旅にしあれば

人生の長い旅、お気に入りの歌でも口ずさみながら、
気ままに歩くとしましょうか…

逆襲のカマキリ

2017-06-17 19:13:18 | 案山子と人と烏




昨秋、ジャングルのように生い茂っていた庭の木々を伐採して整理し、しかも引き続いて外壁の塗り直し工事を
行ったので、毎年のように更新を繰り返してきた我が家のカマキリの営みは途絶えたと思っていました。
家の壁や木々の枝先によく卵を産みつけていたんですね。

ところが今朝になって子カマキリを見つけました。最初はどこからか迷い込んだのかとも考えましたが、
どうやら少なくとも4匹いるようだし、うちの子に違いありません。伐採を逃れた枝先などに卵が
残っていたのかもしれないですね。カマキリはその冬の天候を察知して、卵の産み場所を変えるなどするらしいし、
工事や剪定の危機を先読みして、産卵場所を選んでいたのかもしれません。まさにこれが虫の知らせ。



   

さらに近づいて。花はすいぶん小ぶりになったキンセンカです。


   

もう一段近づいて。そよ風に揺らいでピントが合わせにくい! 根気ある作業をいとわない昆虫写真家を
ほんと尊敬するよ。


   

シジミチョウがとまったのでついでに写しちゃえ!


   

ちょこまかして写しにくいなあ。


   

このあとすぐ飛び去っちゃいました。


   

アリストメリアに陣取った子カマキリ。   


   

卵からここ数日以内に孵ったと思われます。


   


   

先ほどのキンセンカの子カマキリを今度は正面から写してみる。


           


           

ピーマンの葉の上にいた子カマキリ。

このほか、赤い花の上にも別の個体がいました。


問題はこれからでしょうね。以前よりも木々の茂みも少ないし、さらに生育環境は悪くなってますからねえ。
キュウリは子カマキリの狩場としては最適なんだけど、今年のはあまり元気がなく、すでに全体に
枯れかけてますしね。







   

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅にしあれば 2017.06~大雪... | トップ | オクラにアリが群がる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。