hasyan の 旅の散歩道

元気な間に余暇を通じてドライブなどで得た、行き先々の身近な風景・
神社仏閣・史跡・花の写真などをお伝えします。

魚住・住吉神社の水仙 2017.01.28

2017年01月30日 09時19分19秒 | 季節のたより


   所在地    住吉神社の水仙     兵庫県明石市魚住町中尾1031

 4世紀頃、神功皇后が韓国の遠征途中、播磨灘で暴風雨に遭いこの海岸に立ち寄り住吉大明神に祈ったところ風雨が収まり、皇后がここに住吉大明神を祀ったのがこの神社のはじまりといわれています。江戸時代、明石城主小笠原忠真が能舞台を建立、現在、市有形民俗文化財に指定されています。

 住吉公園の海岸遊歩道に下りる階段横には日本水仙が植えられており、この時期多くの花が開花しています。

 住吉公園の南端・魚住漁港側に下りる階段付近に多くの水仙が植えられていて、暖かい日差しに誘われてのんびりと楽しむことができます。

 これらの水仙は、地域の方々がボランテァで球根を集め、公園の海側斜面などに植えておられ、今年は昨年末、穏やかな天気に恵まれ、開花も少し早く綺麗に咲いています。

 住吉公園の、この辺りは水仙がいっぱい広がり、ちょっとした水仙の名所になるかも・・・

 今は、水仙の合間に黄色い花が咲き目を楽しませてくれます。5月初旬は御神木の藤棚が見頃で、初夏には紫陽花や紅葉もあり、シーズン問わず楽しめそうです。

 今日は穏やかで、魚住「住吉神社」の南東は公園となっているので、周りを松林に囲まれ、設置された遊具で親子が遊ぶ子供たちや東屋やベンチで談笑するグループや散歩などを楽しんでいます。
 次回をお楽しみに では またね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山伏峠の石仏 2017.01.28 | トップ | 太寺廃寺塔跡 2017.02.02 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節のたより」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL