新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

ダニがもたらす厄介事は脳炎にとどまらず、ベジタリアン強制!

2016-10-14 00:05:05 | ダニ関連(ダニ脳炎・SFTS・・・)

SFTSやダニ脳炎で、ここ最近、日本国内でも脚光をあびつつある「ダニ」。ダニが引き起こす厄介ごとは感染症にとどまらず、肉アレルギーが注目されています。

  • ダニに噛まれてから、肉アレルギー発症することが2007年から知られてきている。
  • アレルギー症状は、肉類を食してから2~10時間後にあらわれる。原因はダニの唾液中のタンパクといわれている。
  • 発症前にダニに咬まれていることが共通点だが、なかには6か月も以前ということもある。鶏肉と魚類は大丈夫だが、多くの患者はすべて肉類を食べない選択ととることが多い。
  • The Lone Star tickは米国全土にいるが、アレルギーは南西部に多く、この地域ではwhite taildeerを飼っている。
  • ダニ咬傷によるアナフィラキシーショックはオーストラリア北海岸でピーナッツアレルギーと同じぐらい頻繁に見られている。

地域的には限定されていますが、気になる新事象です。ダニに咬まれたのを機会にベジタリアン転向してメタボ回避となれば災い転じて福となす・・となりそうですが、そういう風に考えられる米国人やオーストラリア人は少ないでしょうから、厄介ごとですね。

 https://www.theguardian.com/society/2016/oct/07/tick-bites-that-trigger-severe-meat-allergy-on-rise-around-the-world?CMP=share_btn_fb
Tick bites that trigger severe meat allergy on rise around the world

‘Tick-induced mammalian meat allergy’ reported in Europe, Asia, Central America and Africa but most prevalent in parts of Australia and the US

 

 

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジカの次に騒動起こす蚊媒介... | トップ | 10月13日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。