7/2旅人 

山と旅が好きです。

ホワイトアウト

2016年10月15日 | 山歩き

前回からの続き

当初の予定は大根山、矢筈山を経て篭坂峠に下山するつもりだったのだが、

視界は、10m程しかない。

ホワイトアウトだ。_| ̄|○

 

今は昔

中央アルプスで、ホワイトアウトを経験した。

駒ケ岳の小屋を目指していたのだが、完璧に白い闇

おまけに冬山だったので、足元は雪、白に白

何処を歩いているのか解らない??

 

雪の上でガスに巻かれると、

登っているのか降っているのかも解らず。

なんか変な浮遊感を感じていた。

 

夕闇が迫っていた、相棒と僕はザイルを出し

一人は動かず、一人はザイルを張ってグルリと一周まわる。

今度はそいつが、起点になり、またザイルを張りながら回った。

 

雪洞を掘る程の雪もなく、ビショビショのツエルトを出すのも億劫だった。

今日は小屋に泊まりたい。

 

何度かグルリを繰り返すと、やっと白い闇の中、小屋にぶち当たった。

ところが、

其処は小屋のトイレだった。_| ̄|○

 

幸い冬山なので、匂いはあまりしない。

相棒と、このトイレで一晩明かした事があった。

 

閑話休題

小富士から戻り1905mの三角点に着いた。

白白で、何処も同じような地形、路はなし。

 

篭坂峠に行くのはちょっと無理がある。

今回はもと来た道に戻る事にする。

ま、それも難しいのだが。

 

 途中、何やら車止めみたいな

ワイヤーと支柱があった。

 え、(゚д゚)!

こんな所に車が来るの!!

風は南から吹いている。

どうしても、風に押されないように歩いていくと。

風上に方向がずれていく。

南に引き込まれないように、歩く。

目印は白いペンキだけだが、白いペンキじゃよく解らない??

それでも、やっとこ樹林帯に入りグランドキャニオンに戻ってきた。

行きでは二股の中間尾根を強引に登ってきたが。

よく見ると右俣に道が着いていた。

行きには気が付かなかったが、

動物の骨がある。

シカの骨かな??

下りながら見るグランドキャニオンは、

また、なかなかの風景だ。

なんか、笑っているようにみえる^ー^」 

やれやれ、

富士箱根トレイルの指導票に着いた。 

ここから、車道沿いに歩けば

富士浅間神社に着く

しかし、蛇行した車道を歩くのは辛く

樹林帯を真っ直ぐに歩いて行く。 

時折、枝が、煩いが。

下生えは少なく、まあまあ歩きやすい。

お、あと一里だ。

4kmだね^ー^」 

富士登山の起点は富士浅間神社。

東側の登山口になる。

ここが、今回の山旅の終点だ。

前々から気になっていた。

グランドキャニオン、想像していたよりはスケールが大きかった。

 

天候は晴れマークだったけど。

ガスに巻かれてしまった。

とても、寒く、なんかいっぺんに季節が変わってしまった。感じだ。

 

小富士から篭坂峠へ、の山行はまた今度だ。、

ま、面白かったな。^ー^」」

 

おしまいm(_ _)m

 

 

10/7             2016

 

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小富士 | トップ | オリオン座流星群 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL