写 真 三 昧  ~徒然の書~

季節折々の花々や、自然の風景を楽しむために

ボリジ

2017-05-05 16:17:17 | 植物、花写真


葉っぱの表面に白い剛毛が生えていて、あまり見栄えは良くない、触るとチクチクする。
春から夏に、花茎を長く伸ばしてその先端に星形の青い花を多数咲かせる。
吾が見るのはせいぜい20センチ程度の背丈だが、本場で自生するものは一メートルにも及ぶという。
この剛毛の生えた、蕾などを観ると一メートルにもなるとまるで怪物。
和名はルリジサとよばれている。
それでもこの種はハーブとして扱われている。











観るからにグロテスクだが・・・・・
面白いのは、このハーブ気分は高揚させる成分が含まれているのか、中世から騎士たちがこのハーブをティーとしてよく飲んだと言われている。
現代科学からしても、恐怖やストレスに対してよくアドレナリンを分泌する効果がある様で、鬱などに効果があると言われている。











(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« すずかけ | トップ | 紫蘭 »
最近の画像もっと見る