラマを見ることができるのが特徴でのんびりと見ていると心も癒されます。

 現在は山に雲がかかり見えにくいですが、この南壁を望む大山の南山麓に広がる鳥取県江府町一帯を奥大山と称しています。また、奥大山地域には、大山や烏ヶ山を望むパノラマや紅葉を楽しめるスポットがいっぱいあります。

 これからスキーの準備に忙しいことでしょうが、それまで綺麗な紅葉を見たいものです

 大山の頂の雲が取れないね、このような大山もこれでいいとしましょう。
次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取・鍵掛峠の大山  2011.10.26

2011年10月27日 08時54分42秒 | 公園・名所・名勝


  所在地  大山鍵掛峠      鳥取県日野郡江府町大河原・鍵掛峠

 米子自動車道蒜山SAに到着すると、前方に大山がちょっと頂に雲が少しかかっていますが晴れることを期待してドライブです。

 「鍵掛峠」大山(daisen)の南壁を望む鍵掛峠は、標高910mの位置にある展望スペースです。

 澄んだ秋空とはいきませんが、南壁を眺める展望台から浮かび立つ、朱、橙、黄に染まったブナなどの紅葉が見頃が始まり、そして雄壮な表情が見られます

 大山の荒々しい稜線と山麓のブナ樹林を一望で紅葉が美しくなり、ここでは少し肌寒く感じられます。

 南壁を望む鍵掛峠からは、一ノ沢、二ノ沢、三ノ沢などが見られますが、そんな南壁のシンボルは大規模な崩落によりできた沢です。

 南壁に少し日があたり一ノ沢、二ノ沢、三ノ沢などがはっきり見えるようになってきました。

 鍵掛峠からブナのトンネル抜けるます。この辺はまだまだ紅葉が始まっていません

 ブナのトンネルの途中の、大山環状道路上で一ノ沢、二ノ沢、三ノ沢附近は、工事中の場所があり写真を撮るのが難しいです。

 桝水高原に来ました。ここから見る大山は、穏やかで鍵掛峠で見る大山とはまた違います。ここから時間の都合で折り返しです。

 鍵掛峠通り過ぎると、このような烏ヶ山が見られる景色が

 下蚊屋展望台から望む烏ヶ山です。これから秋の大山は素晴らしいでしょうね。
次回をお楽しみに  では またね
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取・御机の大山  2011.10.26

2011年10月26日 22時14分35秒 | 公園・名所・名勝


  所在地  御机の大山       鳥取県日野郡江府町御机

 米子自動車道の蒜山ICを降りて、大山へ、大山の南壁、江府町側の絶景ポイントの一つに数えられ、大山でも屈指に米どころとして知られる御机に来ました。

 どこか懐かしい日本の風景がそのままのこる奥大山の撮影ポイントです。御机では背景に大山を望み、茅葺き屋根があり絵や写真をたしなむ人が好んで訪れる観光スポットですが、今日は、何だか誰もいませんでした。

 御机のかやぶき小屋は、南大山を背景に、右には烏ヶ山が四季を通じて写真撮影や絵を描く名所として観光客らに大変人気の場所として知られています。

 稲刈りも終り、長閑な田園風景が広がり、気持ちのいい朝のひと時です。

 大山・烏ヶ山など、秋が深まって来ると茅葺小屋附近ではコスモスが咲き小屋の裏の柿が色づき、やがて寒い冬の到来の仕度です。
 次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兵庫・三木ホースランド  2011.10.23

2011年10月24日 21時22分53秒 | 公園・名所・名勝


  所在地  三木ホースランド   兵庫県三木市別所町高木

 三木ホースランドパークは兵庫県三木市にある馬事公苑で、JRAと三木市が合同で国有林を開拓して1994年6月15日に開苑しました。馬術競技に関する施設、宿泊施設やキャンプ場等があり他には、敷地内に道の駅みきも併設されています。

