新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

日本初と報道されてるヒアリ(火蟻、fire ant)だけれど米ではこんなに真っ赤っ赤

2017-06-15 23:11:03 | 雑感/他分野ニュースから連想

尼崎港でコンテナからヒアリ(火蟻、fire ant)が見つかった!と報道され、加計学園再調査発表とテロ等準備罪成立に挟まれた日としてはまあ健闘といえるスペースをしめています。

ところで、この地図は何でしょうか?

 

アメリカ合衆国でヒアリが棲息する場所。なんとも真っ赤っ赤です、南の方。

かの国でfire antと通称される相手、立派な蟻塚をつくって殖え続けます。咬まれたら激痛、(蜂と同じく)アナフィラキシーショックも・・・

上記地図のソースはこちらですが、「火蟻は生まれてしまったものを駆除するより予防が容易です」と、デングの蚊対策と同様の哲学でもって、これを撒きましょう・・・とやっています。

今回は尼崎港で首尾よく発見されましたが、将来、港で気づかれずに工場まで運ばれてしまうコンテナも出そうです。海外から輸入原料が運び込まれる工場においては、産業医を務めておられる先生方、職場巡視の視点として、安全衛生委員会の講話ネタとしてインプットしておかれると良いかもしれません。

 

 

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日(水)のつぶやき | トップ | 6月15日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。