旅のプラズマ

これまで歩いてきた各地の、思い出深き街、懐かしき人々、心に残る言葉を書き綴る。その地の酒と食と人情に触れながら…。

奴隷貿易とアメリカ民主主義

2007-06-06 22:01:58 | 

 

 五月の中旬よりアメリカの旅を回想し、最南端のニューオルリーンズにたどり着いて、かなりもたもたした。いや、この街は何年間ももたもたしたい不思議な魅力を持つ町だ。
 当然のこととしてラム酒に行き着き、その裏面史である奴隷貿易についてまで書くことになった。奴隷制度--この人間史上最大の恥辱に一応の終止符を打つには、人類はリンカーンの登場を待たねばならなかった。
 アメリカには、奴隷の血で血塗られた富の蓄積という「汚辱の歴史」とともに、世界に最も先駆けた「自由と民主主義」を確立してきた歴史が共存する。二度目のアメリカ訪問(1989年)で私は、シカゴからワシントンを訪れ、かのリンカーンをはじめ、自由と民主主義のために戦った巨人たちの実績に触れた。そこで得た実感も素直に書き残しておく必要があろう。

 ニューオルリーンズについては、トムソーヤーに思いをはせたミシシッピー・クルージングナッチェス号の思い出や、緑の街中を走る欲望と言う名の電車など、まだ書きたいことは山ほどある。特に欲望と言う名の電車は、わが青春のシンボルヴィヴィアン・リ-を想起させ、彼女の出た数限りない映画・・・とくに『哀愁』など、想いの連鎖は絶ちがたい。
 しかしセンチメンタリズムには一先ず区切りを付けて、話をワシントン--アメリカ民主主義の源流、に移す。
                             

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラム酒にまつわる悲しい話ー... | トップ | ワシントン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
かわいいアメリカの少女-身体が柔らかすぎます!関節はどうなってんの? (カメラ屋 店長のすべて話します。)
かわいいアメリカの少女-身体が柔らかすぎます!関節はどうなってんの?あんなに身体が柔らかいといろんなことが出来ますね。あんなことや・・。こんなこと・・。(=^_^=) ヘヘヘ...
ビビアン (ビビアン)
ビビアン?ヴィヴィアン?ビビアン ウエストウッド?ビビアン スー? 何のビビアンをお探しでしょうか?お探しのビビアンが当サイトにありますように!
ビビアンウエストウッド(vivienne westwood)とは (ビビアンウエストウッドについて)
ビビアンウエストウッドは財布(長財布など)やバッグ、アクセサリー、ネックレスからライター、ネクタイ、ピアス、時計、携帯灰皿まで幅広く手がけていますね。通販やオークションでも人気が高いです。