 駐車場や入園料に関しては無料になっています。

 建物の入口に入ると「皇室用馬車」この馬車は、明治末から大正にかけてフランスから輸入されたもので昭和52年度まで北海道で使用されていました。

 人と馬と自然とのふれあいをテーマにした公園で、日本で初めて国際基準を満たした総合馬術競技施設を備えています。
 
 自然と人と馬とのふれあいを通じ、活力と魅力のある地域振興と文化の創出に貢献するために、新たな自然環境の整備を行い、馬術を中心とした競技やスポーツ振興、さらには自然にふれあうキャンプ場など、野外活動の拠点として開園されたものです。

 総面積約162ha(甲子園球場の約50倍)の内、約80%の130haの森林、緑地が保全されています。丁度、昼の時間でしたので馬舎には入れませんでしたが、外に馬がいました。

 小さな馬が、可愛いね~

  この時間、馬舎から出てきて、この広い場所に沢山いるよ

 馬ものびのびしているようです。

 馬を見ているとほのかに癒されますね。

 愛想があるような馬です。いろんな馬を見ていると時間が経つのも忘れます。
次回をお楽しみに では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳のくのパンが美味しいよ  2011.10.15

2011年10月21日 19時50分58秒 | 美味しい食物・食事処


 所在地  くのパン   山梨県北杜市大泉町西井出8240―2924

 県道28(北杜八ヶ岳公園線)の石堂交差点近くの少しだけ高台にあるので注意していないと見逃してしまうかもしれません。朝からひっきりなしに車が入っていく人気店です。

 北欧風のオシャレな店構えで、ちょっとした可愛らしいパンさんでパンが美味しいという人気店のようです。

 内部はあまり広くは在りませんが吹き抜けの天井で、「パン、カフェ・喫茶」、コーヒーやジュースなどのドリンクを頼めば席は5~6席なら利用可能のようです。

 店内のパンは、見るからに美味しそうで、ドライトマトとバジルのパン、ラムレーズンクリームチーズが美味しそうで、また たまごのサンドイッチ、くるみのパンも美味しそうで沢山購入しそうですね。後から後からお客さんが来られます。人気のある店と感じるね~

 購入したパンは、帰路の途中で景色のいいところで食べると美味しさが格別でしょうね。
 次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松原湖高原周辺の紅葉  2011.10.14

2011年10月20日 20時27分57秒 | 公園・名所・名勝


  所在地   レストハウスふるさと   長野県南佐久郡小海町千代里2088

 清里・清泉寮を出発して八ヶ岳高原大橋へ だけど 期待するほど山々の紅葉が見られず。

 松原高原方面へ走り「小海リエックスホテル」に到着です。ホテル周辺は白樺が林立し野鳥のさえずりが聞こえてくるようで、秋晴れになってきました。

 ホテル周辺の紅葉も素晴らしいです。

 標高1200m以上になると、紅葉も見頃に

 静かなこのような風景の中で芝生に寝転んで紅葉を見ると何だか心も癒されます

 ちょっとこの先の「レストハウスふるさと」に到着です。ここで「ソフトクリーム」食べながら紅葉風景を見るのも癒されるね~

 いい天気には駐車場のこの方面から浅間山が見られるようですが見られず残念です

 ここからは、正面に御座山が見られるはずがモヤで見られず残念です。

 こちらは、佐久平・軽井沢・長野の山々が展望できますが、ここもモヤで霞んでいます残念です。次の場所を期待して。

 国道299号の八千穂高原自然園附近の「八ヶ嶺橋」の紅葉が綺麗です。

 橋の下を覗くと綺麗に紅葉が

 紅葉が見頃で見事見事です。

 水の流れと、紅葉の美しさ、ここの紅葉は綺麗です。皆さん橋の上から覗いて写真を撮っていましたよ

 橋の上から覗く紅葉があまりにも綺麗ですので、写真を撮るのが夢中です。

 八千穂高原自然園附近の紅葉も素晴らしいものです。

 何処を見ての紅葉紅葉です。

 白樺が植わる中の紅葉は、またまた綺麗で癒されます。言葉がないですね。

 こちらの紅葉風景もまた格別です。

 山肌に、赤、黄、緑と樹木の紅葉がまじり素晴らしい景色です。これも日本の美しい景色の一つでしょうね
 次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳のふもとにある清泉寮の朝  2011.10.14

