旅のプラズマ

これまで歩いてきた各地の、思い出深き街、懐かしき人々、心に残る言葉を書き綴る。その地の酒と食と人情に触れながら…。

祝日みどりの日・・・井之頭自然文化園の緑を楽しむ

2017-05-05 22:51:05 | 時局雑感



 5月4日が「みどりの日」として祝日になって久しいが、これまでその日を意識したことは殆どなかった。しかし、気が付けば庭にハナミズキは白から緑に変わっているし、甲州街道のケヤキは、鮮やかな緑を5月の青空に誇っている。緑が一番美しい季節であろう。
 ちょうどその時、次男が、孫の遥人を動物園にでも連れていきたいが行かないか、と誘ってきた。そこで選んだのが「井之頭自然文化園」…、象の花子さんはなくなったが、そこそこの動物もいるらしいし、「5月の緑」に浸るには格好の場所と出かけた次第。行ってみれば、この祭日期間は「入園料無料」で開放中、子供連れを中心にごった返していたが、まあ、それの方が祝日らしく、遥人にとっても賑やかで楽しかったかもしれない。
 何よりも緑が美しかった。初めて「みどりの日」を実感した。やや、ほこりに霞んだ緑ではあったが。それに、孫の遥人が喜んだのが何よりだった。動物にも触れ、乗り物も楽しんだ。広い公園の人込みの中をいつまでも駆け巡っていた。

 
          

                  
           何を考えているのだろうか?

      
              

 
       
          遥人が一番喜んだのは、ママと一緒に電車に乗ったことでした。



 

 

 

 

 



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セルジュ一家と神代植物公園に | トップ | 東西の二つの大統領選(フラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL