新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

コンゴの新たなエボラアウトブレイク、不幸中の幸いは・・・

2017-05-16 08:14:13 | エボラ出血熱 EVD エボラ

コンゴ民主共和国で新たなエボラ熱(EVD)感染者の発生が確認され、日本の報道にも載ってきています。今回の発生で、有利な点と不利な点。

  • いま、コンゴが政治的に比較的安定している。
    さまざまな鉱物資源に恵まれるこの国は、その利権をめぐって争乱が絶えない場所です。管理人がパリ勤務中、この国の首都キンシャサへ定期的に出張したものの、「現地情勢の緊迫」を理由に何度も中断になりました。ヒョウ柄帽子がトレードマークのモブツ大統領、クーデターの未遂やらついに既遂まで。その間に発生したどさくさまぎれの略奪は猖獗を極め、目撃者の証言によれば病院も徹底的に、トイレの便器まで嬉々として担いでゆく光景まであったとか。現地の邦人を退避させるオペレーションに現地入りしらパリの大使館員はフランス軍に救援を求め、フランス人を退避させる航空機の余席に(低い優先順位ながら)なんとか押し込んでもらっていたものです。(余談ですが、この緊迫を至近で見聞きした経験から、当管理人は、誰がなんと言おうが有事法制には大賛成です。安倍さん頑張ってくださいました)
     管理人のパスポートに押されたこの国の入国ビザは、あるページには「ザイール」の国名で押され、また別の頁には「コンゴ民主共和国」の国名でおされています。
     さて、こういう状況で今回のエボラが起こっていたら・・・略奪にあった病院の臨床検査室はこの写真の如きことになりますし、これで検査が出来るかといえば・・・さらに、首都キンシャサから現地入りするまでに安全はまず保てないでしょう。そんなことごとを思い出すにつけ、
    「今でよかった」というのが実感。

キンシャサの病院、略奪後の何もない臨床検査室(これでも争乱真っ只中ではなく、少し落ち着いた時点)

 

 

『アフリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月11日(木)のつぶやき | トップ | コンゴのエボラ発生、地理的... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。