hasyan の 旅の散歩道

元気な間に余暇を通じてドライブなどで得た、行き先々の身近な風景・
神社仏閣・史跡・花の写真などをお伝えします。

湯村温泉  2014.09.22

2014年09月30日 09時09分40秒 | 温泉


  所在地   湯村温泉   兵庫県美方郡新温泉町湯

 日本海の浜坂によった後、岸田川の支流、春来川のほとりに湧く日本屈指の高熱温泉である「湯村温泉」へ国道9号沿いにあり北駐車場に車を止めて、ちょっと散歩に

 天神橋の脇から春来川のほとりを見ながら散歩しながら行きます。

 温泉は、総源泉数60、総湧出量毎分2,300Lで、余った分は川へも流れるので、冬には川から湯煙が立つこともある。美人の湯として名高い。「メタケイ酸192.5ミリグラム」もあり、川沿いでは足湯を楽しむ観光客の姿が見られる。

 川沿いには、多くの有名人などの手形が並んでいます。

 嘉祥元年(848)と言われる、今からおよそ1150年前に慈覚大師によって発見されたと伝えられている古湯であり、元湯は「荒湯」と呼ばれ98度の高温泉が毎分470リットルも湧出しています。

 荒湯の泉質は、 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸泉(低張性、弱アルカリ性高温泉)で源泉温度98℃(日本一)湧出量毎分470Lの温泉が湧き、生卵を入れると数分で温泉卵が出来、他にもサツマイモを蒸かしたり野菜をゆでることも 

 「荒湯」で温泉たまごを茹でる観光客の姿は、湯村温泉独特の風景をつくり出しています。深いボーリングを必要とせず数メートルの深度で湧出しており、需要量に比べて湧出量の豊富な温泉のため、旅館だけでなく各家庭にも配湯され、湯村の生活に欠かせないものです。

 平安時代(848年)開湯という歴史ある山陰の山峡にある閑静な湯治湯。「湯けむりの郷」と称し、また1981年のNHKドラマ「夢千代日記」のロケ地としてその風情が全国に知られるようになり、以来「夢千代の里」ともいわれています。

 薬師湯は、従来の荒湯のそばにありましたが、現在は、前の役場があった場所に出来、上には薬師堂風の望楼がのり、正面玄関の唐門がひときわ目を引く新薬師湯として生まれ変わりました。源泉かけ流しの天然温泉の温もりを十分に味わっていただける美人の湯です。日帰り温泉で浴槽は主浴槽と泡風呂を楽しむことができます。
 次回をお楽しみに では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有馬温泉街  2013.11.06

2013年11月09日 22時22分01秒 | 温泉


  所在地  有馬温泉街   神戸市北区有馬町790

 神戸電鉄・有馬温泉駅です。大阪から車で30分、神戸の中心街から20分前後の場所に日本最古の名湯がこんこんと湧く。六甲の自然に囲まれた温泉街は、狭い坂道が入り組み風情たっぷりの「関西の奥座敷」。「日本書紀」にも記載が残る古湯です。

 中央には湯けむりに見立てた滝が、右手には有馬温泉を愛した太閤秀吉の像(新谷英子 作)が有馬川をはさんで、ねね像と向かい合っております。湯けむり広場の中のかっぱの像「友情」は平成5年、札幌市定山渓温泉から提携20年を記念して贈られたものです。

 駅前から有馬川にかかる太閤橋は温泉街の入口にあり、赤い格子の太閤橋は、夜はライトアップされて温泉街を幻想的に見せてくれる。太閤橋とねね橋の間は有馬川に降りていくことができるようになっており、親水公園と呼ばれています。

 袂石の由来は、
ある時、松永城主が葦毛の馬に乗り、重藤の弓と白羽の弓と白羽の矢を持って、鷹狩をしていると、湯泉神社の祭神である熊野久須美命(くまのくすみのみこと)が狩場を通られました。松永城主は怪しく思って祭神様を射ようとしました。すると、祭神様は袂(たもと)から小石を取り出して、松永城主に向かって投げつけました。この小石が年月を経て大きくなり、袂から投げられたので、「袂石(たもといし)」とか、「礫石(つぶていし)」と言われるようになりました。

 杖捨橋を渡った横に道しるべが、瑞宝寺・宝塚・有馬の表示が

 有馬温泉街は坂道が多く、年を老いた人は、「あ、あ、疲れた。ここまでくれば、有馬の湯は目の前です。あとは坂を下るだけだから杖はもういらないだろう。」と言ってこの先にある杖捨橋に杖を置いたそうですが、

 「こぶし道」を歩いていると紅葉も始まり大きな「イチョウ」の木も黄葉が始まっています。

 温泉街に入ると「娯楽泉源」があります。案内板によると「 赤泉(赤湯)には、塩分と鉄分が多く含まれ、特に塩分濃度が日本一の温泉として有名です。」とあります。泉質は金泉(含鉄・ナトリウム-塩化物強塩高温泉)。湯温は97℃で、効能は切り傷、火傷、皮膚病、胃腸病などの効能があるようです。

