旅のプラズマ

これまで歩いてきた各地の、思い出深き街、懐かしき人々、心に残る言葉を書き綴る。その地の酒と食と人情に触れながら…。

『浜田廣介童話集』を読んで③ … 『泣いた赤おに』

2016-10-14 22:10:38 | 文化(音楽、絵画、映画)



 この『泣いた赤おに』が、「ひろすけ童話」の代表作とされている。何がこの作品をして代表作たらしめているのだろうか?

――村を外れた山かげに、赤おにが一人で住んでいた。赤おには、人間たちと仲良くなりたくてしようがない。そこである日、家の戸口に立札を立てる。「ココロノ ヤサシイ オニノウチデス ドナタデモ オイデ クダサイ オイシイ オカシガ ゴザイマス オチャモワカシテ ゴザイマス」……しかし人間どもはすぐには来ない。赤おにの家を遠巻きにし、様子をうかがい、「きみが、わるいな」、「さては、だまして、とって食うつもりじゃないかな」と疑う――

 人間の鬼に対する意識は、簡単には変わらない。「なんといったって、鬼は鬼だからな」という意識がある。娘は、ここに「差別問題の根源」があるのではないかと思い、このオペラにとり組んだと言っている。国と国、民族と民族、人間同士の間にこのような意識がある限り、差別はなくならないのではないか、というのだ。

――悩む赤おにに、友達の青おにが一策を提案する。「僕が人間の村で暴れてやる。君はそれをとり押さえろ。人間は君をいい鬼だと信じるだろう」。赤おにはそれを止めるが、「なにかひとつの めぼしいことをやりとげるには だれかが ぎせいにならなくちゃ できないさ」と、ことはそのように運んで、人間たちは毎日赤おにの家に来るようになる。赤おには喜びの日々を送るが、それ以来、青おにがいなくなったことに気づく。家を訪ねると、戸口に、「ボクガ キミトツキアウト ニンゲンガ キミヲウタガウカモシレナイ ボクハ ナガイ ナガイ タビニデル」とはり紙がある。赤おには、何度も読み返し、涙を流し、泣き伏す――

 物語はここで終る。赤おには念願の人間との付き合いを得るが、青おにとの貴重な友情を失ったのである。立松和平氏が、巻末のエッセイで二つのことを提起している。一つは、鬼が鬼として人間と付き合うには、「鬼の悪」を示す青おにの犠牲を要する。二つには、この物語の示すことは、底抜けに善良なのは二人の鬼で、ただお茶を飲みお菓子を食べにくる人間のどこが善良と言えるのだろうか、と書いている。鋭い指摘である。
 いずれにせよ、人間が持つ「鬼は鬼だから…」という差別意識が消えたのかどうかは分からない。また、「青おにはいったいどうなったのだろうか?」、「赤おにはその後、どうしたのだろうか?」という『つづき』が気になる。まだまだ、たくさんの課題を残す作品であり、それが名作なるゆえんかもしれない。

  
  ミャゴラトーリオペラ公演のチラシ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『浜田廣介童話集』を読んで②... | トップ | 庭師の見事なハサミさばきと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL