hasyan の 旅の散歩道

元気な間に余暇を通じてドライブなどで得た、行き先々の身近な風景・
神社仏閣・史跡・花の写真などをお伝えします。

今が見頃の須磨離宮公園の薔薇 2017.05.23

2017年05月23日 20時47分58秒 | 季節のたより


  所在地    神戸須磨離宮公園    神戸市須磨区東須磨1-1

 今日は、朝からいい天気、 須磨離宮公園に着いてみると平日というのに沢山の車が駐車場に、先日、新聞に薔薇の見頃が掲載されていたのでその結果かな~?

 緑豊かな広大な敷地、眼前に広がる大阪湾の青い海、四季折々の花々。昭和33年4月、今上天皇(当時、皇太子殿下)のご成婚記念事業として整備が始まり、昭和42年、自然と美しく調和した近代的な欧風庭園として開設されました。その後、植物園、子供の森やバラ園を増設し、四季を通じて憩える公園となっています。

 きょうは、気温も上がり噴水から流れる水を見ると、水に触れたい気持ちになってきますね~

 この薔薇の開花状況「バラの歴史と文化園」では、オールドローズや原種のバラが見頃を迎えています!春にしか咲かない品種も「王侯貴族のバラ園」も7~8割が開花しており、見頃となっています。

 約180種4,000株の色とりどりのバラが咲き、眼下に広がる大阪湾と雄大な噴水、そして芝生が調和した整形式庭園です。レストラン花離宮から見渡せる景色は、大阪湾とバラ園のダイナミックな景色がおすすめです。

 王侯貴族のバラ園は、旧離宮であった歴史にちなみ、日本の皇室や王侯貴族、芸術家などの名を冠した品種を集めたバラ園です。

 ムラサキの薔薇もあるんですね~ 珍しい色の薔薇が沢山あります。

 薔薇には、歴史と文化園があり、原種のバラやオールドローズを中心に植栽しており、バラの品種改良の歴史をたどることができます。

 天高く、青空を衝く様に噴水の水がいきよいよく吹き上がっています。

 平日より人でも多く、今が見頃の薔薇の花の写真を撮られています。

 噴水広場は、宮殿を模した本園のレストハウスから芝生広場に向かって、メインフォールの滝、カスケードの流れ、キャナルのリズミカルな小噴水、そして天高く噴き上がるダイナミックな大噴水と続き、まるで海へ注ぎ込むような水の流れは、離宮公園のテーマの一翼を担っています。

 花に顔を近づけると穂のかな香りがしてきます。

 手入れがされており、綺麗な薔薇が見られて心も爽やかです。

 須磨離宮公園は、天気の良い春の薔薇の見頃の時期が一番、最高です。

 鮮やかな緑の芝生と真っ青な空と海、広場をとりまく濃緑と色とりどりの薔薇の花々に加え、夜間の噴水ライトアップ等が季節ごとの表情を作り出します。
 次回をお楽しみに では またね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第47回 神戸まつりのサン... | トップ | ちくさ湿原に咲くクリンソウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節のたより」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL