新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

それでもまだデ-タ足りないからカネ返せとタミフル訴えよう(コクランの暴走?)

2012-11-14 08:13:06 | 政治的動き

なんか考えさせられるニュ-ス。

タミフルは有効性を証明するデ-タがないから(製薬会社が出さないから)認められない。製薬会社を訴えて、お金を取り戻そう!

 これは、あまたあるトンデモ訴訟の話ではなく、発言者はコクランの人物。エビデンス医療の総本山の権威筋だからトンデモでかたずけられず騒動になっています。

  • タミフル有効性を証明するデ-タがないとコクラン→BMJが迫っている。
  • タミフルは、何十もの国で備蓄され、09年パンデミックでは広く使われた。
  • 今回、BMJは、製造元のロシュ社を訴えるように各国政府にうったえた(On Monday, one of the researchers linked to the BMJ journal called for European governments to sue Roche.)。
  • その中でコクランセンタ-のPeter Gotzscheは、ロシュ社がデ-タを出すまでボイコットを呼びかけている
  • 昨年、タミフルはWHOの”essential drug"に指定されている。これにより、各国政府や人道支援団体などからの買い上げも期待できる。米国CDCはリレンザと並んでインフル治療薬として認めている。
  •  コクラン側の言い分はタミフルが合併症の数を減らす証拠が見つからなかったと。They found no proof that Tamiflu reduced the number of complications in people with influenza.
  • ロシュ側言い分では、デ-タ発表にあたり、法的要請にはすべて従い、コクラン側には質問に対する回答として3200ペ-ジ(!)におよぶ情報を提供しているとのステ-トメント。In a statement, Roche said it had complied with all legal requirements on publishing data and provided Gotzsche and his colleagues with 3,200 pages of information to answer their questions.
  • ロシュ社は国の要求するさまざまな臨床デ-タを提出しており、それぞれに解析が可能となっている。患者レベルのデ-タは法的・個人情報保護上問題があり、通常出していない。患者から同意書が得られていないものは。Roche says it doesn't usually release patient-level data available due to legal or confidentiality constraints. It said it did not provide the requested data to the scientists because they refused to sign a confidentiality agreement.

管理人は、ロシュ社が提出した3200ペ-ジにわたるデ-タをすべて読んで把握したわけではありません。そうではないので、以下、一般市民目線の少々情緒的な議論にはなります。
 この記事読んだ感想、正直いって「嫌悪感」「ウンザリ感」といったところではないでしょうか。。
 一般市民目線で、インフルエンザにかかった時に自分が(あるいは身の回りの人が)タミフル服用した効果は実感としてもっているでしょう。でも”デ-タが”(自ら欲するほどには)ないから「デ-タ3200ペ-ジ分では足らんから認められん!訴えてやる!金返せ!」と息巻くのはいかがなものか。ここで問題なのは「もっと!」と求めているのは個人情報らしいこと。

 たしかに、いまの医療界で、エビデンスは、その総本山コクランの権威は誰もあがらうことができない。その立場で、個人情報だろうが患者の秘密だろうが出せ! と声高に要求して、公器をつかって訴訟をちらつかせる(さっさと訴えれば、それはそれで法廷で粛々とすすむのですが、そうもせずに、「訴えるぞ!ボイコットするぞ!」というのは、暴力団を連想させるような態度ですね。エビデンスの権威筋に似合わないような・・・

 しかし相手が相手だけに、訴訟提起を呼びかけられた政府当局はどうするのでしょうか。無視したらしたでBMJで“弱腰批判”書きたてられそうですし。当面、コクランが呼びかけているのは”europian government"とありますから、日本の厚労省は静観してよい立場にはありますが、気が気ではないところですね。

ソ-スは11月12日付The commercial appeal↓
http://www.commercialappeal.com/news/2012/nov/12/medical-journal-slams-tamiflu-maker-says-theres/

Medical journal slams Tamiflu maker, says there's no evidence drug works

 

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月12日(月)のつぶやき | トップ | 11月14日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。