2011年10月19日 19時18分33秒 | 公園・名所・名勝

  所在地   清泉寮    山梨県北杜市高根町清里3545

 財団法人キープ協会(略称KEEP)が運営する清泉寮は 清里のランドマーク。ご宿泊・お食事・お買物など、どなたでもご利用いただける施設です。

 標高1400m、八ヶ岳のふところに抱かれるようにして建つ「清泉寮」。米国出身のポールラッシュ博士によって建設されたキープ協会の中心施設で、広大な敷地に宿泊施設や農場、レストランやショップ、ヤマネをテーマにした博物館「やまねミュージアム」、教会などが点在する。様々な自然体験プログラムへの参加のほか、広い牧草地で弁当を広げたりソフトクリームを食べたりなど家族で楽しめるところです。

 清泉寮のベランダの脇から朝日が差し込んでいます。

 2009年にオープンした木材の質感を生かした開放的な空間が特徴の新館、自然の中でのプライベートタイムを存分に満喫できるコテージです。

 朝日が当たる広場にはイベントに使用されるのかなトラクターがありました。

 北側には、朝日を浴びる八ヶ岳が少し山頂には雲がかかりこれも また いいかな

 JR清里駅から八ヶ岳横断道路へ続く道、そこへ一台の自動車これがオープンカーなら絵になるね~

 八ヶ岳には、少し雲がかかり始めました

 南の山々には、大分、日が上がってきました

 わぁ~ 少し 富士山がシュリエットのようにが見られました。

 清泉寮の上に朝日を浴びるお月まさが、これから八ヶ岳の方に沈みます。

 清泉寮が、真っ赤に日を浴びて美しく、これから朝食です。
清泉寮は東に秩父多摩国立公園、南に富士箱根伊豆国立公園、西に南アルプス国立公園、北に八ケ岳中信高原国定公園と、眺望に恵まれた場所にあります。

 清里高原の代名詞といえる清泉寮のKEEP牧場。秋色の牧場は美しく、清里高原のジャージー牛乳を使ったおいしい清泉寮アイスクリームで有名なところですが、今回は この清泉寮アイスクリームを食べることができませんでした。

 八ヶ岳の山々と広大な敷地には、酪農を中心とした美しい高原の風景が広がっていますが、豊かな自然を見ながらここを後にしました。
 次回をお楽しみに  では またね 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北八ヶ岳・白駒の池の紅葉  2011.10.13

2011年10月18日 09時13分53秒 | 公園・名所・名勝


  所在地  白駒の池   長野県南佐久郡佐久穂町・小海町

 麦草峠からメルヘン街道を少し下ると「白駒の池」の駐車場に到着です。¥500

 駐車場の目の前が「白駒の池」に行く入口です。

 少し山道を登り約15分ほど歩きますが。周辺には樹齢数百年を超えるツガやトウヒの原生林が生い茂り、地面は緑の苔[こけ]が幾重にも続く中、まるで原生林の中でひっそり眠っているような、神秘的な雰囲気が見られます。

 森の中の自然歩道の原生林と苔の中を歩いていくと、神秘的で紅葉の有名な湖、白駒の池まで行けます。

 神秘的な「白駒の池」に着きました。標高2.115mにある白駒池は、日本の標高2.000m以上にある池では最大の池だそうです。

 池の周囲には一周約40分の遊歩道があり、夏はキャンプやボート遊びもでき、紅葉は真っ赤に色づくドウダンツツジ、黄金色に輝くダケカンバが湖畔を彩り、訪れる者を魅了的にします。

 昔、一組の男女が恋に落ちた。それをよく思わない女性の父親は、二人の仲を裂こうと男性を山奥へと追いやってしまった。女性は男性を追って山に入るが、道に迷ってしまう。するとそこへ一頭の白馬が現れ、女性を池まで導き、男性がこの池の中にいると告げる。女性は白馬とともに池へと消え、二度と帰ることはなかったそうです。

