新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

火蟻(ヒアリ)案件、コメントのポイント

2017-06-19 19:12:01 | ヒアリ・火蟻・fire ant

火蟻案件のコメント。いくつかの地元ローカル局からコメント依頼で話してるポイントです。

1.グローバリゼーションの現在、今回のような件は今後何度も発生する可能性があり、アンテナ感度をあげてゆくべし。

2.リスクは海外からコンテナ・船荷が到着する場所。港湾・倉庫・工場・流通センター・ショッピングセンターetc。

3.やるべき事は「早期発見・早期対処」に尽きる。巣をつくる以前に駆除!
通常の殺虫剤や蟻対策でOK
(注:アース製薬お客様センターにメール照会した答弁は「ヒアリで殺虫試験をしておりませんが、一般的なアリの駆除剤は効果が期待できると思います(原文ママ)」。)

4.取り扱い注意。蚊とおなじく平手でパチン!とやる人いそうだが、やっちゃダメ。毒針で刺す。蟻よりハチのイメージ。ハチを平手でパチンとやる人いないようにヒアリも素手でやっちゃダメ。

5.アナフィラキシーショックを平易に解説。「人間を咬んで殺す」などという話がオカルトチックに流言になることを防ぐためにも、万一の不幸が発生することあればそのメカニズムを世間に正しく理解していただくことは重要。蕁麻疹・呼吸困難感・血圧低下・嘔吐etcあれば救急車!

6.感染症と混同する人がいれば、明確に否定(ヒトーヒト感染ありえませんという説明を要したこと1件)。

7.どれぐらい危ないのですか!と勢い込んで聞いてくる人には落ち着いて「ハチと同様とお考えください」と答える。オカルトチックなこと考えてそうな人には「ハチ」という現実的なものをイメージしていただく。「死ぬことは!」にはアナフィラキシーショックを平易に説明してハチで亡くなるのと同じストーリーだと念押し。

以上、本日一日で、世間一般が誤解しそうな部分を感じたところ、世間一般が考えていないけれど注意喚起すべきところです。

『兵庫県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月18日(日)のつぶやき | トップ | ヒアリ(火蟻)で雑学・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。