旅人太郎の単なる日記

のんびりゆったりどうでもいい日記。適当に地元のイベント紹介、趣味の写真のお話。そしてたまに猫どもの話(笑)

地震から1週間、地元の旅行関係(宿泊キャンセル延べ9,000人以上)、まあそうなるだろうよ。

2016-10-28 07:00:50 | 日記

地震発生から1週間が経過しました。余震は今なお続いており、回数は200回超えとなっております。

鳥取市内の状態としては今はほとんど平常通りです。

しかし震源地間近である倉吉市では避難生活が続いているようです。

タイトルの通り、宿泊関係では延べ9,000人以上のキャンセルが出たようです。でもこればかりは仕方がない。どうしようもない。

ただYahoo!のニュースの見ていた時にとんでもない、何を言っているんだという記事を見付けてしまいました。

それはこの宿泊のキャンセルを風評被害だと言っている記事です。

「風評被害? バカヤロウ! 誰が考えたって当然そうなる結果ではないか!」

これには驚いて思わずモニター越しに怒鳴ってしまいましたよ(反省)

 

ご覧の通り、余震のペースは低下したと言え今なお続いています。断層が活動を続けているという事。そもそも断層の活動がそんな短時間で収まるわけがない。

それに地震発生からまだ1週間しか経過していないに観光関係にキャンセルが発生するのは風評被害だなんて言ったって、相手は安全を優先して鳥取観光をキャンセルしているのであって、何も風評被害でも何でもない。

 

当然コメント欄には、

「家族の安全のために旅行をキャンセルして何が悪い! 人の命を軽視している!」

「余震が続いているのに風評被害も無いだろう! じゃあそっちに観光行ってデカい地震が起きて死者でも出たらどうする気なんだ!」

「そもそも風評被害の認識を間違えている」

などとと非難轟々。もう叩かれて当たり前だよこんな事じゃ、コメント欄に書かれている通り、と言うかド正論。何もこちらは言えません。

むしろ鳥取県に対するイメージが悪化し、悪い影響だなこれは。最悪なパターン。

「―――被害の少ない東部・西部にも拡大している」て、そういう問題ではないだろうが(怒)

いやなんかもう皆さんごめんなさいね、本当にごめんなさいこんな事で、本当に申し訳ない・・・・・・。

 

自分も鳥取県民なんで事情は分かるけど、人も銭も無い鳥取県だけど・・・・・・。

辛い状況でも耐える時は辛抱して耐えにゃならんだろうが鳥取県。こんな事では本当に人がいなくなって消滅するぞ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地元鳥取県でマグニチュード6.6の地震、倉吉市・湯梨浜町・北栄町で震度6弱の揺れ!

2016-10-21 20:38:32 | 日記

揺れましたね、とっても・・・・・・。

今日の14時ごろ地元鳥取の中部で強い地震が起きました。自分の居場所は鳥取市ですので、速報のデータは震度5強(震源に近い倉吉市等は震度6弱)となっています。

本日は金曜日ですが、長雨で進み具合が良くない田んぼの世話をするために仕事は休暇を取り、家の作業をしておりました。

先に言いますが自分は無事です、家族も親戚も猫も無事です。家の損害も今のところ無さそうです。

地震発生後、頭上をヘリコプターが短時間でおよそ10機ほど通過していきました。ヘリなど滅多に通過するわけがない我が家の頭上を10機以上も。一度に3機来る時もありました。

正月の時の記事に、年明け早々岡山県津山市に地震があり、不安な年明けと書きましたが、その後春の熊本地震が発生し、そして今日の地元鳥取での地震。正直冗談では済まされない状態になっています。

鳥取県中部は去年あたりから震度3~4程度の地震が起きていましたが、来ましたねデカいのがとうとう・・・・・・。

本来鳥取県、山陰地方は地震が起き難い地方でしたが、2000年の鳥取県西部地震からまだ16年しか経過していないのに同じく鳥取県内で発生。もう起き難い地方とは言えませんね、これは。しかも奇しくも鳥取西部地震も10月に発生しています。

阪神淡路大震災から記憶を辿っていくと間隔的に各地で地震が相次いでいます。大きな被害が発表されてないだけで、近年淡路島でも朝方強い揺れが出た時もありました。北海道函館でも最近ありましたね強い揺れが、鹿児島の島でも、よくよく見れば広範囲でたびたび地震が起きています。

地震が起き難い場所でも強い揺れの地震が起きるんですから、ウチでは起きないだろうと言っている場合でありません。我が身を守れるのは己自身です。

自分は今回の強い地震を予測していたわけではありませんが、東日本大震災の事を思い、本棚やガラス製のコレクションケース(高さ160cm)等は倒れないように鎖とかで固定しています。おかげで中身だけが寄ったり、飛び出したりはしたものの棚本体(推測重量50kg)等は倒れませんでした。これは素直に「備えあれば憂い無し」とはこの事だと感じました。もちろんこれが最善というわけではありませんが。

はてさて、本当にこれからどうなってしまうのか、全国が注目している南海トラフ地震が早々に起きるのか? 不安がいっぱいです・・・・・・。

皆さんも完璧な対策と言えばお金が掛かって悩む所でしょうが、可能な範囲でも何か手は打っておくべきでしょう、何も対策しないよりは絶対に良いです。当たり前ですが。

 

Yahoo!の路線運行状況のページにて、山陰の路線はかなり混乱しています。ブログを載せている時にはいくらか回復しているでしょうが、

鳥取自動車道も電光掲示板に「地震発生、交通注意」とずっと表示されていました。

秋の行楽シーズンで紅葉とかの時期ですが、ちょっと鳥取県へのお出かけは今は控えた方が良いかなと思います。

過疎が進んでいるので本当は人をたくさん呼びたい時期なんですけど、こればかりはどうしようもないです、今はまだ余震も続いていますので・・・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月ももうすぐ終了、そして夏の終わりを告げる迷走台風10号君。