 この民話に登場する白馬が「白駒」で、池名の由来とされる「白駒の池」です。

 白駒の池周囲は紅葉が見頃になり、神秘的な湖は素晴らしいです。

 白駒荘のテラス前の桟橋附近でいい写真を撮っています。

 北海道の大雪山や北アルプスの涸沢(2,400~2,200m)あたりと同じ時期になり、信州の紅葉としては早くから見頃を迎えているようです。素晴らしい

 10月上旬からはじまる紅葉は圧巻。八ケ岳周辺では一番早く紅葉を楽しめる場所の一つのようで、湖畔の木々の紅葉と神秘的な池がすごく美しいですね。

 他の地域では、まだまだ 紅葉の見頃になっていませんが、一足先にこのような紅葉の美しさが見られて素晴らしいです。

 ここの紅葉は、モミジ・ドウダンツツジの赤とダケカンバの黄色などの美しさが水面に映り この姿が何ともいえないですね。

 幻想的で神秘的な「白駒の池」の紅葉の景色を堪能しながら、ここを後にしました。
 次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓼科山聖光寺の紅葉  2011.10.13

2011年10月17日 20時20分33秒 | 季節のたより


  所在地   蓼科山聖光寺     長野県茅野市北山4035

 蓼科湖の北側に位置しビーナスライン(県道192号)を少し戻ると蓼科山聖光寺がありました。本堂は、奈良時代の建築を模して建立され、山門は平安時代の優美さを再現したそうです。

 この山門には、観音様の慈悲を示現給う應化身三十三身の中、梵天、帝釈天、天大将軍身、居士身、執金剛神は山門に祀られています。

 現代的な寺院の中にも境内には癒されるような雰囲気がかもし出されます。

 本堂に向かう参道には、ドウダンツツジが良く手入れされ綺麗です。

 蓼科山聖光寺は、今の時期、紅葉が見頃に入りますが、標高1200mに位置する桜の名所で約300本のソメイヨシノはGWに見頃を迎え、県内でも開花が最も遅いと言われています。

 境内の桜の紅葉も素晴らしいですね。

 池の側にあるドウダンツツジが真っ赤に紅葉しています。

 朱色の山門に周囲にある紅葉と緑木があいまっていますが、それが また 綺麗な景色になっています。

 綺麗な蓼科山聖光寺の境内の紅葉を見ながら、この後、メルヘン街道へ行きます。
次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長野茅野市・蓼科湖の紅葉  2011.10.13

2011年10月16日 21時59分54秒 | 公園・名所・名勝


  所在地  蓼科湖    長野県茅野市北山・蓼科湖

 中央道諏訪ICからビーナスラインを経由して県道192号を17km(45分)ほど走ると蓼科湖の駐車場(無料)に到着です。

 わぁ~一部では紅葉が見頃です。感激です

 長閑な風景で水鳥がスイスイと泳いでいます。

 蓼科湖の湖畔も木々が紅葉し始め美しい景色です。

 蓼科湖は、標高1215mにあり、周囲1.5kmのこじんまりとした人造湖で、夏はボートや釣り、冬はワカサギ釣りやスケートが楽しめます。

  蓼科高原の中心、蓼科山の南麓にある人造湖で、周囲をカラマツや白樺の林に囲まれ四季折々に楽しむことが出来ます。

 向うでは、へら鮒か鯉などの魚を釣られているのかな~

 大駐車場が完備され、ローボートやペダルボート、ゴーカート、レンタサイクルなど、蓼科周辺でもレジャー施設がもっとも充実しているようです。

 この一角にある蓼科湖レジャーランドです。

 いい天気には、蓼科山や横岳を映し出し、印象的な光景を見ることが出来ますが、あいにく今日は、薄曇で見ることは出来ません。

 周囲をカラマツや白樺の林に囲まれ、紅葉で紅くなった木々が水面に写り幻想的です。

 前の県道192の道沿いには「ドウダンツツジ」が紅く紅葉して綺麗ですね次の場所へ移動です。
 次回をお楽しみに では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加古川市・志方のコスモス 2011.10.08

2011年10月11日 16時24分10秒 | 季節のたより


  所在地   加古川市志方のコスモス    兵庫県加古川市志方町広尾

 加古川市高畑のコスモス畑のコスモスが見頃でなかったので、帰る途中に広尾東会場を見つけ立ち寄りました。

 コスモス畑です。もう見頃が終りの彼岸花が、その向うに赤・黄・白と色とりどりのコスモスが見頃を迎えています。

 コスモス畑の中では、花摘みをしています。

 普通のコスモス畑の向うには、キバナコスモスが沢山咲いていますよ!

