新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

医療・科学界の注目点。トランプ氏がどう出るか、ギングリッチ氏が台風の目?

2016-11-12 10:04:14 | 政治的動き

トランプ大統領で、かの国の医療界・研究界はどうなるのか。注目点。

1.NIHはどうなるのか?
 トランプの朋友、ニュート・ギングリッチ氏はNIH予算増額推進論者。
しかしトランプは過去、ラジオ番組で「NIHのことは色々聞いている。しかしヒドイ処だ」と発言している。

2.オバマ政権で取り組まれた大型プロジェクトはどうなるのか?
 BRAINイニシアチブ、Precision Medicineイニシアチブ、がん対策moonshot。これら大規模プロジェクトの行方は?

3.麻薬危機にどう取り組むのか?
 メキシコ国境に壁をつくる。それで麻薬の流入も防ぐとは言っている。処方薬依存にも取り組むと言っている。しかしその具体的詳細については不明瞭。打ち出す対策もオバマ政権ですでにやっていたことなど、新味がない。

4.トランプ政権で保健福祉長官(大臣)は誰にゆだねられるのか?
 保健福祉長官として下馬評にあがっているのは、Ben Carson(Affordable care actを攻撃した)、Roe v.Wade(進化論に異をとなえた)、ギングリッチ(製薬業界のお友達。アルツハイマー研究の改革)。FDA・NIHといったところは本来政治とは関係ないのであるが、現在、薬価問題や研究妥当性で不快はスポットライトを浴びている。だから、次の保健福祉長官を引き継いだ人物が、科学政策や医療政策のキーマンとなる。

5.医薬品価格はどうなるか?
バイオ企業の株価は急騰を演じた。医薬品価格問題についてトランプはクリントンに比べて緩やかとみなされている。しかし、Medicareが製薬会社と直接交渉することを可とし、医薬品を輸入することを認めようとしている。

保健医療や研究分野の話になると、再々登場してくるのがニュート・ギングリッチ氏。2008年・2012年と大統領候補として取りざたされメディアを賑わせた(実際には出馬に至らなかった)人物です。NIH予算倍増論を唱え、製薬会社のお友達ともいわれている彼はトランプ政権のキーマンとなるでしょう。ただし、別のサイトでは、国務長官(外務大臣に相当)への就任を予想する向きもあり、わかりません。大臣の格(万一のときの大統領継承順位)は国務長官>財務長官>>>保健福祉長官ですから、そりゃあ本人にとっては国務長官として外交のトップの方が魅力的でしょうし・・・

(皇位、じゃなくて大統領継承順位はこちら参照 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%A1%A7%E5%95%8F%E5%9B%A3 )

ソースはStat
https://www.statnews.com/2016/11/09/donald-trump-win-science-medicine/

What does Donald Trump’s win mean for science and medicine?

この人がキーマン?(ギングリッチ氏)

 

 

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月11日(金)のつぶやき | トップ | 11月12日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

政治的動き」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事