ちょっと息抜き

たまに息抜きで、出かけることがあります。
そんな記録を少し綴っていければと思ってます。

川越まつり

2016-10-16 22:53:37 | 日記

10月15日、16日と川越まつりが行われています。

15日の土曜日は、社会人講座の受講日で、夜は和太鼓の練習があっていかれません。
16日に出かけてきました。
朝刊の埼玉版に、川越まつりの記事が掲載されていましたので、混むだろうなと思っていました。

曇りがちな天気でしたが、雨の心配はなさそうでした、が、2回ほどぱらつきました。
日差しもありましたので、狐の嫁入りかなと思いながら歩いていました。

川越まつりは、山車のお祭りです。
市内に29基の山車があるそうで、今年は23基が引き回されていると言うことです。
駅で、祭りのパンフレットも配布されていますので、出ている山車がわかります。

山車は、江戸系川越型といわれ、上層が迫り上がり、人形が飾られています。
山車の全面には、囃子方がお囃子を演奏してそれにあわせて、舞をしています。
山車の出発、停止などは、宰領といわれる役どころの人が、合図をして、拍子木で全体に知らせます。

先触れという役もあって、進行方向の町会詰め所や、山車などに、挨拶をしています。
全体には、ゆったりとした引き回しです。

電線のある場所では、上層部と人形は格納されていて、電線が地下に埋設されている蔵造り商店街や市役所前では、全体像を見ることができます。

衣装も派手目で、子供の手古舞が先頭を歩いています。

町会によっては、山車の人形の名前をつけた会があって、そこでは、山車のミニチュアが飾ってあったりします。

夜は、山車に提灯がついて綺麗なのですが、寄る年波で、長時間は無理なので、早めに帰って来ました。
駅では、これから祭り見物に行く人で、混みあっていました。

以下のアドレスに、多めの画像をアップしています。
http://dorasan23.blog3.fc2.com/blog-entry-694.html

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上高地 | トップ | 旧古河庭園の秋のバラフェス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。