新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

ヒアリの報告、次はここだ(メジャーなコンテナ港は全部そろったけれど)

2017-07-15 18:30:18 | ヒアリ・火蟻・fire ant・アカカミアリ・ほか特定外来生物のアリ

昨今、ヒアリが〇〇港で見つかった!と報道が相次ぐ状況が続いています。一連のストーリーが尼崎・神戸港で始まった頃、管理人は国交省データをもとに、「中国からコンテナ船入港は東京・横浜・名古屋・大阪・神戸港が30便前後で肩を並べています。次はここらあたりでしょう」とメディア等でコメントしておりましたが、1か月もしないうちに見事に全部揃ってしまいました。

では、「その次」はどこか予想してみましょう。

1.J2・マイナーリーグの港(地方コンテナ港)から
上記とおなじ国交省統計(我が国港湾への外貿定期コンテナ航路便数)から。
J2・マイナーリーグというのは比喩表現ですが、要は地方でも実力級がいるということです。

清水港(静岡) 7.0便/週
水島港(岡山)・新潟港(新潟) 6.0便/週
福山港(広島)・広島港(広島) 5.0便/週
苫小牧港(北海道)      4.5便/週

あと、メジャーリーグの末席あたりにも
北九州港(福岡)・博多港(福岡) 12便/週
というのがいます。

https://www.mlit.go.jp/common/000228238.pdf#search=%27%E6%88%91%E3%81%8C%E5%9B%BD%E6%B8%AF%E6%B9%BE%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%A4%96%E8%B2%BF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E8%88%AA%E8%B7%AF%E4%BE%BF%E6%95%B0%27

2.木材港
これはあまり報道されていませんが、ヒアリは木材にも入り込みます。以前当サイトで、南米ボリビアの自警団では泥棒をヒアリ住み着く木に縛り付ける私刑があると紹介しました(http://metro.co.uk/2017/01/05/vigilantes-kill-woman-by-tying-her-to-tree-infested-with-fire-ants-she-was-innocent-6363026/)。ここに目をつけました。日本にヒアリを運んでくるのはコンテナ船だけではなく、木材輸入港もアブナイのではないかと。
ここでまた国交省統計に登場いただきましょう。今回は「バルク貨物(木材)取扱について」というものです。
この中の「主な原木取扱港湾」なる表をコピペすると、

呉港(広島)  176万㌧   -10m  住宅部材 
境港(鳥取)   60万㌧ -10m  住宅用合板
尾道糸崎港(広島)   43万㌧ -10m  家具材、建材
浜田港(島根)    26万㌧ -14m 針葉樹合板  
舞鶴港(京都)    23万㌧   -10m  合板  
徳島小松島港(徳島)    22万㌧   -13m  住宅部材  
須崎港(高知)    20万㌧  -10m  梱包材

ということになっているようです。
この中には中国以外の、ヒアリとは無関係の国発も含まれていますから、コンテナ船入港港ほどの精度ではものが言えないわけですが、こちらでは意外なところがメジャーになっているというのは留意すべきでしょう。
http://www.pa.skr.mlit.go.jp/kouchi/A/thinks/image/21-1ks4.pdf#search=%27%E6%9C%A8%E6%9D%90%E8%BC%B8%E5%85%A5+%E6%B8%AF%27
 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月13日(木)のつぶやき | トップ | 7月15日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

ヒアリ・火蟻・fire ant・アカカミアリ・ほか特定外来生物のアリ」カテゴリの最新記事