 広尾のコスモス畑の規模は高畑より小さいですが、それなりに綺麗です。

 家族ずれや恋人がコスモスの開花を見ながら楽しいひと時を過ごしています。

 コスモスの蜜を吸いに「どんぐり蜂」が飛んできました。

 コスモスは、まだまだ 見頃が続くようで、これからは秋の実りが美味しくなる季節です。

 コスモスの花摘みも楽しそうで無料で花摘みが出来るのかな?秋の日はつるべ落としといいますが早めに帰ります。
 次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福知山線・コスモス畑と渓谷を走る「特急こうのとり」 2011.10.08

2011年10月10日 07時28分51秒 | 船舶・鉄道・その他の撮影地


  所在地 下滝駅―丹波大山駅    兵庫県丹波市山南町大山下

 JR谷川駅の東、福知山線沿いを走る県道77号沿いにコスモス畑が綺麗に咲いています。

 篠山方面から「特急こうのとり」183系がやって来ました。

 JR西日本183系電車 B63編成 特急こうのとり 「福知山線、谷川 - 下滝」です。

 前身は昭和61年11月、新大阪と城崎温泉を福知山線経由で結ぶエル特急として誕生した「北近畿」が来ましたよ! いやいや 今は、「特急こうのとり」287系に生まれ変わりました。

 長閑なコスモス畑の中で朝日を浴びて走る「特急こうのとり」287系です。

 篠山川の川代渓谷の奇岩や断崖を見ていると向うから「特急こうのとり」287系が来ましたよ。

 「特急こうのとり」287系の乗客は、この美しい川代渓谷を見ながらのひと時を過ごしているのでしょうね。紅葉の時期には綺麗でしょうね、春は桜が見事のようで楽しみです
 次回をお楽しみに  では またね 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹波市・川代公園  2011.10.08

2011年10月09日 08時20分45秒 | 公園・名所・名勝


  所在地  川代公園   兵庫県丹波市山南町上滝

 加古川の上流にあたる篠山川の渓谷沿いに位置する川代公園はあります。県道77号線沿いの無料の駐車場に車を駐めて行きます。

 駐車場の前には、ふるさと創生1億円(竹下首相の時の)で作られた吊り橋が目の前にあります。  長さ90.0m  幅1.5m

 吊り橋から見た景観です。加古川水系の篠山川の約4kmの川代渓谷は奇岩の続く断崖の渓谷で、太古の昔、篠山盆地の湖の水が流れ出て谷を削ったと言われています。

 春になれば約300本の桜が咲き誇り、川代の吊り橋と渓谷の美しさが山の線に溶け合って見事な景観を作り出します。

 絶壁の両崖、奇岩に砕ける急流が奇勝・絶佳の趣を呈しています。

 川代渓谷に沿ってJR福知山線が走っており、特に新緑の時期、鉄橋を走る列車と渓谷の風景は美しい景観で、JR福知山線の鉄橋やトンネルなど、渓谷の風景とともに見所を作っています。

 川代公園の使用料は無料なので気軽にキャンプやバーベキューを楽しむことが出き川の両岸には「檜皮葺き」と「茅葺き」の門がどっしりとかまえています。また キャンプサイトには、茅葺き屋根の東屋があります。

 お花見の時期には桜まつりなど各種イベントが開催され夏はキャンプや川遊び、秋の紅葉など、一年を通じて楽しめます。

 今、来た、この吊り橋を渡って帰ります。今年の紅葉も綺麗であればいいですが、

 それにしても、いい景観ですね吊り橋を渡るときのゆれる感じもいいですね。
次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加