 ここ「銀の湯」は、2001年9月にオープンした有馬の外湯「銀の湯」で、無色透明の炭酸泉とラジウム泉を源泉とし、大浴場は秀吉が入ったといわれる岩風呂をイメージして作られています。

 ここ御所泉源は、案内板によると「 赤泉(赤湯)には、塩分と鉄分が多く含まれ、特に塩分濃度が日本一の温泉として有名です。」とあります。泉質は金泉(含鉄・ナトリウム-塩化物強塩高温泉)。湯温は97℃で、効能は切り傷、火傷、皮膚病、胃腸病などの効能があるようです。

 温泉街には、興味のある町屋が建ち並ぶなか、懐かしいポストが点在しています。そんな温泉情緒あふれる温泉街散策もいいものです。

 ここ「金の湯」は、2002年12月にオープンした有馬の外湯で、「金の湯」は、透明な源泉が鉄分を多く含んでおり、空気に触れると酸化して赤褐色になります。また海水の3倍の塩分を含んでいます。金の湯の外には太閤泉が引かれた太閤の足湯と太閤の飲泉所もあります。

 有馬温泉の湯本坂は、昔ながらの温泉街の風情が漂います。名前の通り細い坂道になっているのもいい雰囲気です。趣のある建物が多く、有馬名物炭酸煎餅店や人形筆のお店・松茸昆布・飲食店が建ち並んでいます。

  有馬温泉に深い関係のある行基が開祖であると言われる由緒あるお寺で、4本の立派な枝垂桜があり糸桜と呼ばれ、樹齢260年の古木です。 有馬善福寺の糸桜の見頃は、4月中旬頃までで、秋には山門までの木が黄葉して綺麗です。今は紅葉が始まったばかりのようで、
 次回をお楽しみに  では またね











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滋賀県・くつき温泉「てんくう」 2010.11.16

2010年11月22日 08時20分09秒 | 温泉

  所在地  くつき温泉「てんくう」  滋賀県高島市朽木柏341-3

 小浜から若狭街道(鯖街道)を通り「熊川宿」寄り、京都方面へ今日の疲れを癒すため
  国道367の道の駅「くつき新本陣」附近から小高い丘にある「くつき温泉」へ

 大きな駐車場があり、多目的レクリェーション施設内に 温泉施設があるようです。

 この施設のグリーンパーク「思い出の森」は、自然がいっぱいで、スポーツ施設・バンガロー
  テントサイト・グラウンドゴルフ・遊具施設・お食事処・くつき温泉があり広々とした施設です。

 今の時期は、紅葉が綺麗で温泉に入ると気持ちがいいでしょうね。

 てんぐ伝説ゆかりの「てんくう温泉」に入るには、山女魚の里センターから入ります。

 長い廊下を通り「くつき温泉」へ行きます。

 「くつき温泉」は、豊富な湯量と良泉が魅力の天然温泉(アルカリ性単純温泉)です。
  露天風呂に入ると自然の空気の香りがするようで、心も癒されます。この後ドライブです
  水着着用の温水プール、露天風呂、渓流場、滝湯、大浴場ほか、様々な温泉施設が人気を集めています。
     ※ 日帰り温泉  料金 ¥600
次回をお楽しみに  では またね
  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

京都・福知山温泉「養老の湯」 2010.08.31

2010年09月08日 11時15分50秒 | 温泉

   所在地  福知山温泉  京都府福知山市長田宿81-13

 るり渓谷でハイキングの後、汗を流しに「福知山温泉」まで車を走らせました。
 駐車場にはいると、施設は武家屋敷?お城?といったつくりの外見です。

  温泉になる前は料亭だったそうです。
平成12年11月にオープン。料亭の跡地を改築して温泉施設になったようです。立派な施設ですね。

 立派な門構えです。福知山城を真似たのかな?風格があるね

 ここが温泉施設の入口かな? 桜の木のある庭園など風格のある落ち着いた雰囲気です。

浴場棟には、岩を配した露天風呂、足裏泡風呂などの多彩な浴槽が並び、
特に露天風呂から眺める純日本庭園の華やかな風景は、心安らぐ最高の一時を味わわせてくれる。
庭がかなり広く、お風呂あがりの食事も庭をながめながらできます。

 こんな所に、懐かしい「井戸」が、何時ごろまで使用していたのでしょうか。

 庭の中には、茅葺の門が、情緒がありますね。

 東屋もあり、のんびり過ごすことが出来、温泉に入らず内部に入ると飲食施設、お土産物屋さんがあり
ちょっと 休憩して温泉へいいね

 この時期、「サルスベリ」の花が咲き「るり渓」でのハイキングの汗ばんだ疲れも
 福知山温泉に入り癒されました。
次回をお楽しみに  では またね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かさがた温泉・せせらぎの湯  2010.04.08

