Tabi-taroの言葉の旅

何かいい物語があって、語る相手がいる限り、人生捨てたもんじゃない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドン・ペドロの首~旅情編

2016年09月18日 | スペイン
「カペサ・デル・レイ・ドン・ペドロ通り」を見下ろすドン・ペドロ


スペインのアンダルシア地方セビリアの町には14世紀のカステリア王ドン・ペドロ1世(在位1350-1369)が残した建造物が今も残ってます。
ひとつは、いうまでもなく彼が完成した優美で官能的なムデハル建築の王城(アルカサル)であり、
そして、もうひとつが「ドン・ペドロ」の首といわれる胸像です。

若干15歳の若さで国王に即位したドン・ペドロは、長く続く隣国アラゴンとの闘い、自国の内戦の時代において、国王の権威と自国の栄光を求めて勇猛と策略と残酷さで荒涼たるスペイン全土を駆け巡り続け、波乱に満ちた生涯を送りました。

直情的な激しさと、正義心に富んだ寛大さを持った彼の性格は「残酷王」と「審判王」という相反する二つの呼び名を彼に与えました。
彼の正義は、混乱した中世社会に法と秩序を打ち立てようとするものであり、彼の裁きは常に公平で峻厳なものでした。

彼が19歳の時の話です。
セビリアの街の治安の悪さを嘆いた王は、「街中で殺人を犯した者は直ちにその首をはね、見せしめのために殺人現場にその首を晒す」との布告を出した。
ある夜、お忍びで見回りしていた王は、王の素性を知らない若い貴族との争いになり、ついにその貴族を斬り捨ててしまう。
王は慌てて王城に逃げ戻ったものの、運の悪く、その一部始終は一人の老婆によって目撃されていた。
老婆の通報は、ついに王にまで伝えられ、そして犯人の特徴は王を示すものだった。
なんと、王自らが人殺し?!驚く市民たちの前で、彼は潔く己の罪を認め、自分の出したお触れに従うように命じた。
こうして殺人現場にはドン・ペドロの石造の首が晒されたのである。
いかに国王と言えども、法を犯せば首を晒されることをセビリア市民に示した英断だった。
いつしか彼の石像の首が晒された街路はカンディレホ(ろうそくの灯)通りと呼ばれるようになり、セビリアの街の名所となった。


「審判王」の呼び名の通り、常に公平で公明正大であり続けたドン・ペドロ1世ならではの逸話です。
ドン・ペドロの首は17世紀に胸像として復元され、現在でも「カペサ・デル・レイ・ドン・ペドロ(ドン・ペドロの首)通りの迷路のような狭い街角を見下ろしています。

因みにドン・ペドロの首が晒されたカンディレホ通りは、プロスペル・メリメ原作のオペラ「カルメン」の中で、カルメンとドン・ホセが初めて逢引きする場所でもあります。

今は「アルファルファ通り」とその名を変えたカンディレホ通りを歩きながら、スペインがまだカステイリャであったドン・ペドロの時代に思いを馳せる・・・旅心がそそられます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死者よりの便り | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スペイン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。