新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

イエメンのコレラ収束の見込み立たず30万例に、ワクチン100万本計画も立往生

2017-07-13 08:41:15 | コレラ・サルモネラ他消化器感染症

戦乱のイエメンでコレラが急拡大している問題。感染者数20万人あたりで日本のメディアにも記事を見かけるようになってはいますが、その後も収束の気配もなく、30万人という数字がWHOから出てきています。

戦乱による医療インフラの破壊、清潔な水が得られなくなっていること、複合的に関与しています。そして以前紹介したように、医療機関を意図的に破壊することで、治療できなくなった病気そのものを武器として使えるという新たなトレンドが輪をかけています。

さらに、その対策として100万ドースのコレラワクチン計画もセキュリティなど理由に遅延し見通しが立たず、人道危機は深まるばかりというのが現状。

 

http://www.cidrap.umn.edu/news-perspective/2017/07/news-scan-jul-10-2017

https://www.statnews.com/2017/07/11/un-yemen-unlikely-get-cholera-vaccine-first-planned/

『中東』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日(火)のつぶやき | トップ | 7月13日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。