2016-08-27 07:05:08 | 日記

盆も終わり、去年と比べて比較的天候は良好に終わりました。

去年は大荒れでしたからね~。

 

時々こんな雲は出ていましたが、写真は会社の帰りにて。

比較的穏やかに夏も終わると思っていましたが、やっぱり環境は変化している様で、先日はトリプル台風で話題になりましたが、

今度は迷走台風10号で話題になっていますね。このままだと地元も多少当たってしまうようですが。

東京近くから発生して沖縄に、そしてそこからのUターンで再び本州へ。

「バカンスを楽しんで戻ってきた」等という書き込みを見て笑ってしまったが、勢力は全くもって笑えない。何で強くなって戻ってくるのか(汗)

水害、土砂災害は勿論警戒しなければならないが、ウチ等は農家ですからね、何が一番心配かと聞かれたら田んぼに畑。稲達は今一番良い状態で来てるから、このまま暴風雨で滅茶苦茶にされるのは一番勘弁してもらいたい所(泣)

今は進路の具合を見守るばかりです。

ただし接近して来たとしても家からは出ませんよ、間違っても田んぼの水が心配で様子を見に行くなんて行動はしませんよ。毎回の様に悲しいニュースを聞きますけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松江水郷祭2016

2016-07-31 19:20:14 | 日記

仕事帰りに鳥取駅から特急で松江まで突撃するハードスケジュール(乗り遅れそうになった)で見物してきた松江水郷祭。

年々にパワーアップしていき、とうとう今年には二尺玉が登場。

久し振りに山陰本線の特急に乗りましたが、割と飛ばすんだな山の中を・・・・・・。

 

 

19:11着の便なので松江駅到着時はごった返し状態。しかし道は知っているので、行列とは別の行動で迅速に会場へ。年々人が増えている気がする。

向かうは嫁ケ島を一緒に収めることが出来るスポットへ!

 

 

開いてるスペースを何とか見つけ、カメラを据えて設定を調整して何とかスタンバイ。始まる2分前の事―――。

今回は同行しなかったコウショウ氏からメールが入っていたが、正直返信している余裕は無かったので終わるまで無視。すまんコウショウ氏。

今回も撮影設定は多重露出ON、前回の香住花火大会の失敗を繰り返さないよう手振れ防止はOFFにして。

※もしここで多重露出ONと手振れ防止までONにするという凡ミスをすると宍道湖のシンボルの嫁ケ島がブレて台無しになるんだろうな。

 

「お、これは綺麗に撮れたな」と思った1枚。と言っても自分の基準でモノを言ってるので他人から見たらどうかは分かりませんが。

そして目玉の二尺玉ですが、結論から言うと撮れていません。多分他のカメラマンも何人かは撮れていないと思います。

松江水郷祭には基本予告放送はないので、今の打ち上げは合図だなと自分で判断しなければなりません。

「ん、今のは・・・・・・、おおおっ!?」 ← これで分かると思います実際の様子が。デカかったのにな~(汗)

ちなみに二尺玉以外にもあの名物の斜め打ちが新たに途中に組み込まれていましたね、これも見所でした。

 

明るい花火玉の連射も白飛び状態でも嫁ケ島のシルエットのお陰で何とかなっている。

さてさて次回も二尺玉が登場するのかは不透明だが、次はしっかり撮らんとな!

それにしても帰りの松江駅は凄かったな、こっちは特急を利用したので救いはあったが、普通車はどこかの都会に負けないぐらいぎゅうぎゅうだったな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香住ふるさとまつり(2016年)と、どうでもいいオマケ話

2016-07-25 07:01:25 | 日記

ご覧のように突発的に雷雲が発生し、短時間で一面を水浸しにする豪雨が相次いでいましたが、鳥取では落ち着いてきましたかね~。

夏祭りが各地で盛んに行われているこの時期、ちょっと足を伸ばして花火大会等に。

去年は花火狩りだとか題して大小構わず各地の花火大会へ出てもしましたが、今年は控えめに。

 

 

向かった先は兵庫県香美町の「香住ふるさとまつり」です。新温泉町のお隣の町です。

鳥取市 → 岩美町 → 新温泉町 → 香美町 → 豊岡市

こんな感じですかね。割とすぐに行けました。海岸線の景色が良かった、写真撮っておけば良かった(汗)

 

この海上花火大会、打ち上げ数は約2,500発と数では小さな花火大会ですが、クオリティが高い花火大会です。

兵庫県下4大花火に認定されている由緒ある花火大会なのです。

 

上げられる花火の種類と良い、色と良い。割とお金がかかってそうな花火大会です。

プログラム間に協賛をだらだらと放送するのにはちょっと長いなと思いましたが、その放送内に次のプログラムに使用される花火玉と数を言ってくれるのはGOODでした。

 

フィナーレ(爆)。今回はカメラの設定で多重露出をONにしましたが、手ぶれ防止機能をOFFにするのをし忘れて背景がエラい事に(汗)

多重露出を使う場合は手ぶれ防止機能はOFFにしないと逆効果で写真が残像だらけに・・・・・・。

 

※オマケ

花火大会とは全く関係ない話ですが、社長から突然に岩牡蠣を頂きまして、

 

 

何にも準備なんか無かったのでグツグツ煮て頂きました。

 

 

食べるのはエラい苦労しましたが、美味しかったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加