旅にしあれば

人生の長い旅、お気に入りの歌でも口ずさみながら、
気ままに歩くとしましょうか…

旅にしあれば 2017.07~東北春編⑧

2017-07-31 23:59:59 | 旅にしあれば

              

                                 【さくらとスイセンと新緑と~岩手県北上展勝地にて/2016.04.19撮影】

   

                                           【ふたり春を往く~北上展勝地にて/2016.04.20撮影】


北上展勝地は昨年も訪れ、「まあ、こんなものだろう」とそれなりに納得して、強く再訪を望んでいた
わけではなく、天候や開花状況の都合でこの年もまた訪れることになった。しかしながら、もう一度行って
よかった。桜の花付が前年と比べてはるかにゴージャス、受けた印象がまったく変わったからだ。

上の写真は前回も同じく撮影を試みた場所で、桜並木のすぐ横の荒地(河原)に点在して咲くスイセンと
木々から芽吹いた新緑の組み合わせが素敵で、なにやら北欧(行ったことないけど)を彷彿させるような
メルヘンチックな雰囲気だ。それで今回も前回同様、あれやこれやと構図を変え撮影を重ねたが、
やっぱりどうも思い描いたような仕上がりとはならずままならない。掲載したのは縦位置のもので、もちろん
横位置でもたくさんシャッターを切っている。思い通りに写真が撮れないもどかしさよ。


結局翌日もまたここで撮影することになってしまった。この頃桜前線がやや停滞気味で、これ以上
先に進んでもここよりも状態のいい場所はないだろうと考えたのだ。前日と同じようにあれこれ写し、
新しい構図を模索していて、このベンチと曲がりくねった遊歩道、それと延々続く桜並木の取り合わせが
お気に召して撮影に挑んだ。

いつもの散歩コースなのだろう、そこへ年配のご夫婦がやってきてしばらくベンチに座り込んでしまった。
あらら仕方ないなとしばらく待機していて、ようやく歩き始めて立ち去ってくれやれやれだが、ふと思い直して
ふたりを入れて数枚シャッターを切ったうちの一枚がこの写真だ。

結果、人物が写り込んでいないものより気に入って、セレクトするならこっちだとの考えに至るのだから
不思議だ。まあでも、そんなものだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見落とし注意

2017-07-23 19:01:00 | 案山子と人と烏




このところ作物の収穫はほぼ母に任せ切りで、昨日も先に植えた苗からキュウリを2本とっていたようですが、
今朝あらためて私が点検したところ、これだけ見落としていました。明らかにとり遅れて巨大化したものも
含まれていますね。キュウリは葉が茂りだすと実が保護色なので見落としがちです。このうちの1本は
最上部で天に向かうようにさかさまに生っていましたし、目の錯覚というか、まさかそんな形に実が
育っているとは思わないでしょうから、見過ごしてしまうんですね。

収穫最終盤で、変形したのも含めて6本、これをすべて足すと計39本の収穫となりました。あまり形が
よくないとはいえあと数本収穫できそうですから、総数約40本となり、個人的には納得の数字を残せそうです。

あとから植えたキュウリは、明日数本収穫できそうです。無事だった残り1本の株も、ついに先端部が
枯れ始めました。原因は依然不明ながら、これらはブロック塀のすぐ際に植えてあるので、7月に
入ってからの連日の暑さでやられたのかもしれません。猛暑日には届かないものの暑い日が多くて、
もう何日も和歌山市はまとまった雨が降ってませんしね。

オクラの収穫も終盤を迎えつつあります。このあとゴーヤを2個とりました。



   

珍しくレモンの木でクマゼミが鳴いていたので、カメラをとりに行って戻ったら、もう姿がありませんでした。
うちで生まれた子かなあ? 卵を産みにメスは我が家によくやってきますが、鳴き声を聞くことは
ほとんどないんですよねえ。近所にもっとセミが好むいい木があるのでしょう。

仕方ないので今が盛りのサルスベリの花を写してみました。




   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再登板

2017-07-22 19:17:37 | 中年のつぶやき




ずっと昨年9月の写真を飾りっぱなしで、ようやくこの度ミヤマキリシマの写真に
切り替えられると思いきや、寸前でプリンターが故障。仕方ないので今日、仕舞いこんでいた
以前プリントしたものから夏向きのを選んで一部を入れ替えました。

作業中、やっぱり写真を大きく引き伸ばす魅力を再認識し、手間とコストはかかってしまうけど
プリンターを何とかせねばと思いましたよ。自分の作品がプリンターから大画面で出力されるのは
楽しい工程です。面倒なのは確かですけどね。

これがA2サイズまで大きくできたらさらに楽しいんでしょうけど、コストなどの関係で
今回はやはり断念するかな。これは次の(老後の)楽しみにとっておくとしましょう。

仮にA3モデルに決めたとして、次はエプソンかキヤノンどちらにするかですよね。
エプソンのほうがコンパクトで場所もとらず、現在の場所へそのまま設置できます。
機体の完成度もこちらのほうが上回っているように私には思えますし。ただ欠点は
DPP(キヤノンのRAW現像ソフト)からプラグインプリントできないこと。
現在はいったんTIFFに変換し、CS4を介してプラグインプリントして凌いでいますが、
次に買い換えるであろうパソコンではCS4が使えないんですよ(無料では)。

