新型インフルエンザ・ウォッチング日記〜渡航医学のブログ〜

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

ジカ熱ウイルス変異説が表だって報道され始めた

2016-02-01 17:53:59 | ジカ熱

これまで専門家のあいだでひそやかれていたジカ熱ウイルス変異説が一般報道の活字になりだしました。

  • ハーバード大学 Flaminia Catteruccia, associate professor of immunology and infectious diseases at Harvard T.H. Chan School of Public Health,  のコメント
  • ジカ熱ウイルスが、小頭症を発生させギランバレーを発生する直接原因だとしたら、ウイルスがヒト環境に適合し、ヒトに対する毒性も強化されるように遺伝子変異が起こっていることを示しているのではないか。それはまだ証明されるには至っていないが、ただ、以前の研究から、ジカ熱が子宮内感染すること、および、神経系に影響を及ぼすことは報告されている。
  • 我々が困惑するのは、いったい何が変化していて、なぜ変化したのかわからないことである。
  • このウイルスの起源についてさらに研究が必要である。いまのところジカウイルスには2つの系統、アフリカ由来とアジア由来があって、今回中南米で流行しているのはアジア由来だということ。後者の方が神経系感染しやすい。

遺伝子変異の可能性について、小耳にははさめど、はっきり一般世間に向けて言及するのはこれまであまり見かけませんでしたが今後広くディスカッションされてゆくのでしょう。

ソースはハーバード公衆衛生校
http://www.hsph.harvard.edu/news/features/zika-virus-in-brazil-may-be-mutated-strain/

Zika virus in Brazil may be mutated strain

『ラテンアメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月31日(日)のつぶやき | トップ | 2月1日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。