写 真 三 昧  ~徒然の書~

季節折々の花々や、自然の風景を楽しむために

カサブランカ

2017-07-16 16:30:06 | ゆりの世界



純白の大輪のゆり、香しい芳香を放ったゆり、といえば思い起こすのはカサブランカ。
花束にこのカサブランカを一品入れるだけでその豪華さが大幅にアップする。
オランダで品種改良されたと言われているが、この花の作出は最初はアメリカだったという説もある。
いずれにしても、山百合やかのこゆりなどがオランダに渡って、品種が固定され、カサブランカと命名された。
カサブランカはアフリカモロッコ王国の都市の名前であるが、映画カサブランカが一躍名前を有名にした。
都市名を命名の基準にしたなら、カサブランカは絶好の命名基準になったのかも知れない。











(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)











ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 秋七草~桔梗~ | トップ | ニンフと名付けられたゆり »
最近の画像もっと見る