Tabi-taroの言葉の旅

何かいい物語があって、語る相手がいる限り、人生捨てたもんじゃない

歌劇「アイーダ」

2003年06月28日 | エジプト
ディッチ・ディガー(DITCH DIGGER)とは、「みぞ堀り人夫」のことです。スエズ運河の開発には格別新しい土木技術上の冒険はなく、ただひたすらに堀り続ける人間のエネルギーだけが必要でした。それゆえ、スエズ運河は「みぞ掘り人夫の壮大な夢」と呼ばれました。

フランスの外交官レセップスによって1859年に着工されたこの運河は、幾度かの危機を乗り越えて1869年に完成しました。地中海と紅海をつなぐ全長168キロ、幅22メ-トル、深さ8メートルのこの大運河の建設工事には、エジプトの大守サイド・パシャの尽力によって、月々2万5千人のエジプト人労働者が提供されました。それは、エジプトの太陽のもとで繰り広げられた希にみる過酷な難工事だったのです。

このようにして開発されたスエズ運河が、人類の輸送史上いかに画期的な出来事であったかは、世界地図を広げてみれば明らかです。巨大なアフリカ大陸を迂回せざるを得なかったヨーロッパとアジアの通商航路は、スエズ運河によって一挙に短縮されました。あのナポレオンも夢見て果たせなかったスエズ運河は、一人のフランス人と無数のエジプト人が作ったのです。物を作り、運ぶことによって文明を築きあげてきた人類は、その大いなる「運ぶ知恵」を歴史の上にいくつも刻んでいるのです。

1869年、その栄えある開通式に、イスマイル・パシャはオーストリア皇帝やナポレオン三世をはじめヨーロッパ諸国の元首と名士を招待しました。開通式に集まる来賓のために建てられたのがカイロ・オペラ座でした。そしてそのオペラ座のこけら落としに演奏される筈だったのが『アイーダ』なのです。当時58才、最高の円熟期にあったイタリアの作曲家ヴェルディ-の傑作オペラです。この『アイーダ』の切符をGETいたしました。古代エジプトの命を賭けた恋物語・・・・久々に心に栄養を補給してまいります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホームページ感想メール | トップ | ロンドン塔 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2003年6月29日 (Uchiyama)
2007-08-04 00:34:12
<AIDA>いいですね。確か時を同じくして完成したカイロの歌劇場のこけら落としに作られた作品ですよね。

二幕だったでしょうか、エチオピアからラダメスが凱旋するときのマーチは最高です。前奏のあとのトランペットの勇壮で物悲しい音色はなんともいえません。
ただ、これは完全上演は屋外でなくては無理といわれているのでスケールが文化会館でどうでしょうか?

9月にはたしかマグデブルグ歌劇場も来日して「AIDA」ですよね。ヨーロッパの夏の野外オペラの定番です。私の夢は夏のローマで、それもカラカラ浴場跡で観ることです。
2003年6月30日 (武藤)
2007-08-04 00:35:31
ところで、「アイーダ」ですが、スエズ運河開通を記念してカイロに作られた歌劇場の、こけら落としように発注された作品だったのですが、実際には、こけら落としに上演さてたのは「リゴレット」で、「アイーダ」の初演は運河開通の翌年に持ち越されました。
ヴェルディの作曲が遅れたそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。