その近未来を考慮すると、いっそここでキヤノンに乗り換えたほうが得策でしょうかね。
ただしキヤノンのモデルはサイズがデカイので、レイアウト変更するなどして置き場を
確保しなければなりません。将来本当にA2モデルを購入するとしたら、どうせ今のままでは
置けないのですから思い切るしかないのかも。

どのみちすぐには使わないので、秋くらいまでじっくり検討する時間はあるのです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウメ星デンネン

2017-07-22 19:16:26 | 素晴らしき紅マグロの世界





自家製の梅干の天日干しが最終盤に入ったようです。これで今夜、夜干しすれば
完成みたいなのに、やや不安定な天候なんですよね。

梅干はそんな大好物でもない私なんですが、食べるなら市販の甘く味付けされたものよりも
素朴で酸っぱい自家製のほうがいいですかね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あとから植えたキュウリ収穫開始

2017-07-17 18:08:58 | 案山子と人と烏



写真左が先から植えてあるキュウリ、右の3本があとから植えたもので、今日が初収穫でした。
立派な実が収穫できたのはいいとして、やはり苗3本のうち2本の先端部に元気がありません。
病気なのか水切れがたたったのか原因不明です。立ち直ってくれたらいいのですが。

オクラはあとでもう1個とって計3個、ピーマンも11個収穫できました。チンジャーロース
するそうですわ。

今日は昨日までより雲が多くなって翳る時間帯が多かったので、ここぞとばかり車内を
掃除しました。おそらく昨年の秋以来か… 普段買い物に行く程度ならそうそう汚れないので
つい後回しにしていました。前回の九州でも泥だらけの荷物を積み込んだりしたわけではなかったので
そんなに汚れが目立ったわけではなかったけど、いい機会ですしね。

この三連休中、布団も干せたし、部屋の拭きそうじもできたし、靴も磨けたし、押入れの湿気とりも
交換できたりと、日頃気になっていた用事をかなり片付けることができました。これで写真の
プリントがすんなり終わっていたら言うことなかったのですがね。そうすべてうまくはいかなかった
ようです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エプソンにさよならを

2017-07-17 18:05:56 | ライカはローリングストーン




これは昨日の出来事だったのですが、ようやく九州旅行の写真現像を終え、最後の仕上げ、
インデックスプリントをして、いくつか気に入った写真をプリントする作業をしていたとき
悲劇がおきました。

ピンク系統の作品ばかりなのであっという間にマゼンタが底をつき、インク交換したら突然エラー発生、
そのままプリンターが故障したのです。いったん電源を落とし、再起動させたら問題なく立ち上がる
のですが、いざプリントしようとすると「異物が混入している…」との警告が出てまたエラーです。

インクタンクをすべて外し点検するも、私の目では何も発見できずお手上げです。前にキヤノンの
複合機が壊れた際にもたしか同じような警告が出て、そのままオシャカでした。プリンターってのは
突然壊れて当たり前なのでしょうか? そのときの教訓もあって、インクの買い置きを不必要に
多くしないようには心がけていました。今回は交換インクを発注寸前でしたので、手持ちの在庫が
ほとんどなかったのが不幸中の幸いでしたかね。ただ、プリント中にインクが不足しても困るので、
この管理加減は難しいですよねえ。

昔からのお付き合いの方々は覚えてらっしゃるかもしれませんが、このエプソンのプリンター
PX-5600はキャンペーンでもらった品なんですよね(大昔の記事)。2008年の出来事だった
みたいですから、丸9年使っていたんですね。途中一度インクが詰まった以外は、まったく
トラブルなく使えたので、よくがんばってくれましたよ。しかし突然盟友に去られ、私は
途方に暮れてます。

インデックスはキヤノンの複合機でしたから問題ないとして、作品のプリントはA4サイズをあと
数枚するところで終わってしまいました。この中から数枚選んでA3ノビサイズまで伸ばす作業も
できませんでした。

突然後継機種を選定しなければならなくなりました。大型プリンター、中でも顔料インク系はエプソンに
一日の長があるように思えるのですが、カメラがキヤノン製ですから、統一することでマッチングなど
より容易に行えるのが魅力です。思い切ってA2サイズまでプリントできる機種にする手もあります。
置く場所を確保できたとして、二階までどうやって担ぎ上げ、セッティングするか? それくらい
バカでかくて重い(32キロ!)製品なんですよね。それでも大きく伸ばせるのってとても魅力的。
下手な写真も見栄えがよくなるから不思議なんです。でもピンボケなど、アラばかり目立っちゃうかもな。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッテリー追加購入

