ちょっと息抜き

たまに息抜きで、出かけることがあります。
そんな記録を少し綴っていければと思ってます。

羽子板市

2016-12-18 23:40:17 | 日記

師走の風物詩、羽子板市が始まりました。17日から19日までの3日間です。

18日が観音様のご縁日にあたり、12月は納めの観音と言われて参拝者で込み合います。
江戸時代には、この縁日にお正月用品や縁起物を売る屋台がでて、それが歳の市となったと言われています。
羽子板市は、その名残を今日まで留めています。

今回は、土曜、日曜日にかかりましたので、浅草寺界隈は人出で混み合っていました。
五重塔前の広場に、小屋掛けが出来て、羽子板のお店が並んでいます。
その他にも、縁起物や凧などを売るお店も出て、最近では歳の市と言われるようになっています。

浅草寺にお参りをしてから羽子板市を見てきました。
浅草寺本堂には、十尺の大羽子板が飾られています。

羽子板は、歌舞伎に題材を取ったものが多いです。
隈取の羽子板なども売られています。 

凧なども売られていました。

羽子板が売れると、手締めの音が響いてきます、回りの人も一緒に手を叩くのはいいなぁと思っています。
この市が終わると、もうお正月の準備です。
今年もあと10日あまりになっています。

羽子板市の画像は、以下のアドレスにアップしてあります。
http://dorasan23.blog3.fc2.com/blog-entry-702.html

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉の紅葉 | トップ | 新年のご挨拶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。