新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

遺伝子変化でワクチン無効に?(D225G recombinomics)

2009-11-29 15:49:50 | インフルエンザ:基礎知識/新知見

ノルウェーを皮切りにフランス、ウクライナと世間を騒がせている遺伝子変化(D225G)について、「ワクチンが効かないんじゃないかね? 世間に知らせんでも良いんかね?」とrecombinomicsがWHOの姿勢に疑問を投げています。

  • 金曜日の英国国立研発表。「ウクライナからの検体から検出された遺伝子変異は、ワクチンが十分効果発揮しなくなる可能性が示唆される」と。
  • WHOフクダ氏は、「インフルエンザの変異は非常に速く、変異ごとにいちいち報告していては天気予報みたいだ(意味がない)」とコメント(←recombinomicsはここに噛み付く)
  • 上記のごとく、今回の変異でワクチンが効きにくくなる可能性がある。WHOはそれを認めていながら、公表することに消極的。そして、異なる意見、すなわち、変異したD225Gは直接肺に到達したもので、この所見がウクライナ犠牲者4例中4例に認められたと発表。
  • ウクライナ、フランス、ノルウェーと拡がり日々注目を集めているにもかかわらず、WHOはこれを世間に知らせるに値せずとの姿勢をとっている。

オフィシャルルート以外の情報も集めねばという見本みたいな話ですね。
このD225G遺伝子変化の展開、次はどの国で何が起こるのか引き続きウォッチ!です。

ソースは11月28日付recombinomics↓
http://www.recombinomics.com/News/11280901/WHO_D225G_Vac.html
WHO Confirms D225G Vaccine Failure

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漢方薬はずしと署名 | トップ | 遺伝子変化D225Gコメント »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ua)
2009-11-29 23:32:01
『ノルウェーを皮切りにフランス、ウクライナと世間を騒がせている遺伝子変化(D225G)』

日本でもこの変異は確認されていますよ。
Unknown (Unknown)
2009-12-01 16:27:21
この変異は、α2-6結合を認識するヒト型からα2-3を認識する鳥型への変異です。つまり、レセプターバインディングサイトそのものの一つです。HAの感染性という意味では低くなります。MDCKではなく、卵で分離すると卵でこの変異が誘発される可能性もあります。このウイルスに対するフェレット免疫血清を作り、抗原変異がどの程度あるのかを確認する必要があるので、最低でもフェレット免疫血清を作るのに1ヶ月程度かかりますので、血清疫学的な正確なデータを評価するのは、まだ、もう少し時間がかかると思われますよ!
ご教示ありがとうございます (管理人)
2009-12-02 16:34:45
ありがとうございます。
「ヒト型からトリ型への変異」「卵で誘発(かも)」少し緊張緩和な情報いただき、感謝感謝です。
ご活躍願っております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。