2010年04月13日 07時55分22秒 | 温泉

  所在地 かさがた温泉   兵庫県神崎郡市川町上牛尾半瀬2073

かさがた温泉に着きましたここには、「思いで博物館」があり、昔の思い出を募らせてくれます。
表にも数台の名車が置かれています。これは、「マッダ」のオート三輪のようですね

 ちょっと古風な門構えです。かさがた温泉は、笠形山(標高933m)のふところに湧き出る天然温泉です。
登山の帰りやドライブの途中に立ち寄ることができる温泉施設で、もちろん露天風呂もございます

 こんな所に、二宮金次郎(二宮尊徳)像があります。懐かしいですね。

 ここにも、古民家がありました。昔懐かしい思い出風景が再現されているようです。

 温泉のある建屋までには、桜が沢山咲いています。

 昔懐かしい、地方の公園にある東屋がありましたよ、

 上って行くと、ここにも桜だ沢山咲いています。

 こんだけ、桜が沢山あると花見をした後で温泉に入るのもいいですね。

 宿泊用の小宿、ロッジなどがありバーベキューも出来、1日楽しく過ごせるようです。

 かさがた温泉は「みはらし館」と「ふところ館」の二つの入浴施設があり、平日は交互に営業されています
 山景を眺める露天風呂「みはらし館」と純和風の露天岩風呂「ふところ館」があり、ゆっくりと入り
 温泉で癒されます。

 温泉から出てくると静かな自然が広がり、今の時期は、見ごろの桜の花が眼に入ります。
次回をお楽しみに   では またね


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美湯 松帆の郷  2009.12.18

2009年12月19日 17時29分53秒 | 温泉

 所在地  美湯 松帆の里  兵庫県淡路市淡路町岩屋3870-77

 岩屋港から徒歩で約20~30分ぐらいかな。 歩いて行くのにいい距離があるかも
 バスで一直線に行くのは勿体ないですね。¥300
 途中にある【道の駅あわじ】から眺める,下から見る明石海峡大橋も また いいですよ


 松帆の郷から「明石海峡大橋」を望むと何と素晴らしいんでしょうか
 たこフェリー片道 ¥380×2  温泉 ¥700で合計¥1460ですが、 一般
「たこで湯ったり 温泉きっぷ」 たこフェリー往復・松帆の郷温泉で ¥980  割引キップ

 淡路島最北端の温泉、松帆の湯は単純弱放射能泉(単純ラドン温泉)で神経痛、
  筋肉痛、関節痛、冷え性、慢性皮膚病などに効能があるとされています。
  明石海峡と明石海峡大橋を一望できる天然温泉展望露天風呂が最高です!

 風呂上りには、レストランで食事を取りながら 1杯飲むのもいいでしょう
次回をお楽しみに   では  またね






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

南八ヶ岳温泉郷・須玉温泉 「若神楼」 2009.11.01

2009年11月08日 15時40分27秒 | 温泉

 所在地 須玉温泉    山梨県北杜市須玉町若神子5250

 山梨とは、ここの温泉に入り心と疲れを癒してから帰ります。

 フロントから階段を下りて進んで行くと温泉があります。

 階段の途中から八ヶ岳の山々が見えます。

 風呂場の内部は撮れませんでしたが、ここの湯は、三十万年前の火山岩屑流層から
 湧き出しています良質の温泉で温度はあまり高くありません
 でも 体が「ポカポカ」としてきます。

 体の疲れも取り、中央道の須玉ICより入り諏訪湖SAで食事、後は帰路に着きましたが、
 中津川付近から雨模様でした。山梨に居る時は天気が良かったよ
次回をお楽しみに  では またね


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秘境の湯・稲子湯(いなごゆ) 2009.10.30

2009年11月03日 15時53分25秒 | 温泉

 所在地  稲子湯  長野県南佐久郡小海町稲子1343

 標高1500mにある「稲子湯」は、八ヶ岳への登山のための基地として便利な宿です。

 「稲子湯」は、山小屋的な宿で外観もロッジ風の建物。北八ヶ岳山麓の落葉松に囲まれた
 開湯100年を超える一軒宿の温泉です。

 フロントで、¥600を払い廊下を進んで行くと、男女別風呂があります。

浴室に入ると、硫黄の匂いがします。お湯は結構熱めで冷たい源泉(7.6度)で埋める仕組みです。
 泉質は単純二酸化炭素-硫黄冷鉱泉、源泉の温度は7.6度、PHは4.9湧出量は毎分44Lです。

 浴槽の隣には、源泉を貯めるところがあります。「コップ」があり源泉を飲んでみると、
  鉄分を含んだ、ちょつと苦いような炭酸水で飲みにくい感じはしませんでした。
何といってもお湯がいいです。湯に浸かるといい気持ちで、上がってからも何時までも「ぽかぽか」しています。

 秘境の湯「稲子湯」の建物の前には、至みどり池・中山峠の登山道の標識があります
 登山・湖水めぐり・動植物の観察など多様な自然環境があります。
 今は、雄大な自然のいとなみのある紅葉の綺麗な季節です。
次回をお楽しみに いい湯でした  では またね


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加