2017-07-16 19:02:10 | ライカはローリングストーン




EOS5DマークⅢ用のバッテリー・LP-E6Nを追加購入しました。E6Nは旧型(LP-E6)の
リニューアルモデルで、電池容量がわずかではありますが向上しているようです。
私がこれまで所有していたのはすべて旧型でしたので、新型を手にしたのは初めてです。

この前バッテリーの登録をしていて気づいたのは、劣化度1になった2個、つまり5D2時代に買った
ものはいずれも日本製だったということでした。どうやら5D3世代になった頃から、生産を中国へ
移したみたいですね。もちろんE6Nも中国製です。

リチウムイオン電池の性能向上への技術革新は頭打ち状態なのでしょうかね、ここへきて
一気に容量30%アップ!なんてことが難しくなっているのかもしれません。対して最新機種の
カメラには様々な新たな技術、機能が加えられたりしてますますたくさんの電力を必要とし、
バッテリーへの負荷が大きくなって電池の消耗が激しいのでしょう。

ちなみに前回の九州の撮影では、一度も電池交換することなく、最初から装着していたE6一個
で事足りました。もちろん予備を常に一個用意してはいましたが使わずに済んだのですね。
元々私はライブビュー撮影は滅多にしない「省エネ撮影スタイル」ですし、今回は一度も
バルブ撮影しなかったので一気に電池を減らすこともなかったんですよ。

5D2,5D3ともにバッテリーの持ちのよさには納得していて、他社の機種と比較したわけでは
ないのだけれど、キヤノンのデジタル一眼レフのバッテリーに関しては満足して使ってきました。
ですが、新型機5D4は旧型モデルと比べるとずいぶんバッテリーを消耗するそうです。同機を
所有する北海洋さんがまず指摘された不満がその点でした。

前にも述べたように、私の撮影旅行スタイルでは、それはかなり致命的な欠点なので見過ごせない
んですよ。今度発売される6D2はどうなんでしょうかね。バッテリー側の一気呵成の性能アップが
期待できないとしたら、カメラ側の電力消費量を抑えてもらうしかないと思うのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フダンソウ、最終形態にしたものの

2017-07-16 18:57:30 | 案山子と人と烏




フダンソウ(うまい菜)を間引いて最終形態にしました。しかし全体にひ弱で、どうやらこれじゃあ
今後の収穫は期待できないかもしれません。


   

フダンソウの間引き菜とキュウリ、オクラ。

キュウリは主軸が一見枯れたようでいて、脇芽が元気に伸びたので、粘り強く収穫が続いています。
これで32本目、明日も1本収穫できそうです。



           

あとから植えたキュウリにも実がつきはじめました。


           

順調に生育していると安心したのも束の間、先端部の葉が枯れているように見えるのは
気のせいでしょうか? キュウリは何の前ぶりもなく、突如枯れてしまうことがあるので、
油断できません。


           

オクラの根元。ここまで太く、木のように育ってくれると少々のことではビクともしません。


   

ケイトウ。


   

名前の知らない黄色い花。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オクラ最盛期

2017-07-15 19:32:22 | 案山子と人と烏




オクラの収穫が連日続いて、食卓によくのぼります。そんな好物ってわけでもないんだけど、
栄養豊富、体に良いと信じていただいています。

その代わりフダンソウ(うまい菜)の収穫が終わりました。この暑さで葉が育たなくなったみたいです。
まあでも、ここまでよくがんばってくれました。次世代が育つまでお浸しはしばらく食べられません。



   

写真ではわかりづらいでしょうけど、同時にふたつオクラの花が咲いています。さすがに今が最盛期で、
だんだんジリ貧になっていくと思われます。


   

ナスビ再起動、新芽が伸び始めました。昨年は剪定後あまり収穫できませんでしたが、今年は
期待していいのかな。先日剪定の際に、はやどりした小さなナスビ。天ぷらにしていただいたら
とても美味でしたよ。









   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け宣言間近?

2017-07-15 19:28:08 | 案山子と人と烏



数日前の朝のことです、新聞をとりに表に出た際に、「これは梅雨明け時の暑さだな」と感じた日がありました。
おそらく近畿地方の梅雨明けは、その頃に遡って「梅雨明けしていたとみられる」とのちに修正されるのでは
ないでしょうかね。それから雨も降ってませんし、今日などは完全に「盛夏の候」。ただ、雲が多めの
愚図ついた天気が続いたのも確かで、気象庁が梅雨明け宣言に踏み切れなかった事情もわかります。


ちょうど歩調を合わせるかのように和歌山市で絶好調なのが、クマゼミの大合唱。君らは晴天続きのいい時期に
お出ましになったね。我が家でもセミの抜け殻を見られるようになって、これはサトイモの葉裏で羽化したもの。
このサトイモは、食用だったが芽が出てしまったので母が観賞用に植えつけたものです。そんな背丈が
高くないのにね。


   

キュウリに潜むカマキリ。


   


           

北海道でよく見かけるハンゴンソウみたいな黄色い花がワンサカ咲いてます。


   


   


   

百日草も盛りです。




   


   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加